ピクシブ百科事典

八尺様

はっしゃくさま

八尺様とは、2chオカルト板にて紹介された「怖い話」である。または、その話に登場する怪異のことを指す。
目次[非表示]

あらすじ

今から十年以上も前、語り手がまだ高校生だった頃の春休み。
一人で祖父母の家に遊びに来ていた語り手が広縁で寛いでいると、どこからともなく奇妙な音が聞こえてきた。

「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ…」

そして、目の前の2メートルはある庭の生垣の上を、帽子が動いていた。
なんだと思って帽子を目で追っていると、生垣の切れ目から白いワンピースの大女が歩いている姿が見えた。
帽子はその大女が被っていたのだ。
大女はそのままどこかに消えてしまい、気がつくと奇妙な音も聞こえなくなっていた。

なんか変な人がいるな程度に軽く考えていた語り手だったが、祖父母にその出来事を話した途端、二人の態度が急変。
じいちゃんはどこかに電話をかけ、大慌てで飛び出していった。
残されたばあちゃんに話を聞くと、さっきの大女は、「八尺様」と呼ばれる、魅入った人間を取り殺してしまう化け物だという。
そして、八尺様から逃げる準備が整うまで、お札と盛り塩に護られた部屋で一晩を過ごすことになったのだが……。

八尺様(怪異)の概要

八尺様とは、ある村に封印されていた、正体不明のの姿をした怪異である。
気に入った男に付き纏い、魅入った人間を数日のうちに取り殺してしまうという。
成人前の若い男性、特に子供が狙われやすいとされ、相手を誘い出すために身内の声を出すこともある。
出現頻度はそれほど多い方ではなく、被害は数年から十数年に一度だと伝わっている。

男のような声で「ぽぽぽ」という不気味な笑い方をする。

容姿

見る人によって異なり、若い女の姿をしていることもあれば、中年女性や老婆の姿をしていることもある。
服装もその時によってバラバラである。
しかし、八尺(約2m40cm)はある身長と、頭に何かを載せている部分はどんな姿の時も共通している。
話の中では白いワンピースを着て帽子を被った姿で登場した。

対抗策

盛り塩とお札で厳重に封をされた部屋には(少なくとも一晩は)入ることができない。
また、道に設置された地蔵によって特定の地区に閉じ込められているため、そこから脱出すれば追いかけてくることはないとされる。

pixivでの扱い

以上のように、本来はただ恐ろしい害を撒き散らすだけの存在であるはずなのだが、「白いワンピースを着た若い女」という清楚な外見のせいか、洒落怖カテゴリ内でも萌え化したイラストが多い。

それゆえ、pixiv内では本来の怪異としての恐ろしさを強調したホラーイラストと、妙にかわいい巨乳美女のイラストに二極分化された残念な傾向が見られる。

中には「特に若い少年を狙う」「気に入った子につれない素振りをされる」「わき目もふらず追いかけてくるほど一途」というあたりから、うっかり不憫系のおねショタに変換してしまったケースもあるようだ。まったくお前らときたら……

関連イラスト

八尺様
逢魔が辻


八尺様といっしょ
八尺様



関連リンク

出典元:八尺様 - 死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?

関連作品:望月峯太郎「座敷女」(八尺様を思わせる異常な女が登場する話)

座敷女

pixivに投稿された作品 pixivで「八尺様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1394050

コメント