ピクシブ百科事典

包茎

ほうけい

包茎とは、傷つきやすい心と亀頭をつつみこむ母のような愛情のこと。
目次[非表示]

解説

おちんちん女の子のおちんちんであるクリトリスが勃起をしても包皮をかぶったまま、剥けない状態のこと。二次性徴を迎えて性器が発達すると、勃起した際に包皮から亀頭が露出するようになることが多いが、この包皮の口(包皮輪)が狭窄した状態であったり、亀頭と癒着してしまって剥けない場合がある。これが包茎である。
程度によって呼び方が変わり、また場合によっては治療を擁する場合もある。

二次元的には「仮性包茎」も包茎に含むことが多い。

仮性包茎

包茎ではないが、便宜上列挙する。
普段は包皮に覆われているが、勃起時に亀頭が露出する、また手で簡単に向ける状態。
包皮の内側を清潔に保てば問題となる状態ではない、というよりこれが正常な姿なのだが、美容整形の広告を真に受けて気する人もいる。
当然保険なぞ適用されない。切っちゃダメ、絶対。

真性包茎

包皮の先端の包茎輪のサイズが小さいために、勃起しても亀頭を露出させられない状態。
酷いものだと排尿にさえ力まないと包茎輪が開かないほどのペニスもある。
性行為で亀頭への刺激も希薄になり、また恥垢も溜まりやすいため、真性包茎のペニスは治療を検討すべき状態。
一方で、勃起したクリトリス包皮が剥けなかったとしても、クリカスが溜まり易い程度の問題しかない。

カントン包茎

漢字では「嵌頓」と表記する。
亀頭は露出できるが、包茎輪が小さすぎるせいで、本格的に陰茎が増大し出すとカリ首の周辺を締め上げてしまう状態。
正しくは「包皮輪狭窄」で、カントン包茎はこの状態の人が勃起し、皮が戻らなくなってしまった状態のこと。
軽度のものは陰茎が成長する思春期によく見られるため、悪徳美容整形外科の格好の鴨でもある。
「亀頭が壊死する可能性がある」などと煽られることが多い。

包茎手術について……

海外では宗教上の理由から割礼が普及しており、また昨今の「包茎はダサい」という風潮も手伝って、包茎手術を勧める広告やダイレクトメールが増えている。
たしかに包茎は、陰茎の衛生上あまりよろしくないかもしれない。しかし無暗に手術を受けて逆に陰茎の状況が悪化するケースもある。

もし真性、カントンで治療を受けたい場合、安易に外科手術をしようとするのではなく、まずは泌尿器科へ相談の上、しっかりと治療プランを組むことをお薦めする。

なお、カントン程度であれば毎日のトレーニングで包皮輪を広げることも難しくない。人の皮膚は柔軟に適応する能力があるのだ。

関連タグ

エルフ エロクヌギ 有言実行姉妹シュシュトリアン 道祖神 包茎クリトリス
ちんこ 半剥け 仮性包茎 真性包茎 皮被り 皮剥き 割礼

pixivに投稿された作品 pixivで「包茎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129341823

コメント