ピクシブ百科事典

伊達成実

だてしげざね

戦国時代後期から江戸時代前期の武将。
目次[非表示]

概要

仮名は藤五郎。「奥州の独眼竜」こと伊達政宗の家臣で、家中随一の剛の者として知られる。
片倉景綱(小十郎)と並び「伊達の双璧」と称された腹心でもある(これに鬼庭綱元を加え「伊達三傑」とも称される)。
なお、「成実」の読みは「なるみ」ではないのであしからず。

生涯

永禄11年(1568年)、伊達実元(政宗の大叔父)の嫡男として生まれる。
幼名は時宗丸。母・鏡清院は政宗の父・伊達輝宗の妹であり、政宗とは従兄弟の関係にある。

伊達家中の中でも、武勇に誉れ高く、人取橋の戦いでは奮戦して政宗を逃がし、郡山合戦では寡兵で蘆名義広の攻勢をしのいだ上に大内定綱を調略して帰参させ、摺上原の戦いでは、敵の側面を強襲して味方の劣勢を覆すなど武功を上げている。

しかし、政宗が小田原征伐に参陣した際には、黒川城に残って留守居役をしたり、政宗の一揆煽動が豊臣秀吉に露見して上洛を命じられると、蒲生氏郷への人質として名生城に入るなど、武勇とは程遠い役目が続いたある日、当然伊達家から謎の出奔をしてしまった。

この点については資料が乏しく、未だに具体的な理由と出奔後の足取りが掴めていない。

結局、関ヶ原の戦いが起きた同年に景綱や留守政景らの説得によって帰参し、白石城攻めにも石川昭光の軍に属して参加したといわれる。

その後、伊達家中にて数々の大役を担った後に、正保3年(1646年)6月4日に死去。享年79。
子孫は仙台藩内では分家の重鎮となる。下って明治維新後は北海道の開拓などで地名に「伊達」を残す。

人物

  • 片倉景綱が「智の片倉景綱」と称され、知略面で伊達家をサポートしたのに対して、成実は「武の伊達成実」と称されて武略面で伊達家をサポートした。
  • ムカデをあしらった前立をつけていた事で有名。「決して後ろには退かない」という決意の表れとして、後退しないムカデの習性にあやかったという事だが、実はムカデではなく毛虫だったらしい(理由は同じ「後退しない」)。ムカデ説が定着したのはNHK大河ドラマ独眼竜政宗』の影響との事。


創作物における伊達成実

大体の作品で武勇に優れた人物をされているが、後年の武功に恵まれなかったことや出奔による影響か、景綱に比べて知名度が低い感は否めない。

独眼竜政宗
(演:三浦友和)
殿といっしょ
(声 - 白熊寛嗣【ドラマCD】、杉田智和【アニメ】)
境界線上のホライゾン
伊達・成実
戦国コレクション

伊達成実【戦コレ】


戦国BASARA

伊達家の成実ちゃん


主人公である伊達政宗配下として登場。
薙刀を振るう武将として背景に登場しているが、顔はマスクで隠れている。PC昇格予定は不明。アニバサには未登場。

関連イラスト

喧嘩しにきたぞっ!にときめきました。


弦月 弐
伊達成実(修正前仕様) - 「双剣のクロスエイジ」



関連タグ

伊達政宗 戦国武将 東北勢
片倉小十郎 鬼庭綱元

pixivに投稿された作品 pixivで「伊達成実」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 508311

コメント