ピクシブ百科事典

伊丹耀司

いたみようじ

柳内たくみのファンタジー小説『ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV諏訪部順一
本作の主人公となる陸上自衛隊隊員。33歳。
階級二等陸尉で第3偵察部隊隊長を務めているが、後に現特地資源状況調査担当となる。
S(特殊作戦群)でのコールサインは「アヴェンジャー」。
習志野の万年三等陸尉だったが、銀座事件の際に逃げ惑う人々を誘導して、数千もの人々を救った功績から異例の昇進を遂げた。
特地での炎龍討伐成功の報酬として、エルベ藩王国から卿の称号(下級とはいえ貴族として叙勲)を、同国内のダークエルフ族長会議からは人間の頭サイズの超特大ダイヤモンドヤオの身柄所有権と名誉族長の称号を、その他炎龍の被害を受けていた特地の各地から多数の感謝状を贈られている。
また、特地に来てからの帝国軍撃破やコダ村における炎龍撃退をはじめとした多数の活躍で自衛隊が奇特なお人よし軍隊『緑の人』として帝国内で語り草になっていた事もあり、この炎龍討伐の件は『緑の人伝説』の続編めいたカタチで帝国各地に人の噂や吟遊詩人らによって広められ、伊丹自身も特地の人々からは「名有りで語られる『緑の人』」として有名人になっている。

本人は創作活動も評論もしない消費するだけのオタクであり、勤務態度も不真面目だが、レンジャー徽章や空挺徽章を持ち、特殊作戦群に所属していたこともあって(問題はあるものの)自衛官としては優秀。
レンジャー訓練は不真面目な勤務態度を直すために放り込まれて断念しそうになるも(コミケのある日の)年末休暇がなくなるからとやり遂げ、特殊作戦群も怠惰な態度を「働きアリの二割は怠け者」のたとえ話を言い訳にした為に隊員の(自殺防止等の)精神安定目的に送り込まれる事になったりと、本人が望んで優秀な自衛官になったわけではない。
そのため、レンジャー訓練ではバディ(相方)に恨まれているし、特殊作戦群ではサボるのが自分の仕事とばかりに周囲にオタク趣味を感染させる事ばかりしていた。(その布教の成果もあってか、部隊の運用方法やコールサイン等に某ゲームの影響が見られる)

とっさの判断力に優れ、機転も利く。また、仲間の為にルールを破れる人間であるが、身近な知り合い以外からの評価は低い。一方で下記の欺瞞情報や特地における実績をそのまま鵜呑みにした国会議員や海外の関係者、交戦国の“帝国”の貴族や民衆からは、非常に立派な自衛官(軍人)として有名になっている。
過去にあった出来事から危機察知能力が非常に高く、逃げ足は天下一品であり、特殊作戦群内の訓練でも、開始前に逃げられて伊丹を誰も捕まえる事ができなかったという自衛隊的にも痛し痒しな伝説を残している。
機密漏洩対策として、外部から不正規な手段で情報を入手しようとした場合にダミーとして掴ませるための欺瞞情報では伊丹は『空挺降下、潜水、爆発物の取り扱い等ありとあらゆる分野のエキスパート』…ということにされているが、この欺瞞情報での扱いは、普段の伊丹の不真面目な態度に対する皮肉でもある。ただし、全くのウソでもないことは本編を見てもらえれば理解できるかもしれない。
とにもかくにも、働き者の中でも”怠け者を演じることのできる強靭な精神力”(これはこれで理由があるのだが)持っていることは間違いなく、彼もまた一級の特殊戦関係者である、とみて差しさわりはない。

小説という媒体では詳細にかかれていないが、竿尾悟のコミカライズ版では銀座事件の際最初から警察官に対し身分証明証を提示している(つまり現職自衛官であることを明かしている)が、アニメでは「誰だアンタ」と言われたり、またエピローグで“あの伊丹耀司”とわかれば切り抜けられそうな場面でも自衛官であることを明かしていない。
一方、アニメでは警察官に襲いかかろうとした帝国兵をその場でのクロスレンジ格闘に持ち込んで自由を奪った状態から、その兵士の短剣を奪って殺害するというロゥリィや栗林にも劣らない格闘術を見せている。アニメ最終話ではゾルザルが自分と雌雄を決しろと伊丹に迫(り、特戦軍の狙撃でそれを阻止され)るが、ガチでやったとしても多分ゾルザルでは伊丹に手も足も出ない

伊丹は「自分は趣味に生きる」「仕事か趣味かと言われれば当然趣味を選ぶ」と言っているが、趣味でものめり込み度合いの割には我慢や頑張りといったものはあんまりしない。銀座事件に巻き込まれたのは伊丹が一般待機列の解消される12時頃の入場を目的としていたためである(同じくオタ隊員の倉田武雄はすでに入場していた)。しかし梨沙にサークルチケットをクレクレしないあたりは立派といえるだろう。多分

特地で出会ったテュカレレイロゥリィヤオ達からは好意を寄せられている。
なお、時系列的には元夫人の梨沙と離婚したのは特地に向かう直前なので、物語開始時は既婚者だった。テュカらと逢うのは離婚後なので不倫には当たらないが。

また、物語の中でロゥリィに眷属化の契約を交わされたことでほぼ不死身の身体になった。
(そのロゥリィの契約による『不死身』は、正確には『伊丹の受けた傷が次の瞬間にはなかった事にされ、その分だけロゥリィが自動的に負傷する』という身代わりの加護であり、斬首や粉々にされたりなどの「一発即死級の肉体損壊」だと、肩代わりできずに伊丹が死んでしまう(ロゥリィ談)。
またその契約により、伊丹が死亡した際、伊丹の魂は自動的にロゥリィの手に渡るとのこと)

彼は所謂ハーレム主人公ポジションだが、彼自身が(オタクであるがゆえに)それをメタ視点から自覚して行動している点が、他のハーレム作品との差別化ポイントである。
加えて、若輩には無い「三十代」という年の功や両親に端を発する少年期の家庭問題、自身の離婚の経験など、良くも悪くもそれなりに色々と経験してきた「大人」なためか、ハーレム作品によくある「主人公が異常なほど鈍感」という印象はさほど無く、むしろ異性からの好意や恋愛に対しては「自覚はあるものの、自身はいささか消極的(あるいは臆病)」なふしがあるのもポイントであろう。

作中では溢れ出るツキと恵まれた環境にあるリア充エリートオタクだが、ヤオにも劣らないくらい暗い過去を持っている。

関連タグ

自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 自衛隊 特殊作戦群 陸上自衛隊
テュカ・ルナ・マルソー レレイ・ラ・レレーナ ロゥリィ・マーキュリー ピニャ・コ・ラーダ ヤオ・ロゥ・デュッシ

以下ネタバレ






















伊丹の過去

伊丹耀司の父親はDV夫であった。が、それに耐えかねた耀司の母は耀司が中学生になった頃、父親を刺殺してしまう。“おそらく”正当防衛と精神損耗で無罪となったが、逆に母親は自分が夫を殺してしまったことを認められず、その日からまるで夫が一緒に生活しているかのように振る舞い、食事を夫の分も作り、妄想の会話に耀司を巻き込むなどしていた(つまり、炎竜退治前のテュカと同じ状態)。今度はそれに耀司が耐えかね、高校の時、母親に事実を突きつけたところ、母親は自宅に放火して焼身自殺を図り、学校から帰宅した耀司がそれを見つけて身体的には無事だったものの、精神異常者として措置入院させられる。以降、彼の母はずっと(耀司の年齢から考えると10年以上)閉鎖病棟に入院している。
措置入院には親族の同意書が必要なのだが、耀司は母との生活に精神的に疲弊しきっており、「法律で決まっているから」「知事の命令だから」とサインしてしまった(耀司はこの時点で未成年なので、他に保護責任のある親族も連名でサインしたはずだが)。このことに対して耀司は深くトラウマを負うことになった。
普段のいい加減極まりない伊丹の性格はこの過去から自分を守るための仮面のようなものである。おおよそ性格にふさわしいとは思えない陸上自衛隊幹部候補生となったのも、軍隊生活という世間一般からの逃避行動だろう(実際、こうした理由で自衛隊・軍隊に志願する人間は結構いる)。
ただ、時間が経過し年齢を重ねたことで、現在はただ無責任に現実逃避を続けているわけではなく、自分や自分の母のような状態を自ら作り出してしまわないように振る舞っている。時折見せる黒川がとらわれやすい表面的なヒューマニズムの否定などがそれである。
テュカの父親の事実を突きつけずにいたのも、自分の母とその姿が重なったためであった。
幼馴染の梨沙との結婚・離婚も、そうした行動のひとつだったと思われる。ただ、正直わかってないのは多分梨沙の方である。

ちなみにこの精神的に追い込まれていた時期に嘉納太郎と出会っていることになるが、当時嘉納は“選挙浪人生”だったため耀司が気軽に頼れる存在ではなかったのだろう。モデルからすれば他に大企業の元経営者だったり元オリンピックアスリートだったりするはずと言うのは置いといて

ただ、“じゃあ本当はオタクじゃないのか”と言われると多分否である。だいたい、ここまでのめり込んだ人間はまず後に引けない。
だいたい、“同人誌即売会に行きたい”という思いから新たなゲートを開けてしまうほどだし。
むしろ、「中学生の自分から遅い時間まで秋葉原に出没していた」という事実から、逃避行動の結果オタクになったというのが正しいと思われる。また、萌オタになったのもこれが理由だと思われる(秋葉原だとメカオタになる可能性もあるが、秋葉原のハードウェア系の店は小泉構造改革による大店法の規制緩和後も19時30分までに閉めてしまう店がほとんどで、20時以降も営業しているのはソフトウェア系のショップ(こことかここ)ばかりである)。

pixivに投稿された作品 pixivで「伊丹耀司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 394059

コメント