ピクシブ百科事典

八百長

やおちょう

何らかの不正手段で自分に有利になるような行為を指す
目次[非表示]

八百長とは真剣に勝負をせず、わざと負ける行為(故意の敗退行為)などを指す。法律に違反する犯罪行為と言えるかどうかは、競技による。

語源

八百屋の長さんという人物が、相撲の親方と囲碁勝負をしたが、いつも負けてばかりだった。ところがこの長さんは囲碁名人と勝負して勝ったこともあり、親方相手にはわざと手を抜いていたことが明らかになったことから、故意に敗退することを「八百長」と呼ぶようになった。

概略

スポーツに限らず勝負もので金で売り買いする行為は、それこそ大昔より存在していた。相手に金で支払うなら、まだお互い合意の上での経済行為ともいえたが、身分制度の厳しい時代やマフィアや暴力団が絡むと、権力や暴力による脅迫で負けを強要することもあった。「八百長」はもちろん日本語だが、当然日本以外でも故意の敗退行為は存在しており、大リーグでも「ブラックソックス事件」などが有名である。

相手選手を買収することの他、試合の担当審判を買収し、自軍に有利な判定にしてもらうことも八百長とされる。

プロ野球において

日本では「黒い霧事件」が有名である。複数の球団の主力投手に金銭を渡し八百長をもちかけ、敗退させたとされる。裏には暴力団の関与があり、野球の違法賭博が資金源となっていた。賭博に参加したものは逮捕され、八百長に絡んだ選手も逮捕こそされなかったが、球界からの永久追放処分となっている。

サッカーにおいて

プロ野球と違い、日本のtotoなど多くの国で合法的賭博の対象となっており、ヨーロッパなどにおいては、八百長事件は多く存在する。日本のJリーグにおいては歴史も浅いこともあって、八百長の発覚は現時点では無い。

ワールドカップなどの予選リーグで、すでに決勝トーナメント進出が決まっていて、最終戦で勝つと決勝トーナメント一回戦で強豪国や対戦成績の分の悪い苦手国と当たりそうな場合には、手を抜いて勝たないという行為は見られ、道義的にはともかく合法的八百長と言える。予選最終戦がお互い決勝進出が決まってる場合、けが人を出さないようにお互い全力を出さないというパターンもある。

キャプテン翼でも見られる。小学生時代の全国大会の予選で既に決勝進出を決めた明和は南葛の決勝進出を妨害するため、同じく決勝進出を争う花輪小相手にわざと引き分けさせ、南葛は最終戦花輪を勝たなければいけなくなった(引き分けだと決勝進出不可能だった)。

大相撲において

相撲は八百長の語源ともなっているが、もともとは神事行為であり、あまり勝負について八百長を問われることはなかったとされる。問題が大きくなったのは近年で、週刊誌等で元力士が「八百長がある」と告発したからである。それを抜きにしても、15日制の本場所で、千秋楽に7勝7敗で迎えた力士が高確率で勝つ(相手も7勝7敗時は除く)など八百長の存在は疑われており、観客も7勝7敗力士が勝つことについては、あまり問題視していなかったとされる面もあった。

2007年の大麻問題や2010年の野球賭博関与問題を経て、2011年にはついに八百長問題が大きく取り上げられることになった。これまでも週刊誌の告発などで騒がれたが(相撲協会も名誉毀損で裁判で訴えて勝利してきている)、今回は野球賭博問題での警視庁の捜査から明るみになったことで、物的証拠を伴うものである。これを受けて相撲協会がついに本場所中止を決定する事態にまでなった。

なお相撲の取組で八百長行為をすること自体は、日本の法律には違反しない。これは競馬などと違い、合法的ギャンブルの対象になっていないからである。ただし相撲協会内部の規則で八百長行為は固く禁じられている。

その他

日本において、八百長行為が日本の法律で罰せられるのは、競馬や競艇などの合法的賭博行為においてである。わざと負けた上で自身の負けに賭けをしたり、その情報を第三者に流せば、賭博罪適用となる。

このため、たとえば競馬の騎手など関係者が馬券を購入すること(競馬騎手が競艇の舟券を購入するのはOK)は禁じられている。

また企業による懸賞でも、その企業の社員や家族が応募することは八百長防止の観念から禁止されている。

プロレスや、プロ野球、黒い霧事件で逮捕者が出たのは、あくまで違法賭博関与に関してである。なお競馬での八百長行為は懲役3年、300万円以下の罰金とされている。

pixivにおいて

pixiv内ではそこまで上手くない・・・もとい下手な絵の点数が100点越えしていた際、その点数は何らかの方法で投稿者が点数を入れたと思った時に付けられている。

似たような言葉

出来レース 但し、こちらは主に主催者側が使用する。

pixivに投稿された作品 pixivで「八百長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179929

コメント