ピクシブ百科事典

かんむり

権威や地位をあらわすための被り物。

概要

主に君主貴族聖職者が身に着ける。特にが被るものは王冠と呼ばれる。
冠婚葬祭の“”は元服時の加冠(烏帽子着用を許可する)を表し、現代的には成人式の意味合いで用いられる。
また、月桂冠のように栄誉をあらわすもの、結婚式で被るティアラのような儀礼用のものもある。

日本の近世以前における「冠」とは、天皇や公家が公務中に被っていた下記のような被り物を指す。いわゆる烏帽子は宮中参内には用いられず、参内では必ずこのような冠を用いたらしい。ちなみに天皇はいつも宮中にいるため日常でも冠を被っている必要があり、退位して上皇となってようやく烏帽子をかぶったという。冠はいくつかの部品を組み合わせてできている。頭に被る部分は「甲」(または「額」)、上に伸びている部分は「巾子」、後ろにたれている部分を「纓」という。髪は髻に結って巾子に収め、簪を挿して冠を髪に固定していた。

衣冠の装束



関連タグ

→「王冠」も参照
被り物 花冠 冕冠 マラーの環ウィザードリィアイテム指輪ではなく冠の一種)
三冠 無冠の帝王
仮面ライダー冠 冠星座のダリ 冠を持つ神の手

pixivに投稿された作品 pixivで「冠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167572

コメント