ピクシブ百科事典

凛として時雨

りんとしてしぐれ

さいたま県出身、日本のロックバンドである。
目次[非表示]

略称は「時雨」。男女ツインヴォーカルのスリーピースバンド。アグレッシブな楽曲が多いが、打って変わったミディアムな楽曲にも定評がある。静と動、どちらも表現出来るバンドである。

概要

2002年に結成。当初からのオリジナルメンバーは、TKと345である。後にピエール中野が加入。インディーズレーベルから2枚のフルアルバム、1枚のミニアルバム、1枚のシングルを発売した後、2008年にシングル「moment A rhythm」でメジャーデビュー。1曲入り17分のシングルで3000円という異色のデビュー作となった。2010年にはさいたまスーパーアリーナ公演を成功させるなど、ライヴでの動員は年々増している。2013年、約1年半ぶりのライブツアー「Dear Perfect」のファイナルに日本武道館でのワンマンライブが6月28日に開催された。

メンバー

TK(北嶋 徹)


1982年12月23日生。ヴォーカル、ギター担当。独特の高音ヴォーカルも魅力だが、それ以上にギタープレイが魅力である。そのギタープレイは、数々のアーティストにも評価されている。作曲も全て担当し、ミックスなども手がけ、バンドの核となっている。「TK from 凛として時雨」名義でソロ作品発表している。クールに見られがちだが、好物はフルーツタルトであり、サインにはちびまる子ちゃんの似顔絵を添えるなど、お茶目な一面もある。

345(中村 美代子)

345


1983年4月1日生。ヴォーカル、ベース担当。紅一点の存在である。堂々としたヴォーカル、ベースプレイは、大きな存在感を放っている。MO'SOME TONEBENDERの百々和宏、L'Arc~en~Cielのyukihiroとともにロックバンドgeek sleep sheepとしても活動している。非常に内気な性格らしく、ライヴのMCではオドオドとした姿が見られる。その姿に萌える男性ファンも少なくない。

ピエール中野(中野 正敏)

ピエール中野


1980年7月18日生。ドラム担当。前ドラムが脱退した際、バンドへの加入を強く希望したと言われている。X JAPANのYOSHIKIやLUNA SEAの真矢から影響を受けている。ドラムの腕はすこぶる高く、スティック回しなどの魅せるプレイも多々見られる。しかし、口を開くと下ネタが非常に多く、ライヴではピエールのMCを楽しみにしているファンも多い。

リンク

凛として時雨オフィシャルウェブサイト
http://sigure.jp/
TK from 凛として時雨
http://tkofficial.jp/

pixivに投稿された作品 pixivで「凛として時雨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 485209

コメント