ピクシブ百科事典

目次[非表示]

勇者(DQ1)とは、数ある勇者の中から、『DQ1』の主人公であるものを区別するためのタグである。角のついた青い兜と青い鎧がトレードマーク。

概要

彼は勇者ロトDQ3の主人公)の子孫ではあるが、伝来の品全てを失っていた彼を王様がどうやって見出したのかは不明である。おかげで本当にロトの子孫なのか疑問を持たれることもあったが、結局冒険の末ラスボス竜王を倒すことに成功した。
エンディング後は「もし私の治める国があるならそれは私自身でさがしたいのです」とラダトームの王様に言い残した通り、海を渡り、DQ2の主人公たちの母国となるローレシアサマルトリアムーンブルクの三王国を建国することになる。
ドラゴンクエストシリーズの主人公では珍しく、セリフを喋るシーンが一つだけ存在する。

ドラマCD及び小説版での名前は「アレフ」。
小説版ではドムドーラ出身にして、唯一の生き残りという設定。ドムドーラが滅びる直前に生まれ、キメラの翼でラダトームへ逃れ、ラダトームに出入りしていた鍛冶屋の男性に託され、難を逃れた。
ドラマCDでの声は関俊彦。氏は後にディシディアファイナルファンタジーにて、FF1の主人公にあたる「ウォーリア・オブ・ライト」の声を演じている。

剣/神くんとモモたん


剣神ドラゴンクエスト』で金髪を逆立てた容姿にデザインが変更され、その姿のまま『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』にも登場した(特定のカードイラストには旧作の姿で描かれている)。
wii版『バトルロードビクトリー』では、『剣神』の服装の上から今作の鎧・兜を身に着ける演出がある。

本作のIFにあたるドラゴンクエストビルダーズでは、竜王の問いに「はい」と答えてしまったことから、壮絶な末路をたどったことが判明。ある意味、この作品の最重要人物といえる。

戦闘能力

一人旅なので当たり前だが、作中に登場する全ての武器防具を装備可能。ただし、DQ1の仕様上兜は存在しない他、盾についてはなぜかロトの装備がないため、最強装備は「ロトのつるぎ」「ロトのよろい」「みかがみのたて」になる。
能力はオールラウンダー…と思われがちだが、実は本作に限り主人公の名前でパラメーターの成長率が変わるという仕様があり、本当にバランスのいいオールラウンダーに育つかどうかは名前次第だったりする。
やはり一人旅ということもあり、後のシリーズのキャラクターと比較するとかなり特異な呪文習得をする。
具体的には「ギラ系」「ホイミ系」「ラリホー」「マホトーン」と魔法使い系呪文も僧侶系呪文もバランスよく習得していくため、「初代にして例外」とも言える存在かも知れない。
ちなみに裸でレベル1だと、スライムべスに殴り殺されることも結構ある。スタート地点であるラダトームの城と店のある城下町は少し離れているので、装備を整える前に雑魚に撲殺されることもあると言う意味ではちょっと情けないかもしれない。

関連タグ

ローラ姫 ゆうべはおたのしみでしたね
アバン先生:勇者時代の装備に彼に似たものが存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「勇者(DQ1)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86326

コメント