ピクシブ百科事典

りゅう

劉とは、中国、朝鮮の姓である。
目次[非表示]

概要

中国の氏のひとつ。現代中国において最も数の多い五大姓()の一つに数えられる。
歴史的には前漢後漢/蜀漢、劉宋、前趙五代の後漢)の国姓である。

三皇五帝の一人)の子孫である祁姓の劉氏。

  • 堯の嫡流(一説には堯の長孫の式、一説には堯の第九子の源明、一説には堯の子の丹朱)の子孫が劉邑に封じられ、以来その地名を氏としたという。
  • 祁姓劉氏からは、夏孔甲の世に一人の竜を御する名手が現れている。劉累という。一頭の竜が病死するということがあったあとは、劉累は家族を伴って魯陽(今の河南の魯山)に逃れた。これが河南劉姓の起源とされる(一説には、劉累の故地は河南偃師であったともいう)。
  • 劉累の子孫からは御龍氏(職業を氏とした)、唐氏(周初の「興滅継絶」の時期に堯の故地の唐を氏とした)、杜氏(周の成王が劉累の子孫を杜に移した)、士氏(杜氏の杜伯の子の隰叔が晋に移り,士師に任じられたことから、官職を氏とした)、范氏(晋の士会(范武子)が范に封じられ,地を氏とした)の各氏が出た。


周文王の後裔の姬姓の劉氏。

  • 周成王が曾祖父の王季の子孫を劉に封じたが(河南偃師)、後に絶えた。後に、定王が劉邑に王弟の王季子(父は頃王)を封じ、季子は劉康公を称し、劉国を建てた。但し周後期には、この支流は没落した。
  • なお、姫姓と祁姓はともに黄帝を祖としている。


pixiv百科事典に記事のある「劉」氏

実在人物(歴史上)

実在人物(現在)

架空の人物

pixivに投稿された作品 pixivで「劉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170615

コメント