ピクシブ百科事典

内川聖一

うちかわせいいち

アゴアーゴ、アゴアーゴ、アゴアゴアゴアーゴ。
目次[非表示]

※訳

福岡ソフトバンクホークスに所属する外野手。2010年オフに横浜ベイスターズからFA移籍。
移籍の際に言い放った数多くの古巣横浜への暴言からなんJや野球板では「チック」とも呼ばれている。

右打者最高打率を誇るバッティングと、何処でも守れる器用さを併せ持つ名プレーヤー。但し自慢の顎が災いして送球に支障をきたす場合がある。

なお、一時期横浜のクリンナップが三番・内川聖一(大分)、四番・村田修一(福岡)、五番・吉村裕基(福岡)と何故か九州出身の右バッターで揃えられていた時期がある。


内川コピペ


横浜ベイスターズ時代の苦悩を描いたネタであり、ベンチ内で泣き疲れて眠っているうちに
1998年当時の黄金時代に彼がスターティングオーダーとして入っている夢を見るも、それは今際の夢であり、
翌朝、ベンチで冷たくなっている姿で発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取ったという内容である。
その余りの切なさから、他球団や野球以外のスポーツ。果てはスポーツ以外のジャンルまで幅広く改変されるが、
どんな改変をされようとも、必ず最後の一文は『吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った』で締められる。

その一例

まどか漫画 ほむら最後の希望



ちなみに、この最後の絵はAAになった。まさかの逆輸入である。

pixivに投稿された作品 pixivで「内川聖一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81873

コメント