ピクシブ百科事典

伊達雪之丞

だてゆきのじょう

椎名高志作の漫画『GS美神 極楽大作戦‼』の登場人物である。
目次[非表示]

「勘九朗……!!

 今の俺と
 ずっと死んでたおまえじゃ勝負にならん!

 急ぐから! またな!」

概要

霊力を鎧の様に変換し我が身に纏う能力、魔装術の使い手。
大人びた外見だが、横島達とさほど変わらない年齢の様である。ただし、当たり前に車を運転している描写から少なくとも18歳以上
女性キャラを含めたレギュラー陣の中で一番身長は低い。

初対面の時から横島の実力を(過大に)評価しており、一流の実力者として扱った。
横島の成長を促すライバルとして物語の節目節目に登場し、彼の成長の切っ掛けの一つとして重要な存在



人物

実は、横島とは小学生時代から因縁がある。ミニ四駆の大会の決勝において、ダテ・ザ・キラーと名乗る雪之丞は、浪速のペガサス、つまり横島と対戦した。
結果は、前年の覇者である横島を追い詰めながらも惜敗し準優勝に終わる。

彼の行動ついて、単にバトルマニアなだけと解釈している2次創作も有る。
例えば、横島と妙神山に修行に行った際は、強力な魔族であるデミアンベルゼブルに苦戦するワルキューレ姉弟のため、危険を顧みず…真っ先に助っ人を買って出る様なところとか……(ワルキューレの記事参照)

いやっ!違う…!
伊達雪之丞とは男気溢れる熱いキャラなのである!!



だが、しかし…
重度のマザコンでもあり…綺麗な女性を見ると「ママに似ている」とつぶやき頬を染める。
作中で明確には描かれていないが、雪之丞の発言から幼少時に死別しており、若くして死んだ母親を神聖視しているようである。

GS資格取得試験のエピソードで、小竜姫と敵対する魔族メドーサに操られたGS組織である白竜会所属の受験生の一人として登場。
しかし、ピートとの試合で、メドーサの意を受けた同門の勘九郎に横槍を入れられた事を不快に思い、彼らと決別した。
そして横島との試合は、激闘の末に両者ノックアウトのドローに終る。
その際、美神の要請で真相を探っていた小笠原エミにメドーサの目的を語り、自ら姿を消した。
後に、少年漫画のお約束に従い味方として再登場を果たす。

資格試験に魔族の部下として参加したためGS協会のブラックリストに載り、香港に渡ってモグリのGSとして活動していた。
だが、小竜姫の依頼で元始風水盤事件の解決に尽力した功績で免罪され帰国する。

その後、生き返ったおキヌの音頭でクリスマスに開かれたコンパの際に親しくなった弓かおりと交際していた様だが、デート中にルシオラ達に襲撃される(氷室キヌの記事参照)。

魔装術

霊力を収束させ鎧状に纏う事で驚異的な攻撃力、防御力を得る技。
劇中では雪之丞、勘九郎、陰念の白竜会所属のGS資格取得試験受験生が修得している。

この技を身に付ける為には、魔族との契約が必要で、しかも使い続けると肉体が魔族化するという危険な技である。
限界を越えた場合、陰念は治療可能な様子だったが、勘九郎は身心ともに完全に魔族へと変貌してしまった。

雪之丞は、初登場から見事な力をみせていたが、妙神山での修行を経て能力を飛躍的に向上させ、この技の問題点である連続使用に伴う魔族化も回避されている。
その際、小竜姫の師匠である猿神から…
「己を魔物に変えるのではなく潜在能力を意志でコントロールして引き出す…!」
魔装術の極意を授かった。

雪之丞



2次創作では、魔装術とは神魔族の身体を擬似的に再現する技である等と解釈されている。

関連タグ

椎名高志 GS美神 
美神令子 横島忠夫 おキヌちゃん/氷室キヌ
ピート(GS美神) 小竜姫 小笠原エミ ワルキューレ(GS美神)
孫悟空 ライバル マザコン 男気 ミニ四駆 香港

pixivに投稿された作品 pixivで「伊達雪之丞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20438

コメント