ピクシブ百科事典

佐々風守

ささかざもり

佐々風守とは、テレビアニメ「UN-GO」の登場人物。
目次[非表示]

概要

第三話「覆面屋敷」から登場。
CVは松本まりか

この記事は「UN-GO」本編の軽度のネタバレを含んでいます。閲覧にはご注意ください。

表向きの顔

風守ホールディングスの社長。佐々家の現当主であり、先代に当たる佐々駒守の養子。
7年前より精神失調で部屋にこもりきりの状態になっており、どうしても外出しなければならない場合は、単眼をあしらった佐々家当主の証である覆面をつけて行動していた。
普段は駒守の弟である木々彦にモニター越しに指示を出し、会社を運営させていた。
駒守死去7回忌の命日に焼死し、当初は事件の被害者と見られていたが…?

真実の姿

駒守が作り出した新型人工知能「R.A.I.(Real A.I.)」最後の一体。
厳密には「佐々風守」なる人物は存在せず、外出するときも義体を使用していたと思われる。
佐々風守焼死事件の謎を新十郎たちが解き明かしていく過程でその正体が露見し、焼死事件の真の謎を解き明かす鍵となった。
事件の真実が解き明かされた後、成り行きで新十郎たちと行動を共にする事になり、作品のレギュラーキャラクターとなった。

外観

UN-GO



RAIはデータ領域を全世界のネットワークに分散し偏在させており、統合するメインプログラムだけをボディに収めることができる。
彼女の外観はそのため一定せず、作中では義体を使用していたことが示唆された他、ハイテク冷蔵庫の内部に潜んでいた。
新十郎と行動を共にするようになってからは、父・駒守の用意していた黒い長髪の少女の義体か、因果が拾った一見玩具のようなパンダ型のマスコットをボディとして新十郎と共に行動する。

キャラクター

上記のように人間ではないが、焼死事件調査中に犯人ではない人間を庇ったことから、正義感のようなものは抱いてると思われる。また、嘘をつくことが出来ない。人間ではないので、大人因果の質問には答えを出さなかった。

AIらしく感情の起伏は少なく、作中でも「人間らしさ」に多々疑問を抱いている。
しかし新十郎と行動を共にする中で感情らしきものは芽生えていっているらしく、作中では風守を便利な小道具のように扱う新十郎に対し「私はカーナビじゃな~い!」と抗議する姿も見せた。

能力は非常にハイスペックで、指紋認証やハッキングはお手の物。作中では警察のデータベースのプロテクトをいとも簡単に破り、登録された指紋情報を引き出していた。

R-18タグについて

作中ではR.A.Iは過去に市販されたものの、多くが過激な格闘ショーやセクサロイドなどの非人道的な娯楽に用いられているとして違法化され、現存はしていない事になっている。
製作者である駒守自身も風守をセクサロイドとして寵愛していたものと見られ、風守は恩人である新十郎に性的奉仕を試みたり、露出の多いドレスで喜ばせようとした(しかし新十郎にはやんわりと拒否された)。
パンダ人形の姿でも満足させられると豪語したり、過激なリョナにも対応できる反応をしてみせた事もあって、セクサロイドとしての側面を表現したR-18イラストが投稿されている。

関連イラスト

【UN-GO】風守
風守


キテマス きてます。
無題



関連タグ

UN-GO 結城新十郎

pixivに投稿された作品 pixivで「佐々風守」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1103480

コメント