ピクシブ百科事典

僕らのLIVE君とのLIFE

ぼくらのらいふきみとのらいふ

μ'sの1stシングルで『school idol project』において、すべての始まりの曲。
目次[非表示]

作詞:畑亜貴 / 作曲:山田高弘 / 編曲:高田暁

概要

2010年8月13日からのC78で限定盤が発売され、2010年8月25日に一般販売された。略称は『ぼららら』。(「イブきみとのイフ」)
c/wは『友情ノーチェンジ』。
1st.シングルであり、当時は声優も発表されておらず、μ's」というユニット名が決定する前であった。
余談だがこの時声優の面々も初顔合わせさえ済ませていない状況であり色々と困惑混じりの状況で収録を行ったのだとか。

なお、このシングル売り上げが初動434枚(しかもこの内の10枚は穂乃果役の新田恵海の両親が大人買いした分なのだとか)と悲惨極まりない数字でありこのプロジェクトが完敗からのスタートと言われる所以の一つである。
しかも後にブレイクのきっかけとなったアニメ一期放送当時ですら、同じく電撃G'sマガジン発の「ビビッドレッド・オペレーション」と時期が被り、当時G'sは「ビビオペ」の方に力を入れていて特集もビビオペの1/3程度しか組ませてもらえなかったなど決して恵まれた状態とは言えなかった。

そんな不利だらけの環境から約3年もの年月を費やし人気が爆発する逆転劇を迎えたことを考えればスタッフと声優の情熱と努力が垣間見えてくるのではないのだろうか。
そう、まさにアニメ二期9~10話のラブライブ大会準決勝でμ'sがA-RISEを打ち破った奇跡がリアルにG's内でも繰り広げられていたのである。実はどちらにもメインで出演していた声優が約一名いたりするが…。

そしてアニメ1期8話にて絵里と希が加入した後に初めてμ’s全員で初めて披露したのもこの曲である。
何とPVを一切使いまわし無しで全て完全リメイクというスタッフ大丈夫なのかと疑われるほどの出来栄えで披露している。
この後この完全リメイクPVが古参ラブライバーを涙させ、各地で大きな反響を呼び徐々に大きな人気の波を呼び起こすきっかけとなった。

スクールアイドルフェスティバルではゲームを初めて最初に解禁される曲。EASYはこの曲のみ消費LPが4である(他は5)。またHARDは簡単かと思いきや、最初の交互連打が意外に難しく音ゲー初心者には最初の鬼門となる。
そしてEXは一部プレイヤーからある意味でトラウマ曲として知られる。というのもこの曲は他の曲と違いフェードアウトで終了するが、フェードアウトの最中に最後のノーツが一個不意打ちで飛んでくるというかなり理不尽な譜面構成をしているため。
このせいで初見フルコンを逃したというプレイヤーも少なくない。さらにランダムだとそのノーツがどこから飛んでくるか分からないのが質が悪い。
スコアマッチだとコンボ数もプレイヤーに公開されるため347という数字でミスがバレてしまうのがつらいところ。気を付けていても奴は忘れた頃にやってくる。
2016年7月5日の大型アップデート後には初のMASTER譜面が特別楽曲として配信された。
ステージレベルは☆11。Icon数はスクフェス最多の697で、EXとは比べものにならないほどの高密度な上にラストのフェードアウトの最中に飛んでくるノーツも大幅に増えているためにそのレベル設定に恥じない難易度となっている。

関連動画


PV


第1期第8話


比較動画

pixivに投稿された作品 pixivで「僕らのLIVE君とのLIFE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1232503

コメント