ピクシブ百科事典

俺に銃を撃たせろ

おれにじゅうをうたせろ

「俺に銃を撃たせろ」とは、機動警察パトレイバーの太田巡査の迷台詞である。
目次[非表示]

概要

警官による拳銃の発砲に関して世界一うるさい日本警察において、出動のたびに発砲しようとする太田巡査が言い放った台詞である。かの両津巡査長でもこんな発言はしないだろう。
ちなみにここで言う「銃」とは基本的に、彼が出動の際に搭乗するイングラム2号機の携行火器・三十七粍機動速射野砲のこと。

太田巡査の銃の腕

肝心の銃の腕前だが、このように豪語するだけあってかなり良い。……のだが何故か現場では外しまくる。上司である後藤は「速射で動いている関節に当てるのは難しい」と解説したが、どちらかというと興奮により狙いが定まっていないだけのようである。

太田巡査の発砲

両津巡査長や西部警察に負けないぐらい発砲しており、大抵はろくなことになってない(警察車両を破壊、同僚が乗っているレイバーを誤射、周辺の家屋等建造物を破壊etc. さすがに死亡者は出していない模様)。
そういえば現実世界では、警官が発砲したらいちいち記者会見を開いて「発砲は適切だった云々」みたいなことになるが、パトレイバーの世界(しかも「砲」扱いのシロモノとそれによる各種損害が出るような案件)ではどうしていたのか気になるところである。こういった実際に起こる「被害」に対する「保険」というものも存在するが、普通のロボットアニメでは触れないようなリアルなネタに対しても、TVアニメ1話を使って描くところがパトレイバーの魅力の一端ではなかろうか。

pixivに投稿された作品 pixivで「俺に銃を撃たせろ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5954

コメント