ピクシブ百科事典

伊丹憲一

いたみけんいち

ドラマ『相棒』の登場人物。
目次[非表示]

伊丹憲一とは、テレビドラマ「相棒」のキャラクター。
演:川原和久

警部殿!勝手に概要を編集しないでくださいよ!

警視庁刑事部捜査一課員。階級は巡査部長。いわゆる『トリオ・ザ・捜一』のリーダー格。
通称「イタミン」。これはファン・スタッフからの通称だったが、2008年5月に放送されたスピンオフ「裏相棒」でタイトルに採用され、公式化した。
米沢を中心としたスピンオフ映画「鑑識・米沢の事件簿」では、女子職員が影で「イタミン」と呼んでいることも明かされた。

特命係との関係

特命係に対しては好印象は抱いておらず、寧ろ「勝手に」動くことを疎ましく思っている。
亀山薫とは捜一時代からのライバルで、お互い、会う度電話する度鉢合わせる度に憎まれ口を叩き合い、いがみ合っている。
薫が捜査一課時代、ある強盗殺人事件で共に捜査していた際に薫に腰を踏まれ、それ以来腰痛気味らしい。
正義感が強いあまりに暴走しがちな薫と比べるといささか冷静で、組織人として枠をはみ出すような行動はしないが、己のエゴのために事件を捻じ曲げようと強引な捜査命令を下す上司の内村に対し、「勝手にやりゃあいいだろ!」と啖呵を切ってみせたり、「俺達も圧力って奴が嫌いでね」と言って止められた捜査を行う特命係に協力したり、天下りが事件に関連していると聞いて不快感を浮かべたりなど、「筋の通らない事」を嫌う彼なりの正義感を持っている。
こうしたこともあり、事件によっては薫と協力して捜査することもあり、いつも通り憎まれ口を叩き合いつつも、薫のサポート役に回ったりするなど決して不仲であるとは言い切れず、薫が辞職する際には、憎まれ口を叩きながらも、しっかりと見送った。
どう見てもツンデレ。言い換えれば、薫とは『同族嫌悪』と言うことであろう。

右京のことは「警部さん」と呼んでいたが、後に「警部殿」「杉下警部」と呼ぶようになった。
シーズン初期は特命係に何かとつっかかり対抗意識を燃やしていたが、最近では特命係になにかと理由をつけて協力したりする場面も増えており、中でも第二の相棒・神戸尊の登場からは特に増えてきている。
また、右京のことを「意味のない捜査は絶対にしない人だ」と岩月に話したこともある。
割と言動において影響を受けているようで、S-12-18では明らかに意識した喋り方をしていた。
S-15-2にて所轄時代から捜査関連における調書を事細かに書く事が判明し、
「アイツは真面目にやり過ぎるから出世出来ない」と角田に言われるも、
「執念深い刑事が一人居ましてね」と右京は話し、その調書が事件解決の糸口に繋がった。
相棒世界における最古参者同士の信頼が垣間見えた瞬間でもあった。

尊に対しては階級が上のためか右京と同じく敬語で接しているが、一方で陰険な行動も目立ち、影では尊のことは「ソン」と呼んでいる。

第三の相棒・甲斐享に対しては、警察庁次長の息子とあって当初は「お坊ちゃま」と呼んでいたが、ほどなく「カイト」呼ばわりになる。

また、誰かに噂をされると背中が痒くなったり、特命係の存在を「匂い」で探知したりと不思議な癖・体質をいくつも持っている。
ちなみに、特命係の存在はマジックミラー越しでもわかるらしく、特命係に対してマジックミラー越しに凄みを利かせたこともある(薫には「バカだなコイツ」と呆れられている)。

その他

強面でやや短気気味の性格のせいか、女性にモテていない模様。そのため、『トリオ・ザ・捜一』で唯一、妻や彼女がいない。
ある事件では右京共々女性に対してデリカシーのない発言や行動を繰り返してしまい、芹沢から「女心わからないブラザーズ」等と呼ばれてしまっている。
そうは言っても、本編の裏では婚活に精を出しているらしく、スピンオフ「裏相棒」では、パートナーを紹介してくれる結婚紹介所とおぼしき場所に電話をかけていた。
ちなみにタイプは「ちょっと叱ってくれる系」とのことだが、美女にめっぽう弱く、積極的に接するところを薫にからかわれたりしていた。
また、女性だけでなく子供の相手も苦手としているようだ。

「催眠術は単純な奴ほどかかりやすい」と事前の振りがあったにも関わらず、右京が軽度の催眠術を行った所、いとも簡単に引っ掛かり、不思議な踊りをした事がある。

三浦や芹沢同様、重要な物証になる証拠物件や証言などを見過ごしてしまいがちで、期せずして特命係の捜査の引き立て役になってしまっている(テレビ的に)場面が多い。また、きちんと推理したのにも関わらず、先に特命係が解いているということもあった。
基本的に捜査や取り調べは強面でかつ強引に行っており、強情な犯人に対して机を叩いたりするのは日常茶飯事。その一方で、聴取中の参考人に暴れられたり、心臓発作を起こされた時にたじろぐなど、臆病で打たれ弱い面もある。
流行の事象や人物に疎く、事件関係者が有名人である場合でも気付かず、よく芹沢や米沢から突っ込まれている。

剣道が得意で、薫を打ち負かしているが、師匠が殺害された事件に右京が興味本位に首を突っ込んだ時は不快感を露にしていた。

スマホアプリという言葉すら分からない、典型的な機械音痴であったが、
最新シーズンではとうとうスマホデビューを果たした。

2013年の春に俳優の田中圭とダブル主演という形で、『相棒シリーズ X DAY』というスピンオフ映画が公開された。ちなみに、演じる川原氏にとっても映画主演は初めてとのこと。

S-12-1にて、元同僚の三浦信輔が警部補への昇任試験に合格し、捜査一課第7係の係長抜擢後に起こった甲斐峯秋誘拐事件の際、犯行グループの1人に包丁で左足を刺され、その神経が断裂する重傷を負い、一生杖が手放せない体となってしまった。
そして、彼はそのまま刑事を辞職する事に大きなショックを受け、一人病室を飛び出し、
手すりに掴まって静かに泣き崩れた。

S-14-11に登場した女優、桜庭かなえの大ファンであり、事件関係者として彼女に直接会える事が決まった際、終始締まりのない表情をしていたり、一張羅のスーツに着替えたりするなど、
普段の彼からは全く想像出来ない程のコミカルな一面を見せた。

口癖

「特命係の亀山~!」
イタミンと言えばこの台詞、という方も多いであろう。
相棒を代表する掛け合いの一つ。これに薫が「特命係は余計だっつってんだろ!」と返すのが定番だった。
ちなみにシーズン後期からは薫もこの台詞に対して余裕を持って構えるようになっており、
逆に「捜査一課の伊丹~!」と返されたこともある。
「特命係の島根県の県庁所在地は松山さん!」
「健康ランド会員の亀山~!」
「かめや~まぬけ!」
「コラ!亀!」
など、そのバリエーションは多岐に渡る。
ちなみに携帯には薫の番号を「特亀」と登録している。
Season7で薫が退職する時には、「元特命係の亀山!」と言っていた。

「(相手の肩書き)の(相手の名前)!」
薫以外にも、肩書きを呼び、次いで名前を呼ぶのが一種の癖のようなものらしい。
「鑑識の米沢~!」「常勤顧問の宇田川さんッ!!」など。

「困ります、警部殿!」
相棒が尊に交代してからは舌打ちとともに右京にこのセリフを吐くことが多くなった。

関連タグの亀山~!

相棒 トリオ・ザ・捜一 女心わからないブラザーズ
亀山薫:切っても切れない仲。鎖縁。
米沢守:スピンオフやCMではよく絡んでいる。
岩月彬:『相棒シリーズ X DAY』における伊丹の相棒。
映す価値なし:2016元旦の芸能人格付けチェックで見事こうなった。

pixivに投稿された作品 pixivで「伊丹憲一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2935444

コメント