ピクシブ百科事典

八汰烏

やたがらす

八汰烏とは悪魔族モンスターにして禁止カード。
目次[非表示]

八汰烏(やたがらす)は、『遊戯王』に登場する風属性悪魔族効果モンスターである。
現在は禁止カードに指定されている。

概要

アニメ『遊戯王デュエルモンスターズ』の「乃亜編」における遊戯VS乃亜戦で、海馬乃亜が使用したカード。
武藤遊戯に止めを刺すために召喚されたが、ただ召喚されただけに終わり、下記の強力な効果は見せていない。
もし効果を見せたら遊戯は確実に負けていたのでコイツの攻撃を止めた翻弄するエルフの剣士にGJと言わざる得ないだろう。

特殊召喚できず、召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに手札に戻るという特徴を持つ、スピリットモンスターの一体。
遊戯王OCG史上最凶カードの一つとして挙げられる。
攻守は大変頼りなく、毎ターン手札に戻るのが面倒なため初心者にはスルーされがちだったが、このカードの怖さはその効果にあった。

効果テキスト

スピリットモンスター(禁止カード)
星2/風属性/悪魔族/攻 200/守 100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

カードゲームの根本である「ドロー」を潰すというのは、極めて強力な能力である。
手持ちのカードではどうしようもない!このドローに全てをかける!!」という展開になっても、そのドローが出来ないからである。すなわち、相手が抵抗出来ない状態でこの効果が決まると、ずっと俺のターン状態になりほぼ勝利が確定する。

欠点としては、スピリットモンスターであるため通常召喚しかできない点。一度墓地に送られると一般的な蘇生方法では特殊召喚になるため、再度召還するのが非常に手間である点(一例として「死者転生」で手札に戻す等)。
攻撃力が低いため、効果使用には直接攻撃以外にほぼ手段が無く、単独だと相手フィールドにモンスターがいるだけで防がれてしまう点などが挙げられる。ただし、全体を除去する手段は今も昔も豊富であるため、この点は実際あまり気にならない。それに、他のモンスターと組み合わせて使うことでも、モンスターを破壊しつつドローを封じられる。
エンドフェイズ時に手札に戻るため、毎回召喚する必要があるものの、相手ターンに魔法カードや戦闘で破壊されることがないという利点もあった。

『八汰ロック』と呼ばれる、あらゆる全体除去カードを使って八汰烏での直接攻撃を狙うことで相手のドローを封じ、一方的に試合を運ぶデッキが猛威を振るった。八汰烏そのものは低ステータスであるため、効果モンスターなど手札に加える手段は豊富だったことも、このデッキの強さに一役買った。
混沌帝龍-終焉の使者-と組み合わせれば、相手の手札とフィールドを何も無い状態にできたため、八汰烏の効果が決まれば確実に勝利する状況を作り出せる。やられた相手にしてみれば、ターンエンドかサレンダーするしかないため面白くない事この上ない戦法である。
さらに言えば、八汰烏の効果を有効に使うために必要なカードが、どんなデッキにも入れられる汎用的な除去カードであるため、別にわざわざデッキを考えずとも、入れるだけでそれなりに使えた点も強力だった。
現在では墓地から効果発動するネクロ・ガードナーなどといったカードが存在するため、仮に相手の手札とフィールドを何も無い状態にできたとしてもそれで勝利が確定しない可能性があるが、デュエルの高速化が進んだことで1回のドローの重要性は増しているため完全なロックが成立せずともそのドローを手軽に潰せる可能性の高いこのカードが戻ってくることはないだろうと言われている。

「遊戯王デュエルモンスターズ エキスパート2006」以降のゲーム作品では、相手の手札が0枚で場にもカードが0枚の時に八汰烏で攻撃した場合、CPUはデッキ枚数に関係なくサレンダーする。
「八汰烏によるロックで勝利した」という専用のボーナスも存在する。

禁止カード指定

2001年11月29日に登場してから約1ヶ月後の2002年1月1日には制限カードに指定され、2004年3月1日に禁止カード枠ができてからは、一番最初に禁止指定された10枚の内に含まれた。以来、一度も緩和されたことがない。サンダーボルト等と並んで、禁止の最古参であると同時に一度も復帰していない4枚の内の一つ。
デュエリスト達からも「二度と戻ってくるな」と言われている。
制限カードになってからも禁止カードに指定されるまでの約2年半の間、猛威を振るい続けた。

制限カードに指定された時は、八汰烏のコンボに効果面で対抗できるキラー・スネークの制限が解除されたこともあったが、個別に暴れまわっただけで抑制としては全く機能していなかった。

八汰烏の骸

罠カード「八汰烏の骸」というカードがある。効果は以下の通り。

通常罠
次の効果から1つを選択して発動する。
●自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●相手フィールド上にスピリットモンスターが表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

八汰烏が禁止カードに指定されてから登場したカードである。

種族

くどいようだが、悪魔族である。
見た目はどう見ても鳥獣族が妥当であろうが、効果的は悪魔そのものなので、これで良かったのかもしれない。
ちなみに日本神話に登場する神獣の場合は、『八咫烏』という表記が正解である。

関連イラスト

再


クロウと遊星のデュエル
八汰烏が見た目の割に強いとか言われるけど


関連タグ

遊戯王 遊戯王DM 海馬乃亜 効果モンスター 禁止カード
混沌帝龍-終焉の使者- 黒き森のウィッチ 魔導サイエンティスト デビル・フランケン

竜崎一矢闘将ダイモスの主人公。スーパーロボット大戦をTCG化した『スクランブルギャザー』において、『相手ターンのドローフェイズがなくなる』という類似効果を持っていた繋がり。しかも、こちらはエラッタが適用されるまでは配置しただけで効果が発生していた。ただし、同名のパイロットカードは両方のフィールドに1枚までしか存在できないというルールがあった為、対策が不可能と言う訳ではない。

pixivに投稿された作品 pixivで「八汰烏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70123

コメント