ピクシブ百科事典

動物のお医者さん

どうぶつのおいしゃさん

『動物のお医者さん』とは、佐々木倫子の漫画である。
目次[非表示]

概要

花とゆめで1987年から1993年にかけて連載されていた。全119話。
2003年にテレビドラマ化された。

ストーリー

主人公西根公輝(ハムテル)は、H大学獣医学部に通う獣医の卵。
個性的な教授や先輩、家族、動物に囲まれて、巻き込まれたり巻き込まれたり巻き込まれたりの大変な日々を送っている。
そんなハムテル達の日常を描いた、獣医学部生コメディ。
医学系、理系の学生時代を過ごした人ならニヤリとしてしまうような、「ワガママ教授」「研究室内の苦労」などの描写も多々ユーモラスに描かれている。

登場キャラクター

西根公輝(ハムテル本名は「まさき」因みに自宅では「キミテル」H大学獣医学部の学生。事実上の漆原教授の秘書として、教授のスケジュール調整、飛行機の切符の手配も行っている。ピアニストとしての才能もあるが、音感が狂っているという致命的欠陥がある。
二階堂昭夫ハムテルの親友。ネズミが超苦手。何故か獣医学部になんとなくで進んでしまう。動物にはとりあえず「チョビ」と呼ぶ
チョビシベリアンハスキーの女の子。般若のような顔をしているが性格は温厚。怪しい初老の男性から逃げ出したときにH大受験に来たハムテルに会い、そのまま押しつけられる。笑うとこわい。
ミケハムテルの祖母の飼い猫で気が強く関西弁をしゃべる。三毛猫で姉御気質。避妊手術を受けに来た猫とまちがわれて漆原教授に手術を受けさせられそうになり、おなかの毛を刈られたことがある。
ヒヨちゃん凶暴な雄のニワトリ。西根家最強の動物といわれる。ネズミとは別の意味で二階堂の天敵。
スナネズミ達同性2匹だったのが増えた
清原ハムテルの同級生。大柄な男性で、ちゃっかりとした性格。
平九郎清原の飼い犬。おっとりとした性格。猛犬という触れこみで、番犬として老夫婦の営む下宿に清原とともに転がりこむ。
阿波野ハムテルの同級生。小柄な女性。牛の出産ビデオを作ったおり、学祭で発表されたビデオを事実とはかけはなれたものにした張本人。
漆原教授H大学獣医学部教授(病院担当)。アフリカが好き。海外研修と称するサバイバルを主宰している。トラブルメーカーで勉強嫌いだが診療は好きらしい。仕出し屋の息子であり、幼なじみの料理長とは好敵手の間柄にある。
菱沼聖子博士課程の院生。かなり変わっている人。動きとしゃべりがスローモー。
菅原教授H大学獣医学部公衆衛生学教授でイギリス紳士風の初老の男性。が好き。漆原とは学生時代以来の親友。性格は几帳面
西根タカハムテルの祖母。押しが強い
ハムテルの両親音楽家。世界中を飛びまわっている。
カンガルー動物園の研修に派遣、二階堂は危うくオス同士の争いに巻きこまれそうになる。


社会現象

  • H大のモデルである北海道大学獣医学部の志望者数が増えた
  • チョビの可愛さから、シベリアン・ハスキーブームが起きる。


シベリアンハスキーで「チョビ」だったら、この漫画から、名前を取ったと思っても良いだろう。
ただ、犬のブームは良いことばかりではなく、無理矢理繁殖させた業者も居たため、問題も多く起きた。
シベリアンハスキーは体格も大きく、犬ぞりレースにも起用されるほど力が強い犬種であるため、中途半端な気持ちで飼ってはいけない。
そのため、ドラマ版放送時にはEDで「実際の獣医学部は非常にハードな学業である」「ハスキーは簡単に飼育できる犬種ではない」旨の注意書きがテロップで表示された。
余談ながら、現在、ソフトバンクのCMのお父さん犬と同じ北海道犬が、シベリアンハスキーと同じ境遇になっているらしい。

関連イラスト

チーム・ハムテル
佐々木倫子のピングドラム



関連タグ

動物 獣医
愛犬ロシナンテの災難 - 元は本作のドラマ化であったものが、諸事情からオリジナルに変更されたドラマ作品。

pixivに投稿された作品 pixivで「動物のお医者さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 797283

コメント