ピクシブ百科事典

概要

日本平安時代中期に在位(884年~887年)した第58代天皇

第54代仁明天皇の第3皇子として誕生。諱は時康。桓武天皇の孫である班子女王との間に、宇多天皇が生まれた。
親王が就任する官職のほぼすべてに就任し、一品という最高位とはいえ、一皇族として平穏な生涯を終えるはずであったが、陽成天皇が退位に追い込まれる事態に際し、時の実力者であった藤原基経により擁立され即位した。時に数えで55歳(満53~54歳)。確実な史料が残っている天皇としては史上有数の高齢での即位であった。
子息のほぼ全員を臣籍降下させたが、そもそも他に適当な候補が得られなかったから即位したのであって、結局は短い在位期間の最後に、源定省(定省親王)を皇族に復帰させて皇位を継がせた。
(元・一品親王としては)つつましい生活を送っていたといわれ、内裏の「黒戸」という部屋は、光孝天皇が自分で炊事して煤が付いたものを記念したという。

小倉百人一首和歌が採録されている。女御(皇太后)班子女王へ贈った歌と伝えられている。
なお、同じ百人一首には前代の陽成天皇の和歌も採録されているが、その贈り先は光孝天皇の皇女綏子内親王とされている。

関連タグ

天皇 陽成天皇 宇多天皇
後小松天皇…光孝天皇の別名「小松院」を使用した。
平安時代

pixivに投稿された作品 pixivで「光孝天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 973

コメント