ピクシブ百科事典

加藤鳴海

かとうなるみ

『からくりサーカス』の主人公の一人。
目次[非表示]

概要

からくり編主人公
中国武術・形意拳の使い手。直情的な熱血漢。18歳(作中で誕生日を迎え、19歳に)だが、年の割に見た目が老けており、年齢を言うと誰もが驚く。
人を笑わせないと生きていけない「ゾナハ病」に罹っていた。
鳴海自身は全くもって人を笑わせる事に向いていない為、作品連載当初は無理に人を笑わせようとして空回りする姿が度々滑稽に描かれた。
才賀勝の遺産相続にまつわる事件にたまたまを助けたことで巻き込まれ、しろがねと共に奮闘した。
しかし倒壊する建物に巻き込まれ、左腕を遺して行方不明となる。
その際、部分的な記憶喪失に罹り、ゾナハ病患者になって日本に帰国してから左腕を失うまでの記憶を失う。
その後、「しろがね」のギイに命を救われ、アクア・ウイタエで「しろがね」となる。
ギイにより、左腕には折りたたみ式大型仕込み刃「聖・ジョージの剣」を備えた義手が取り付けられ、自動人形との戦いでは強力な武器となった。

しかし「しろがね」なっても熱血漢のままだった鳴海は感情を出さず冷淡な「しろがね」たちに嫌悪感すら覚えていた。
だがレイ疫病研究所に訪れた際に、ゾナハ病に苦しむ子供たちの悲惨極まる現実を目にした鳴海は子供たちに何もできない自らの無力さを嘆く。
そして全ての元凶たる自動人形にとっての「悪魔」になると誓った。自らの心を殺し、真夜中のサーカスを壊滅させるまで。

その後経験する多くの犠牲を出した戦いが無駄だったと知り、鳴海は人の心を失っていく。
しろがねが少しずつ人の心を獲得していくのとはまるで正反対に。

能力

鍛え込まれた肉体と中国在住時に学んだ形意拳という拳法を駆使した肉弾戦を得意としている。他のしろがねがマリオネットを使って自動人形と戦っていることを鑑みると異色とすら言える存在だが、これには理由がある。自動人形はゾナハ病の元凶であるゾナハ蟲を液状化させた疑似体液によって活動しており、これに中国武術などで使われる発勁のような”気”をぶつけると体液が沸騰し機能停止に追い込まれてしまうのである。
サハラ砂漠での「しろがね」と「自動人形」との最終決戦において、激闘の連続によって大量失血した際に手足が崩壊してしまったが、彼に感銘を受けた他のしろがね達の手によって救命され、失った手足は彼らの使用していたマリオネットの手足に置換された。
この結果四肢の全てを機械に変えたサイボーグ戦士となってしまったが、鳴海本人はしろがねたちの思いのこもった絆の証として大切にしている。

関連項目

からくりサーカス 才賀勝 しろがね ギイ・クリストフ・レッシュ ルシール・ベルヌイユ

pixivに投稿された作品 pixivで「加藤鳴海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 211065

コメント