ピクシブ百科事典

冬月コウゾウ

ふゆつきこうぞう

冬月コウゾウとは、『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:清川元夢
60歳。特務機関NERV副司令。NERV総司令・碇ゲンドウの数少ない理解者であり、彼の本当の目的を知るただ1人の人物でもある。主にNERVの実務処理面を担当しているが、ゲンドウの不在時には代わって直接作戦指揮を執ることも多い。物語後半にてゼーレに拉致されるが、加持リョウジの助けで無事帰還している。
かつての教え子にして主人公碇シンジの亡き母・碇ユイに好意を抱いていたが、思いを打ち明けた事は一度もなかった模様(厳密な話をすれば、彼女への思いが恋愛から来るものなのかは不明)。
組織内での立場はゲンドウより下ではあるが、かつての師・教え子の関係やゲンドウの計画への賛同およびゲンドウへの信頼などから司令である彼を「碇」と呼び捨てにしている。一方、逆にゲンドウの側からも「冬月」と呼び捨てにされているが、劇場版でゲンドウは最後にセントラルドグマに向かう際に「冬月先生」と呼んだ。
補完計画発動後、ユイの幻影を迎え入れて魂を補完される。最期の言葉は「碇、君もユイ君に会えたのか?」という、ゲンドウヘの問いかけの言葉だった。
一人称は基本的に「私」だが、ゲンドウの前では時折「俺」になる。
趣味は詰め将棋。

経歴

元は京都の大学教授で、形而上生物学を研究していた(具体的に京都のどの大学で教授職を務めていたかは分からないが、劇場版パンフレットでは京都大学で教鞭をとっていたとの設定記述がある。なお所属は『形而上生物研究室』)。この頃学生だったユイゲンドウと知り合う。セカンドインパクト後は一時期モグリの医者をしており、その時に招集された国連調査団でゲンドウと再会、彼とユイが結婚したことを知らされた。持ち前の潔癖かつ正義感にあふれた性格から、当初はゲンドウやゲヒルンNERVの前身組織)を毛嫌いし、セカンドインパクトの真実を公表しようとしたが、ゲンドウにジオフロントで開発中のEVAを見せられ、彼の誘いに応じやがて行動を共にするようになる。
数年後、ユイはEVA初号機のシンクロ実験中に肉体を取り込まれ消失してしまうが、その数ヶ月前に冬月は彼女の口から、(ゲンドウも知らない)彼女自身のエヴァンゲリオンに対する真意を告げられていた。なお、その時に乳幼児だったシンジも居た。
チルドレン(EVAパイロット)に対して特別関心は無かった模様だが、ゲンドウ不在の時にシンジアスカにパイロットとしての本分を直接諭したことはある(第九話)。またユイの面影を残すレイだけには、ゲンドウとは別の心情を持っていた事が明かされている(ビデオフォーマット版第弐拾参話)。

その他

・スピンオフ作品における扱い

新世紀エヴァンゲリオン2(PSP版)』における彼のシナリオでは、ユイへの思いがより強く描かれており、大学時代に読んだユイの論文を元に「精神と肉体の分離」を自らを実験台に試みる。この論文は人類補完計画の雛形とも言える理論でもあった。実験によって冬月は自分の意思でヒトの精神世界にアクセスする術を身につけ、そこでユイとの再会・対話を果たす。最終的に現世を捨てて精神世界にとどまり、ユイと共に人類の行く末を見届けることを決意する。残された肉体はL.C.Lへと還元された。
一方で、他のシナリオではユイへの思いが暴走し、シンジに女装させて写真を撮るという奇行に走った。

・トリビア

姓の由来は、大日本帝国海軍秋月型駆逐艦「冬月」から。名のコウゾウについては、語呂の良さからついたもので特に由来はない。外見・容姿は声を演じた清川本人がモチーフとなっている。モデルは『謎の円盤UFO』のフリーマン副官。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン 碇ゲンドウ 碇ユイ NERV 童貞

pixivに投稿された作品 pixivで「冬月コウゾウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257643

コメント