ピクシブ百科事典

切札勝舞

きりふだしょうぶ

切札勝舞とは、漫画・アニメ『デュエル・マスターズ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:小林由美子

漫画・アニメ『デュエル・マスターズ』シリーズの初代主人公

デュエルバカと呼ばれるほどのデュエル好き。
口調は少し荒っぽく、敬語を使う事はほとんどない。自信家で負けず嫌いである。

『デュエル・マスターズ』

父の友人で天才デュエリストでもあるNACが帰国するところから始まり、NACは勝舞に父である切札勝利が行方不明であると告げる。
その後黒城凶死郎に敗れた勝舞は、修行のためエリートたちがデュエルの技術を教えている神殿で修行を始める。そして、成果が実り、卒業試験にて神殿の四天衆4人を見事倒し、白凰から最強のデュエリスト軍団である『白騎士軍団』への参加を認められるが、神殿四天衆と白騎士軍団のリーダーでもあるその白凰が、実は勝ち星のためなら仲間すら切り捨てるという冷酷な性格であることを知り、勧誘を拒否。デュエル・マスターズカードによる、互いの命をかけた戦いに挑み、勝利。白凰の心を取り戻すことに成功した。

その後、バトルアリーナで不亞幽を倒し優勝した勝舞は、その時の切り札『ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン』を覚醒させることに成功。それと同時に、不亜幽の兄ザキラが登場し、仲間にならないかと誘われるが、幽がザキラによって洗脳されていたことを知って激怒した勝舞が誘いを断ると、ザキラは白凰の記憶を奪い、返してほしくば自らの城に来いと言い残して去る。
勝舞は白凰の記憶を取り戻すべく不亜城に向かい、ザキラにデュエルを挑むもあと一歩のところで敗北。Dr.ルートの協力でどうにか命は助かったが、ザキラは覚醒カードの力を得て起動した移動要塞に乗り、いずこへか飛び去って行った。

このマンガが元々MTGを題材としたものであったため、当初は彼もMTG好きな少年として描かれていた。しかしMTGがデュエル・マスターズに派生したタイミングでこのマンガもそれを題材としたものに移行している。

『FE』

ザキラに敗れた勝舞は、修行のため世界をめぐる旅に出る。最初に訪れたスペインにて、デュエルマスター・エスメラルダに付き添っていた、死んだはずの父・勝利と再会する。一方ザキラは、南の島の幼いデュエルマスター・トーイを倒し、世界中に散っていたDMの証のありかを掴む。
そしてエジプトでついに両者は出会い、エジプトのデュエルマスター・ホルスをめぐって勝舞はザキラの部下T(トト)と、ザキラはエスメラルダと相まみえる。勝舞はTに勝利し、一方でエスメラルダはザキラに敗れホルスもろとも捕えられるが、そこに現れたDr.ルートにより3人のデュエルマスターを奪い返す。

日本に帰還した勝舞はDr.から世界大会に誘われ、ザキラを倒すためそれに参加する。目論見通りザキラは世界大会ですべてのデュエリストを消すべく襲撃、襲撃前にザキラを倒すべく不意打ちをかけた白凰も倒され、怒りに震える勝舞はザキラと戦い勝利。DMの証に認められると同時に白凰もよみがえり、ようやく勝舞は白凰を取り戻したのであった。

『SX』

世界が平和となった後、デュエルを楽しむ毎日だった勝舞たちのもとに、不亜家のメンバーA(アッシュ)が命からがら助けを求めてくる。裏切り者により不亜家が全滅の危機であることを知った勝舞は仲間とともに南極へ出向くも、ザキラは復活した始祖のデュエリスト・アダムに敗北しAとともに消滅、白凰たちもアダムの手下に敗れ、これによりアダムが世界を滅ぼすつもりだと知った勝舞はアダムの城に乗り込み、手下たちを打ち破ってアダムにデュエルを挑む。
決死のデュエルの末、アダムは自らの業の過ちを悟る。DMの証の力で仲間たちもよみがえり、世界滅亡を阻止することに成功するが、勝舞は崩れゆくアダムの城の残骸に巻き込まれ、消息不明となる。

彼のその後

勝舞は決死の捜索にも関わらず見つからず、その日、世界はDMがいなくなった悲しみに包まれ、遺体も未発見のまま彼の葬儀が行われた。
勝舞生存を信じ、旅を続ける勝利は、その途上で立ち寄った南の小さな島で、勝利は島に暮らす一人の青年とデュエルをする。
その青年は容姿は勝舞と瓜二つであり、デッキもかつての勝舞をほうふつとさせるドラゴンデッキであった。だが、彼は記憶がなく、勝利を見ても父親とは気づかず、ただボルシャック・ドラゴンへの思いだけが残っていた。
ドラゴンを大切にするその性格から彼が勝舞であると確信した勝利は、世界大会への出場をすすめ、世界大会会場で、彼はかつての仲間たちとアダムに再会したのであった。

『ビクトリー』

映画スターや野球選手など職を転々とし、自分を探す旅を続けているが、職が変わってもデュエルの実力は変わらずである。弟・勝太ともそこそこ会っており、会うたびに勝太から帰ってこいと説得されているようだ。


『VS』

今までに稼いだ財産で南の孤島の頂に築いた「ビクトリー王国」の王様となり、苦の無い生活を送っていた、つまり大儲けした反動によりニートになってしまった
しかし勝太と少年時代の自分自身に説得され、本来の自分を取り戻す為に再び放浪の旅に出た。


アニメシリーズ

『VS』

CV:内山昂輝

デュエル・マスターズVSで成長した勝舞が再登場。
アニメ版に登場するのは『クロスショック』以来、約3年半ぶりとなる。
旅の途中り着いた村で生活している時に悪漢に襲われ、デッキ以外のすべてを取られてから性格が一変、仮面の男「ミスターマッチ」として、ミッ土瓶タウンをデュ円が支配する世紀末な世界へと変えていた。
そして、弟・切札勝太との対決で昔の自分を思い出した事からミッ土瓶タウンを解放し、新たな旅へと出るのだった。

使用カードはお馴染み火文明単色のドラゴンデッキ。切り札はコロコロコミック付録で登場した勝舞城ボルシャックの龍解形態「切札龍ボルシャック・マスターズ」。

『VSR』

『VS』の後、新たなボルシャックを求めて世界中を旅していたが、なんとその果てにへ向かい、そのまま連れ込んだ動物たちと移住して百獣の王として君臨していた。どうしてこうなった
そして、赤城山バサラに敗れた勝太を呼び出し、新たな切り札「ボルシャック・ドギラゴン」を渡すのだが、交換条件として相棒のハムカツを渡すように要求したため、再び兄弟対決となる。

こちらでも使用するのは火文明単色のドラゴンデッキ。
切り札は「超竜キング・ボルシャック」で、
コッコ・ルピア」でのコスト軽減から「ボルシャック・NEX」を召喚。
→「ボルシャック・NEX」の効果で山札から「ボルシャック・ルピア」を特殊召喚。
→「ボルシャック・ルピア」の効果で「超竜キング・ボルシャック」をサーチ。
→G・ゼロでそのまま「ボルシャック・NEX」を「超竜キング・ボルシャック」へ進化。
という模範的な戦術を披露した。

『VSRF』

勝太滝川るるの結婚式の参列者として登場。なんやかんやで政治の道に入り内閣官房副長官にまで上り詰めている。

余談

最近の同じコロコロコミック系アニメの主人公で、某超次元サッカーアニメの主人公や、とあるコマをぶつけ合うアニメの主人公や、小さなロボットを戦わせるアニメの主人公が大人になっても担当声優が少年の頃と同じ女性声優だった事とは対照的に、勝舞だけが大人になって声優が男性声優に変更されている。
これは、小林由美子が現主人公切札勝太も演じているためだと思われる。
そもそもアニメにおいて少年期と青年期で声優の変更があるのは決して珍しい事ではなく、成長してる雰囲気作りとして一般的に見られる演出であり、寧ろ上の3つの例のような変更しない事の方が珍しい。

なお、内山昂輝氏は『遊戯王ZEXAL』の天城カイト役も担当しており、「月へ向かい、ドラゴン対決を演じる」という展開も共通している。

関連タグ

デュエル・マスターズ デュエルマスターズ
ボルシャック・ドラゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「切札勝舞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55805

コメント