ピクシブ百科事典

北川怪獣アパート

きたがわかいじゅうあぱーと

pixivユーザー「紅玉亭毒林檎」氏(旧アカウント名「イッパイアンテナ」氏)によるウルトラシリーズの二次創作動画作品である。
目次[非表示]

北川怪獣アパートとは、pixivユーザー「紅玉亭毒林檎」氏(旧アカウント名「イッパイアンテナ」氏)によるウルトラシリーズの二次創作動画作品である。

概要

舞台は『ウルトラセブン』に登場した北川町の安アパート
メトロン星人が侵略活動のため潜伏していた物件は、『狙われた街(8話)』以降から他のウルトラ作品の怪獣や宇宙人が入居してくるようになる。彼らは侵略以外にも観光や調査など、目的は様々だ。
いつしか近隣住民からは『怪獣アパート』と呼ばれるようになり、メトロン星人は侵略活動の傍らでアパートの大家としても奔走する。

下に紹介されている以上の怪獣や宇宙人が登場している。オリジナルの姿でいるものもあれば、元の特徴を残しつつ人間(主に女性)のように描かれている(擬人化女体化)ものもある。
地球侵略の目的を持つ怪獣や宇宙人たちが勢揃いするも、その脅威は幾分か落ち着いている。

知っていると思わずニヤリとするような原作ネタやエピソード(例えば、サブタイトルはいずれもウルトラシリーズのサブタイトルのパロディである)もあるが、柔軟な頭で見るといいかもしれない。……バド星人みたいに。

登場する用語・地名

怪獣アパート

SSPのメンバー


東京都北川町に存在するメトロン星人の地球征服用前線基地。しかし維持費が持たないため、地球を訪れた様々な怪獣や異星人の住居として貸出し、家賃で収入を賄っている。
外見はただの安アパートだが、内部はブルトンによる四次元空間がつながっているため、恐らく現時点では住民は100世帯を越している

北川小学校

北川町に存在する小学校。校長はユリアン
小中一貫校で中等部も存在する。私服登校制。

北川中学校

北川小学校中等部とは別。女子制服がピンクのセーラー服。一応共学のハズ。

北川保育園

アマガイ・コノミの勤める保育園。勿論怪獣も数多く通っている。

ブラックカンパニー

ブラック企業の募集広告+α


ゼットン星人の勤務する食料品の中間輸送を営むホワイト企業。詳細はブラック社長を参照。

人間態

メトロン姐さん


本作における怪獣や宇宙人の人間態は、原作における人間への変身(例:ナックル星人、ザラブ星人など)に比べると、怪獣態の形質を多く残したものであることが多い。人間態は大きく分けて

  1. 元の形質を着ぐるみの様に纏うタイプ(例:プルーマなど)
  2. 元の形質に近い服装になるタイプ(例:メトロン星人など)
の二つに分かれる。
ただし、レッドキングなどの様に人間嫌いな怪獣の場合は、そのままの姿で小さくなって活動していることも多い。


登場宇宙人・怪獣など

()内は登場作品。宇宙人・怪獣の★印はオリジナルの姿での登場。

宇宙人

幻覚宇宙人 メトロン星人(♀)(ウルトラセブン

もぐとろん


本作の主人公。人間同士の信頼関係に目をつけ、宇宙ケシの入った煙草を使っての同士討ちを図った宇宙人そのひと。普段は人間社会に溶け込むために巨乳美女の姿をしているが、本来の姿は例の明太子怪人である。
男勝りで大雑把な性格ではあるが、モトがウルトラシリーズ屈指の知性派侵略者なだけはあり悪知恵が働く。
セブンに敗れてからも地球侵略を諦めておらず、劇中で潜伏していた北川町のアパートに戻り、手始めに『ニコニコ動画』を使っての侵略活動を開始する。……だが、それは『動画に煽り目的のコメントを投稿し、他の視聴者の反感を買う(→ニコニコ視聴者に煽り合いをさせ、お互いの信頼関係を失わせる)』という、煙草に比べると効果範囲の狭いものだった。
侵略の傍らで通称『怪獣アパート』の大家としても活動しており、清掃やゴミの分別などもこなす。家賃を滞納するものには厳しいが、かといって追い出そうともしない寛大な心の持ち主。読書(雑誌)や楽器演奏など、先のパソコンも併せて地球の文化には一通り触れている。
アイスラッガー(と、エメリウム光線)の直撃を受けているが、メトロン星人jr.に話した時は「痛いんだぞアレ」であっさり済ませた。彼女にとってウルトラセブンは宿敵で、ジュニアには(原作で)出会うだろうAではなくセブンの息子であるゼロの話をした。
宇宙ケシ入りの煙草を常用していて、調理中でも構わず吸っているほど。メトロンはケシの作用を受けないのだが、うっかり他人に渡してしまったことがあった。一度は禁煙を試みたが、程なくして失敗した。
また、ケシ自体も持っているようであり(自分以外への)料理の隠し味に投入したこともある。天然なのかも。
後にやってくるメトロン星人jr.は姪っ子(大怪獣ラッシュに出てくるメトロン星人デストロイの娘)。メトロン自身は高校時代に野球部の先輩に憧れを持っていたが、片思いに終わっている。
ニコニコ動画での活動からはだいぶ時期が開いたが、久々に地球人を混乱させるべく『つぶやき』を利用した計画を実行した。結果は……お察しください
作者が2010年のエイプリルフールに開設したジョークサイト曰くイメージCVは豊口めぐみ
なお、216話で1話当時にタイムスリップしたのだが、明らかに体型が全然違っていた

変身怪人 ゼットン星人ウルトラマン)★

ゼットン&ゼットン星人


初代ウルトラマンに登場した『ゼットン』が撃破されてしまったため、別の個体を用意して怪獣アパートにやってきた。
まだ子供であるゼットンの養育費のために会社員として働いており、そこでお茶を淹れてくれるダダ(ダダ美さん)にゾッコン。ところがゼットンはダダを好く思っていないらしく、名指しで拒絶するほど。
ゼットンには我が子同然の愛情を注いでおり、一人で買い物に行かせたのに尾行するなど心配性な父親となっている。
ちなみに彼の勤務先はブラック企業……ではなくブラック指令ブラック社長」がトップの『ブラックカンパニー』。人事の担当もあり面接の回では進行役を務めていた。
2010年エイプリルフール曰くイメージCVは大塚芳忠

悪質宇宙人 メフィラス星人ウルトラマン

もぐラス星人


地球の命運を一人の少年に委ね、交渉によって手に入れようとした宇宙人。この計画は失敗したが、なんと彼女はサトル君を諦めきれずに地球にとどまっていた。
際どい衣装と豊満なボディを駆使してサトル君を誘惑し続けるも、相次いで失敗。サトル君(と、地球)をモノにできずにいるが、折れずに彼と接している。
当初こそサトル君一筋の一途な女性ではあったが、わんぱく宇宙人ピッコロを『欲しい』と言ったうえ、彼の要求に対しては(愛ゆえに)アルバイトを始めるなど、本当にただのショタコンになりつつある。
ところで彼女はクゼ・テッペイに想いを寄せられている。しかし、全く意に介さないどころか彼を困らせる言動が多い。彼への態度はどれをとっても悪質で、「悪質ですしあたし」という言葉は北川怪獣アパートに於けるメフィラス星人を如実に表現している。
なお、直接ではないが坂田次郎少年(10)から『悪質な服装』と評された。
2010年エイプリルフール曰くイメージCVは能登麻美子

変身怪人 アンチラ星人ウルトラマンA

変身怪人アンチラ星人


太いツインテールが特徴。あらゆるものに変身できるが、頻繁に能力を使わない。しかし、家賃滞納の罰としてとんでもない姿での生活を余儀なくされた。逆に頭部だけを変身させ(られ)、頭を叩き割られそうになったことがある。ガッツ星人にはなんだかんだでいいようにあしらわれている。
働き口を探しているが、面接には何度も落ちている(彼女の場合は宇宙人であることが採用の足枷になっていると思われる。これにより家賃を滞納してしまっている)。見かねたメトロン星人が(作品の枠を超えたとある大企業)を紹介してくれたが、諸事情により倒産して無職に戻る。その後はウルトラマンショーの怪獣役(着ぐるみの中の人)を経て、『ツンデレメイドおはぎ屋』のアルバイトになった。おはギングな毎日を送っていて侵略に時間が割けないが、長続きしているようだ。
『A』同様に犀超獣ザイゴンを連れていたが、家賃の増額を言い渡されてからザイゴンの処遇は不明。犠牲になったのだ……。
普段着は胸の部分がひし形に開いている。せっかくのでも地中に埋められたりして水着を披露する機会に恵まれなかった。エレキングが全裸呼ばわりしたが……お前が言うな。
変身能力とザイゴン以外に目立った特徴がなかったのが災い(幸い)して、怪獣アパートでは常識人として突っ込みに忙しい。
メトロンとは友達になりたいと思っているのだが、彼女に関わると(ほとんどの場合)被害者になっている。
2010年のエイプリルフール曰くイメージCVは後藤邑子

サーベル暴君 マグマ星人ウルトラマンレオ)★

オレに地球侵略されたいやつ挙手!


レオの母星を滅ぼした凶悪な宇宙人……という印象はどこへやら、北川町ではメトロン星人の(ニコ動を使った)侵略活動に目をつけ、真似をするところから始まった。しかし、動画を使った侵略活動は毎度毎度裏目に出るばかりでロクに成果も挙げられず数回でなりを潜め、怪獣アパートの住人達に娯楽を提供する立場として、どちらかというと『いい奴』のイメージがつく。
外見は怪しいが建設現場でまじめに働いている。でもメットは被れよ。
レッドギラスブラックギラスのギラス兄弟とは携帯端末で連絡を取り合うことができ、せっかく怪獣らしかった彼らをとある理由で引き上げさせてしまった。
メトロン星人には弁当を作ってもらう一方で、スケベ心の赴くがままに賃金を使ってのプレゼントを何度か送っている(メフィラス星人曰く『貢がせている』)。しかし、それと家賃は別のようで彼女に取り立てられている場面もある。
実はセイウチのような化け物に変身することもできる。
2010年のエイプリルフール曰くイメージCVは藤原啓治

分身宇宙人 ガッツ星人ウルトラセブン

分身宇宙人ガッツ星人


ウルトラセブンを捕獲して抹殺する計画を企てた宇宙人。ところが、せっかく捕まえたセブンを(ふとした疑問から)ほったらかしにしてしまい、逃げられてしまった。再度の捕獲は諦めていない模様。
ほとんどの場合二体一組で登場し、それぞれ髪の分け目が異なるという特徴がある。揃って行動しているが、二体で意見が食い違う時も。
モデルは恐らく「アイドルマスター」の双海亜美双海真美だと思われる。
二体以上にも分身できるほか、どちらかだけが登場した話もあった。分身はコピーロボットうずまきナルトと同じように記憶を共有している。
何気ない提案や言葉が強烈で、アンチラ星人にスイカへの変身を迫る、食欲の秋と称して(タコカニに似た)怪獣達に目をつける、鍋パーティに生きたツインテールを放り込む……など等、結構えげつない。原作でもそうだったしな。

凶悪宇宙人 ザラブ星人ウルトラマン

今日も誰にもバレへんかった!!


ウルトラマンの評判を落とすために暗躍……していない。怪獣アパート内でウルトラマンに扮して行動し、一日かけて正体が発覚しないことをノルマとしている。その時の喜びようは凄まじく、他の部屋に聞こえるほど。原作では普通に変身ができたのに、どういうわけか着ぐるみ(ご丁寧に『ニセ』の方)を使っている。
大家であるメトロン星人は正体がわかっており、むしろなぜ発覚しないのかと疑問視されていた。人間体は関西弁を話す眼鏡の少女である。ブレザーの学生服姿が一般的。

宇宙帝王 バド星人ウルトラセブン)★
宇宙の帝王を自称する宇宙人だが、メトロン星人は胡散臭がっている。
アンチラ星人と同居したがっており、養うこともできるという。それだけのお金があるのにアパート暮らしと、生活は至って質素。
頭部が柔らかいらしく、その弾力で以てマグマ星人を満足させたほか、エリカに何度かひっかかれた。

白鳥座61番星人 エリカ帰ってきたウルトラマン)★

白鳥座61番星人


本来は善良な宇宙人だが、メシエ星雲人に操られている。
登場後、白鳥エリカと名乗って北川小学校に転入。坂田次郎少年は彼女の頭にある電磁ベルトを『渋谷界隈のファッション』と認識した。ランプは光る。に入るとショートしてしまう。
次郎少年への執拗なローキックや、ゴミを分別しないで捨てるなどの問題行動が目立つが、操っているメシエ星雲人曰く『そんな命令はしていない』らしい。
ガッツ星人とともに得意科目には『宇宙』が頭に付く。宇宙史に宇宙語、宇宙保健体育とか。
最近は比較的常識人のポジションに落ち着いており、次郎君とともにツッコミで野中英次風顔になったことも。

電磁波怪人 メシエ星雲人帰ってきたウルトラマン)★
エリカを電磁ベルトで操っている宇宙人……のはずだが、エリカは命令とは異なる動きを見せるので、メシエ星雲人の方も困惑している。
エリカを操っていることが判明してからも彼女の電磁ベルトは残ったままで、二人の関係は謎。

宇宙牛人 ケンタウルス星人帰ってきたウルトラマン
北川町には新婚夫婦として、MATの岸田隊員とともに入居してきた。人間に変身した『広田あかね』ではなく、ケンタウルス星人の姿をモチーフに描かれている。
入居したその日に二階を異次元にしている怪獣ブルトンが破壊されたが、ちょうどメトロン星人の部屋にいたので夫とともに難を逃れた。

ミニ宇宙人 ポール星人ウルトラセブン)★
なりは小さいが黒いので存在感がある。
言葉を発したことはないがイベントには何かと参加しており、登場機会は多い。
キリエロイドの親衛隊の一人でもある。
初登場時は単独だったが、後に凍結怪獣ガンダーもやってきた。

慢性ガス過多症宇宙人 ベンゼン星人 (ウルトラマンゼアス)★
信条は『破壊こそ芸術』という宇宙人。持病を治すために地球の黄金を狙っていたはずが、北川町では目立った活動をしていない。
花粉症と大気汚染に苦しんでいる。

悪質宇宙人 メフィラス星人二代目ウルトラマンタロウ)★
サトル君と遊んでいるメフィラス星人の弟にあたる。
ボガールは何か期待した様子だったが、一族では彼だけ似ておらずがっかりしていた。
語尾が『~お』な口調といい、こっちに似ている。おかしいだろ、常識的に考えて……。
姉が可愛い子供好きになっているのは、おそらく彼のせいだと思われる。

異次元超人 エースキラー (ウルトラマンA)★
エース撃破のためにヤプール人が造ったサイボーグ。北川小学校に通っており、白鳥エリカや坂田次郎少年とは同級生にあたる。
夏休みの宿題には担任の先生も驚愕したという。

幻覚宇宙人 メトロン星人Jr. (ウルトラマンA

ヨダ川怪獣アパート~01.メトロン星人Jr~


名前はジュニアだが、怪獣アパート大家のメトロン星人にとっては姪っ子にあたる(=彼女から見るとメトロンは叔母)。ショートヘアのれっきとした女の子。人見知りしがち。
正月にメトロンの所へやってきて、そのまま北川町で生活している。普段は北川保育園に通っている。
メトロンの真似をしてニコニコ生放送で地球侵略を宣言しようとするが……。
なお、50話(ニコ生)、163話(迷子の回)以外ではフキダシ付きで話したことが一度もない(『!』を除く)。

放浪宇宙人 ペガッサ星人 (ウルトラセブン

放浪宇宙人「ペガッサ星人」


『地球の軌道を変えてほしい』と、アンチラ星人の部屋を訪ねてきた宇宙人。
当然、地球の科学力では不可能であり要求は失敗しているが、この個体は北川町での生活をスタートさせたようである。
上半身はセーラー服のようになっていて、下はブルマ。暗くてジメジメした環境がお好き。
「別に女でもいいじゃない」の台詞はスノーゴンとアンチラの度肝を抜いた。

暗黒星人 ババルウ星人ウルトラマンレオ)★
生活費のためにウルトラマンショーでスーツアクターとして活動しており、ザラブ星人、アンチラ星人と鉢合わせになった。普通に変身もできるけど、仕事なら仕方ない。

三面怪人 ダダ (ウルトラマン

三面女子社員 ダダ美さん


ゼットン星人が勤める会社のOL。彼にとっては心の安らぎとも言える存在だが、育てているゼットンの反応は決して良くない。
水着姿も披露したが喜んでいるのはゼットン星人だけで、目撃した他の怪獣達は内容物をリバースしている。プロポーションはかなり良いが、顔がオリジナルなのが原因か(バルタン星人Jr.とは逆のパターン)。
年越しの時は二人でいい雰囲気になっていたりと、それなりに発展はしているようである(ゼットンの反応は本当によろしくないが)。

宇宙忍者 バルタン星人ウルトラマン)★
移民を目的としてやってきたわけではなさそうで、夏場に現れてセミの如く鳴く。
鬱陶しく思ったゼットンに食べられそうになった。セミといえば……。

宇宙忍者 バルタン星人Jr.帰ってきたウルトラマン
一族のために地球侵略をするということで、怪獣アパートにやってきたバルタン星人のひとり。まだ若く、顔以外はオリジナルの様相を保っている。
2代目を初めとしたスペシウム光線が跳ね返せるほどぺったんこな胸ばかりを見ていたせいで、メトロン星人の巨乳を思わず凝視。初登場からビンタを食らうという憂き目にあった。作者曰く「モモカン花井君をイメージして描いたら予想以上にまんまになってしまった」らしい。

地獄星人 ヒッポリト星人ウルトラマンA)★
何度か名前が出てはいたが登場したのは116話。おそらく男性。
酒造業、建設業を展開するほか、ウルトラ戦士を閉じ込めたヒッポリトカプセルは頼めば貸してくれる。プロレスが大好きで、怪獣たちを集めて近所の公園ウルトラファイトを行っている。
メトロン星人とは交流があるようだが、それ以上は不明。
変身は苦手なようで、ふだんからオリジナルの姿で活動している。

宇宙野人 ワイルド星人ウルトラセブン)★
風邪で倒れたメトロンを診察しに訪れた。オリジナルの姿に白衣が追加されており印象は異なっている。

宇宙調査員 メイツ星人 (帰ってきたウルトラマン)★
喫茶店「メイツ」を営む男性。表情がそう見えるだけかもしれないが、常に飄々としている。

挑発怪人 モエタランガウルトラマンマックス
ウルトラマン80と共に北川小学校で教師をしている男性。ヤメタランスの転入により活力を失った80先生を一喝、その熱(苦し)い言葉はこの方を髣髴とさせる。勿論、顧問を務めるのはテニス部。

エフェクト宇宙人 ミラクル星人 (ウルトラマンタロウ)
地球について調べている宇宙人。過去、マジャバに地球での生活について教えており、彼女からは先生と呼ばれ慕われている。
怪獣アパートの擬人化キャラではまだ少ない男性。マジャバの話す言葉が古臭いのは彼が原因である。

緑色宇宙人 テロリスト星人 (ウルトラマンタロウ)★
ガスが好物の宇宙人。頭の蜷局が何かに似ていると言ったミラクル星人と喧嘩になりかけた。
ミラクル星人の側にマジャバが加わり、やはり『よく似た何か』について言われてしまい、いっそはっきりと言ってほしく思っていた。

幻覚宇宙人 メトロン星人デストロイ (大怪獣ラッシュ)
メトロンの兄でJr.の父親。地球では筋骨隆々の男性の姿に変身している。

変身生命体 リュグロー (ウルトラマンG)★
何にでも変身できる能力を持つ宇宙人。ベロニカと共にハンバーガーショップを営んでおり、普段は販売の姿に変身している。
愛妻家だが年頃の男性なので美人のおだてには弱い。

冷凍星人 グローザ星系人 (ウルトラマンメビウス)★
ガッツ星人らの通う北川小学校の生徒。グローザムにそっくりだが別人かと思われる。
エースキラーと一緒に科学部で部活を行っているが…。

炎魔戦士 キリエロイド (ウルトラマンティガ)

悪魔の饗宴


ティガに敗れ、新たに信者を獲得するために北側町のご当地アイドルとして奮戦する少女。普段はマジャバと同じ中学校に通っているが、信者の過激さには辟易している。
てぃがっしーというマスコットをお供に連れている。

怪獣人 プレッシャー (ウルトラマンレオ)
ブラック社長率いるブラックカンパニーの新入社員。比較的常識人で、破天荒な社員たちにてんてこ舞いしている。
原作とは違いがあり、服もきちんとしたスーツを着用しているため一見では分かりにくいかもしれない。

宇宙怪人 ササヒラー (帰ってきたウルトラマン)★
作者曰く、北川保育園の職員(pixivイラスト内のコメント欄より)。保育園で七夕役をやっていた宇宙人。自分に短冊を提げられることをちょっと恥ずかしがっていた。

触角宇宙人 バット星人(帰ってきたウルトラマン)★
166話に登場。ゼットンの養殖技術に長けており、同じゼットンを育てる身であるゼットン星人とは仲が悪い。

宇宙怪人 ゼラン星人 (帰ってきたウルトラマン)★
186話で登場。ワイルド星人の病院に入院中の少年メイツ星人じゃないよ。

怪獣・超獣

コイン怪獣 カネゴンウルトラQ)★
に汚い(がめつい)人間が変化してしまうという怪獣。オリジナルの姿だが原作とは別キャラで、地球ではアクションスターとして活躍している。
そんな生活でもアパートの家賃を滞納してしまうのは、やはり食事がお金であることに他ならない。高価な物であれば流通している通貨でなくてもいいらしく調金細工(黄金)を丸かじりしていたシーンもある。メトロン星人も『また食べたんですか!?』というほど常態化しているようで、しかし追い出されないのは大家の寛大な心のおかげか。
マジャバが知り合いからもらったというメダルを食べたことで、何やら必殺技を繰り出すことができたらしい。

昆虫怪獣 マジャバウルトラマンG

まじゃば


農薬の影響を受け怪獣になったイナゴの一体。どことなく前時代的な言葉遣いが特徴で、普段着は白いワンピース。北川中学に在籍している少女
オーストラリアUMAから逃げ延びて日本に辿り着いた個体であり、に濡れて死にかけていた時に怪獣アパートを見つけ居住している。
メトロン星人にを分けるが、割ると中から毒ガスが噴き出した(この時のコメントから、マジャバ自身が卵を産んだものと推測できる)。こと、卵についてはいわくつきであるが、風邪をひいたメトロンに卵粥を拵えたりする。
作中でも古株で、アパート内では知り合いが多いほう。ピッコロとも遊んでいる。
同じ作品に登場するゴーデスがアパートを訪れた際、口撃で打ち負かしたことがある。
ガッツ星人とは別の学校に通っており、大抵北中回の時は彼女が主役級の扱いになる。

宇宙恐竜 ゼットンウルトラマン

北川ゼットン


初代ウルトラマンに登場し、撃破された『ゼットン』の別個体。「ぜ(っ)とーん」としか言葉を発せないが、それでも他の星人や怪獣とも意思の疎通ができる。たまに訳がつく。
パーカーのようになっている衣装(?)は脱ぐことができず、寝ているときはもちろん風呂に入っているときもそのまま。(風呂では一緒にいたマジャバが脱がないのか聞いたが、その後すぐに謝っていた。このシーンでは足の縞模様だけが外れている)
白鳥エリカ、坂田次郎少年とは同級生。作者の毒林檎氏曰く「10歳くらい」。
ウルトラ戦士の『色』について、特にタロウの家族関係については子供ながらに複雑な組み合わせを展開するなど、思考する能力には長けている模様。
2画面の携帯ゲーム機で遊んでいることが多い。両腕を合わせて突き出すとを出すことができ、超獣を燃やしてしまったことがある。

【特撮】北川怪獣アパート@人気投票結果発表【漫画】


金髪であり、初期には前髪がパッツンだった(前述のタイムスリップ回でもネタにされている)。
実は成長段階ごとに見た目が変化しており、237話からは少し反抗期に入って赤髪で全身が青みがかったマガゼットンカラーになった。
2010年のエイプリルフール曰くイメージCVは豊崎恋生

高次元捕食体 ボガールウルトラマンメビウス
何でも食べる知能の高い怪獣。地球、というかサトル君を侵略できないメフィラス星人の前に現れ、サトル君を捕食しようとした。
モチーフは人間体(ボガールヒューマン)。回を増すごとに前よりも若返っているような印象を受けるが、自らBBA扱いを公言するなど、自虐的な面も持ち合わせている。
メフィラス星人に変態呼ばわりされて以降、何かと彼女の周りに突っ込みを入れる役回りになっていたが、クゼ・テッペイにその立場を奪われつつある。
エレキング共々キングボックルラーメン屋で働いている。

凍結怪獣 ガンダーウルトラセブン)★
地球を第三氷河期にするべくポール星人が連れてきた怪獣。猛暑に悩まされるマジャバの前に現れた。
強力な冷凍ガスでアパートを一気に冷やしたが、出力の調整ができないようで数時間にしてウルトラ戦士まで凍らせる事態となる。

四次元怪獣 ブルトン (ウルトラマン)★
次元を操る能力を持つ怪獣。いつの間にか怪獣アパートに鎮座しており、建物の二階部分を異次元空間にして果てしなく増築している。
意外と脆く、何者かによって野球ボールをぶつけられて真っ二つに割れてしまった。このことで二階の住人が異次元で遭難する事態になったが……。
その後も入居希望者が続々とやってくるあたり、この事態は収束されたと思われる。(一方で、小学校に激突する様子がテレビ中継されている)

一角超獣 バキシム (ウルトラマンA

【かぷじゅう】バキシム


異次元を移動できる能力を持った超獣。ブルトンが破壊され遭難してしまったアパート二階の住人を救うべく活躍した。
豊満な美女の姿で擬人化されているが、オリジナル同様に瞳の部分がない。
登場の度に肌の露出が多くなっている。動画162話で、急に大きな弟(ベロクロン)ができて、本人も困っていたが、シラリー・コダラー姉弟のアドバイスを聞いてからは姉としての自覚を持つようになった(しかし、方向性が少々おかしいことになっている)。
なお、原作では脳筋だらけの超獣の中でも屈指のおしゃべり・知性派キャラであるが、本作ではかなり無口。

伝説怪獣 ウー (ウルトラマンウルトラファイト))★
常に戦いの日々を送っている、真っ白な体毛が全身を覆っている怪獣。連日の戦闘がたたって体が汚れており、土のような色になったこともある。逆に、綺麗なときは背景に溶け込んでいる。
夏場は体毛のない姿を披露した。

台風怪獣 バリケーン (帰ってきたウルトラマン
台風を起こすことができる怪獣。台風の接近を中継するリポーター『張山 健子』として登場した。
その後も何度かテレビ画面越しで現場の様子を伝えているが、そのせいでブラックキングから恨みを買われてボコられそうになったこともある。

宇宙怪獣 エレキング (ウルトラセブン

KITAGAWA FIGHTING jam ♯2


ピット星人がで育てていた怪獣。電波障害を起こしてしまい、メトロンが使っているパソコンの画面が乱れたので怒られていた(実際はビーコンの仕業だった)。
キングボックルの経営するラーメン屋で働いている。
出ているところは出ている。前髪が非常に長い。ボディラインがハッキリしており全裸に見える格好をしているが、そんなことはないらしい。通称「エロキング」。
体質のため水場に入ると周囲を感電させる。また、鼻や口にプラグを挿す(くわえる)と機械の充電ができる。
影は薄いものの作中屈指の人気キャラで、pixivではトップクラスの投稿数を持つ。

囮怪獣 プルーマ帰ってきたウルトラマン

ウルトラブレスレットからひたすら逃げるプルーマちゃん


ブルトンを破壊した犯人が差し向けた囮。
自分が体操服姿であることに加え、ブルマを手編みする腕前を持つ。怪獣アパートの住人に配り、履き心地もよく好評だった。ブルマとは本来女性用であるが、彼女は男性陣にも渡している。

宇宙ロボット キングジョー (ウルトラセブン

キングジョー「北川怪獣アパート」より
北川怪獣アパート「嫁の再来」


ペダン星人が造ったロボット。分離・合体ができ、それぞれ独立して行動する。
肌の露出が多いが、彼女はロボットなので体温が高く冬場でも平気。付近にいると暖かく、一部を抜かれて湯たんぽにされかけたことがあった。
侵略活動をしていないため、体重が増えていることが気がかり…なんでやねん。
語尾は『~(だ)じょ』。
サビると黒っぽくなる

雪女怪獣 スノーゴン (帰ってきたウルトラマン

【かぷじゅう】スノーゴン


原作ではブラック星人が用心棒として連れてきた怪獣。原作にも人間態が存在し、しかもそのまま巨大化していたという珍しい怪獣である。
怪獣アパートでもジャックを凍らせてバラバラにした実績を持っているが、北川町ではどうも出会いに恵まれない様子。
普段はレストランウエイトレスをやっている。
独り身であることを嘆いていた結果、硫酸怪獣ホーを呼んでしまった。
宇宙怪獣ではあるが、毎日だけ食べてダイエットしようとしたり、梅雨の季節を憂いだりと非常に人間臭い一面を見せる。
ちなみに上司ブラック星人もpixivでファンから投稿されたが、159話で逮捕されたことが判明した。

硫酸怪獣 ホー (ウルトラマン80)★
マイナスエネルギーから誕生する怪獣。男ができないスノーゴンの叫びを聞きつけ、どこからともなく現れた。
存在自体はメトロンも知っており、曰く『うざい』らしい。
『ほー』しか言わない。登場後、何度かスノーゴンと一緒になっている。

二面鬼 宿那鬼ウルトラマンティガ

北川影番長


草野球の回で登場。前後の顔で物を見ることができ、捕手としては視界が広い。を取り外すことができる。
ところが、後ろの目で見ていたものに対してグローブを前に出したので打球が直撃してしまう。
レストランでは喫煙をしているような描写もあった。
作者によると土木建築業に携わっているらしい。

二面凶悪怪獣 アシュラン (ウルトラマンレオ)★
鬼超獣 オニデビル (ウルトラマンA)★
宿儺鬼の友人ならぬ友怪獣。

宇宙竜 ナースウルトラセブン)★
ワイルド星人とともに、風邪で倒れたメトロンのもとを訪れた。オリジナルの姿にルージュとナースキャップをしており、とても女性らしい。

【かぷじゅう】ナース


人間態は眼帯をはめた姿(公募によるデザイン)。
まさに『名は体を現す』といった役どころ。

円盤生物 ノーバ (ウルトラマンレオ)

ノーバちゃん
【かぷじゅう】ノーバさん


怪獣アパートで行われた肝試しに参加、訪れるものを驚かせた。
その後、ブラック社長が経営する企業『ブラックカンパニー』の面接に現れ、特技を語って興味を持たれている(指令が持ち歩いている水晶には『採用』と文字が浮かんでいた)。
肝試し回では本来の姿、面接回では人間に変身した姿。鎌と触手の腕がなくなるなどの変化がある。
以降、回を追うごとに白眼が大きく人間に似た姿になっていく。
スノーゴンの部屋に吊られていたてるてる坊主はあくまでてるてる坊主であり、ノーバとは関係ない……らしい。

どくろ怪獣 レッドキングウルトラマン)★
怪力自慢の暴れん坊。お月見に際してをつこうと力強くを振るうが……。
同じ王様つながりのエレキングとはいい感じの仲。横たわっている姿が何とも人間らしかった。
冬は冬眠する。や~い爬虫類!

虹怪獣 レンボラー (ウルトラマンレオ) ★
と言えばレンボラー。
雨上がりの虹を食べていき、雰囲気をぶち壊した怪獣。

うす怪獣 モチロンウルトラマンタロウ)★
を奪うようなことはせず、餅をつくためにの形態をとった。だが、その相方が怪力自慢のレッドキングだったことが運のつき。流血沙汰になり怪獣アパートの面々はお月見どころではなくなってしまう。
怪獣アパート本編ではオリジナルの姿だったが、100話の記念イラストで擬人化された姿が山中あきら先生によって描かれた。動画で紹介されている。

オイル怪獣 タッコング帰ってきたウルトラマン)★
何の前触れもなく『夏だから』と、ガッツ星人によって丸い体をスイカのようにされての登場。本人が困惑しているうえ、実行したガッツ星人も妙な違和感に苛まれた。
オイルが主食で、他の怪獣と共にその食生活をカネゴンに変だと指摘された。お前が言うな

油獣 ペスターウルトラマン)★
春先に越してきた怪獣。話す言葉が怪獣の顔ではなくヒトデの部分から発されている。
部屋のカギをメトロン星人に借りに行った際、『どっちに?』と訊かれて動揺した。……中に誰もいませんよ?

棲星怪獣 ジャミラウルトラマン)★
北川町では平穏を手に入れることができた、かつて人間だった怪獣。実在の女性から名前をもらった、初代ウルトラマンに登場した個体がモチーフ。そのため、原作では男性だったが本作では女性のようである(そもそも「ジャミラ」という名前は女性名である)。
が苦手なため海水浴の回では留守番になっていた(41話)が、二回目(64話)には砂浜に立った。セパレートの水着姿になったが、ちょっと太ったらしくガッツ星人に指摘されている。
テッペイがを忘れたため、メフィラス星人に(の中を)迎えに来るよう頼まれたこともある。悪質!

宇宙大怪獣 ベムスター帰ってきたウルトラマン)★
宇宙大怪獣 アストロモンスウルトラマンタロウ)★
仲良しの宇宙大怪獣コンビ。ゼットンとエリカが作ったカレーライスを食べにやって来る。

円盤生物 シルバーブルーメ (ウルトラマンレオ)
ブラック社長の秘書をやっている女性。巨乳だが、作者曰く「永遠に顔は出ません」とのこと。

友好巨鳥 リドリアスウルトラマンコスモス

ザラブからのプレゼント


若い土木作業員。マグマ星人のことを兄貴と呼び慕っている。メトロン星人からは「リドくん」と呼ばれ可愛がられている。
の怪獣なのだが、マグマにメトロン星人に関するエッチなことを吹き込まれて妄想の果てにカオスリドリアスに進化したりと、果てしなく人間臭い。
年が近いからかスノーゴンとつるんでいる描写がある。

原始地底怪人 キングボックル (帰ってきたウルトラマン)★
北川町でラーメン屋を営む地底人ラーメンマンソックリだからかアル口調で話す。客商売だけに信頼を大事にする。

宇宙怪獣 リムエレキング (ウルトラマンメビウス

北川バルタンと北川リムたん


エレキングの妹分。GUYS基地から電線を通って通園している保育園児。そのため、になると消えてしまう。

液体大怪獣 コスモリキッド (ウルトラマンタロウ)★
北川小学校に通っている怪獣。体を液化させる能力があるが、それ故に他の液体と混ざってしまうこともある。

二次元怪獣 ガヴァドン (ウルトラマン)★
ガヴァドンA。のんびりとした怪獣で、北川保育園で飼育されている。

満月超獣 ルナチクス (ウルトラマンA

【かぷじゅう】ルナチクス


月に住む超獣。出っ歯バニーガール。1年に1度、中秋の明月の夜にしか起きない無精者。

岩石怪獣 サドラ (帰ってきたウルトラマン)★
スイカ割りに参加していた。体はオレンジ色。

宇宙魔樹 ゴッドジャギラ (ウルトラマンダイナ

【かぷじゅう】ゴッドジャギラ


宇宙植物で、妖精のような姿をしている。春先は花粉をまき散らす。

地球人

サトル君(ウルトラマン
メフィラス星人に地球の譲渡を持ち掛けられたが、きっぱり断って彼女を打ち負かした少年。
その後もメフィラス星人から執拗に(地球侵略とは別の方向で)迫られているが、まるで効果がない。
怪獣アパートにはよく遊びに来ており、17時近くなると帰っていく。彼の姉はこのことを知っているようだ。

坂田次郎 (帰ってきたウルトラマン
北川小学校に通っている十歳の少年。登場すると特徴的な語りが始まり、彼も野中英次風の独特なタッチで描かれる。
白鳥エリカの転入以降、執拗にローキックを見舞われるようになる。さらに宇宙恐竜(保護者が宇宙人)なども転校してくるが、メフィラス星人の悪質な服装の前には大したことなかったらしい。
本人の口からは語られていないが、エースキラーもクラスメイト。

岸田文夫帰ってきたウルトラマン
MAT隊員の一人。北川怪獣アパートではケンタウルス星人と結ばれ、夫婦になった。
怪獣アパートに引っ越してきたわけだが、同アパートに彼以外の地球人は入居しておらず、どこを見ても異星人や怪獣ばかりである。
海の回では夫婦そろって出演した。

クゼ・テッペイ (ウルトラマンメビウス
メフィラス星人に洗脳されていたCREW GUYSの隊員。洗脳が解けた後も星人に好意を抱いており、ついに告白を果たす。
……が、まったく理解されないばかりか返しの言葉でボガール共々困惑し、以降はサトル君一筋な彼女に振り回される日々を送っている。
最初はメフィラス星人とのデートにこぎつけたことを大変に喜んでいたが、そのうち彼女の部屋で家事をこなすようになり、食材の買い出しに二人で行くなど、(ボガールが一緒にいるようだが)傍から見れば同居までしてしまっている。エプロンのデザインが秀逸。
どんな場面でも隊員服を脱ぐことはなく、怪獣アパートにもその姿でやってきた。

 アマガイ・コノミ (ウルトラマンメビウス)

コノミ先生&リムエレ&ウルトラマンメビウス


北川保育園で働いているCREW GUYSの女性隊員。優しくてまじめで、怪獣や宇宙人の児童にも人間と同じように接する。


ウルトラ戦士

ウルトラマン
怪獣アパートのクリスマスイベントでは、かつて戦ったであろうメフィラス星人からビールを注がれていた。
本人の登場は遅く、氷漬けにされた以外ではザラブ星人の変装とショーの着ぐるみが先行だった。

ウルトラセブン
ウルトラマンより先に登場したウルトラ戦士。ガッツ星人に捕らわれてしまうが、ふとした理由で放置されたうえ、彼女たちが用意した磔に良心的な欠陥があったため脱出に成功。
ところがその後、学校で80先生と再会してしまうという事態になり、何かと捕まることが多い。
アンヌ隊員だけでなくゼロの名を呼んでおり、複雑な事情がうかがえる。
息子のウルトラマンゼロは(100話までに)顔と足だけが一回ずつ登場した。

ウルトラマンA
切断技を数多く持つウルトラ戦士の一人。お月見の時期に南夕子と二人でから地球を眺めていた。
一方その頃、地球の北川町では月どころではない事件が発生していた……。

ウルトラマン80
北川小学校で教師を務める。赤いジャージを着た姿はなんというか・・・体育教師
怪獣や宇宙人が転校してくる教育現場で、学校を(物理的)に守るという役目も果たす。
登場回数は歴代ウルトラマンの中では一番多い。

ユリアン
北川小学校の校長先生

ウルトラの父
何がクリスマスじゃあい!

ウルトラマンベリアル
新春SP(動画)にカイザーベリアルの姿で登場。年明けの一発目をジャックし、映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』の宣伝をしていった。
本人の出番はこれきりで、本編中ではぬいぐるみのみ確認できる。

ウルトラマンコスモス/春野ムサシ
辻希美旦那に似てる人。怪獣を保護するために日々精進している。ジュリの破天荒な性格に振り回されているが、仲が悪いわけではない。
ちなみにウルトラマンの姿はマッパらしい。

ウルトラマンジャスティス/ジュリ

【かぷじゅう】ジャスティス


福山雅治に似てる人。常に飄々としており、宇宙正義の名の下に悪を断罪する。初登場時は住所不定無職のためホームレス生活を送っていたが、ムサシの紹介で怪獣アパートに住むことになった。

ハヌマーン
著作権が怖い奴。肝試しの回で登場したほか、新聞の広告欄に名前が載っていたこともある。


『おたよりのコーナー』から登場した怪獣・宇宙人

北川怪獣アパートでは動画版にて『この怪獣出したら面白くね?』というアイデアやイラストを募集している。以下に紹介するのは視聴者イラストから誕生した怪獣・宇宙人である(例外あり)。
初出の動画でそれぞれ投稿されたイラストが掲載されている。pixivだけではなく、毒林檎氏のtwitterやニコ百のコメント欄でも投稿できるぞ。

動画104話からアイデア募集のコーナーが『入居者募集のコーナー』として独立し、本編での登場に拘わらず視聴者イラストを紹介するようになった。
また、155話や169話ではセリフなしでの登場を果たした者もいる。

宇宙恐竜 ハイパーゼットン (ウルトラマンサーガ)

ずっと、ともだち!


動画52話で登場。体が成長し頭に被っていたフードがなくなったほか、肌の露出が多くなっている。
モチーフはイマーゴ。フードについていた白い毛の部分が失われ、金髪だけになった。
ところが、この姿になっても「ぜ(っ)とーん」としか話せず、ゼットン星人と普通の会話をすることはできないようだ(意思の疎通はできる)。

邪悪生命体 ゴーデスウルトラマンG

ゴーデス


動画88話から登場。全てと融合して一つになろうとした第二形態の性質を持っている。外見は子供で北川保育園に通っている。
マグマ星人を吸収しようとしたが失敗、マジャバの言葉で撃沈した。
その後、怪獣アパートでは友人を作っておりキングジョー、ゼットン達とビーチバレーに興じていた。現在は北川保育園に通っている。

地底大怪獣 ミズノエノリュウウルトラマンガイア

ミズノエノリュウ&ウルトラマンアグル


動画90話から登場。『地の龍』こと、地の守り神。龍の首が別に八つあり、初登場時にスカートの中から出現させた。龍玉が輝くおでこと八重歯が特徴。
首にはそれぞれ意思があり、本体とは異なった意見をすることも。
異星から来た存在ではないが、人間社会はやはり環境が違うのか、エリカ、ガッツ星人とともに地球のテキストを前に頭を抱えている。
ガッツ星人とは同級生にあたる。

なまけ怪獣 ヤメタランス帰ってきたウルトラマン

や〜めた


動画92話から登場。周辺にいる人々を怠けさせる放射能を放つ怪獣。北川小学校に転入してきたが、教室に入った段階で生徒も先生もおらず一人。ゼットンやエリカとは同級生である。
やる気をなくさせる自分の能力に自覚があるようだが、100話以降で再登場した時などは能力を発揮していない。
「のら~」という初期のドラえもんのような喋り方をする。一応、女の子。

わんぱく宇宙人 ピッコロウルトラマンタロウ
動画98話から登場。お忍びで遊びに来たピッコラ星の王子。アパートの廊下でマジャバと走り回っていた。
この時にメフィラス星人と出会い、彼女がアルバイトを始めるきっかけになる。

ブラック社長 (ウルトラマンレオ)

KITAGAWA FIGHTING jam ♯4


動画101話から登場。全身黒ずくめのゴスロリ服に身を包み、右手に水晶玉を持ち歩く。
ゼットン星人とダダの勤める会社社長で、残業なし、売り上げ好調の優良企業を取り仕切っている。『指令』改め『社長』となっている(175話では会長である「先代」=父親が登場)。
従業員は(101話時点では)先の二名を除けば円盤生物と『レオ』登場の宇宙人のみで構成されており、地球人面接が来なかったことを気にしていた。
社員の机から頭だけが見えるほど身長は小さく、それに対してマントが長いので床に引きずっている。移動するときは何者かが後ろで持っている模様。
就職試験には面接会場に自ら現れ、(携帯ゲームをしながら)質問を投げかけた。彼女より水晶玉の方が志願者に正直で、オブラートに包んだ不採用など文字が浮かぶ。
こちらはニコニコ大百科のアイデアが元。
作者曰く「レオに登場したあの人の娘」とのこと。

伝説深海怪獣 コダラー (ウルトラマンG)
動画107話から登場。ジャージを初め青色メインの衣装に身を包む少年
シラリーを『ねえちゃん』と呼んでおり、訪れるに先立って手袋を買ってきていた。シラリーとは違って人づきあいがよく、交流関係も広い。描きやすいデザインだからか、原作でもコロコロした可愛い外見だからか、出番も比較的多い。
子供っぽい外見だが年齢的には超ド級のシニアだけあって、普段はシラリーと一緒に花屋で働いている。
↓のシラリーとともに投稿されたイラストが元。なお、投稿イラストでは女性だった。

伝説宇宙怪獣 シラリー (ウルトラマンG)

ぼくのかんがえた北川怪獣アパート


動画107話から登場。青のコダラーに対して赤色が目立つ。
アパート住人の中に於ける『人間嫌い』派。オリジナルの姿で生活していたようだが、登場した回で人間の姿に変身した。
口調は攻撃的で、コダラーが買ってきた手袋を着けるために変身、その礼は小声と所謂ツンデレ
コダラーとともに投稿されたイラストが元。

宇宙剣豪 ザムシャー (ウルトラマンメビウス)

ザムシャーたん!
【かぷじゅう】ザムシャー


動画110話から登場。甲冑に身を包んだ美形の若者。メカに詳しい。はたしてその正体は…?

ブロブタイプビースト ペドレオン (ウルトラマンネクサス)

ぺドレオン


動画112話から登場。幼い外見をしており、常に眠そうな目つきをしている。

奇怪宇宙人 ツルク星人 (ウルトラマンレオ)

みんなのトラウマ?


動画115話から登場。どことなく綾波レイにも似た姿の女性。美容師であり、二つのを器用に扱ってヘアーカットする。

宇宙忍者 バルタン星人二代目 (ウルトラマン)

KITAGAWA FIGHTING jam ♯3


動画117話から登場。以前に少しだけJrから言及があった貧乳の女性バルタン星人。下まつ毛の量が凄い。ヤ○ザ風の敬語を使う。普段は怪獣被害の保険の勧誘員をやっており、あらゆる所から出現してはセールスをしていくモーレツ社員。
全身を分裂させて無数の小型バルタンに変身できる。
こちらはニコニコ大百科のアイデアが元。

闇の巨人 ダークファウスト (ウルトラマンネクサス)

擬人化ファウスト


動画119話から登場。北川小学校に隣接する中等部の女性美術教師。黒目がちの愛らしい外見だが、なぜか彼女を他人がにしようとすると奇怪なことが起きるため、自分はこの職に向いていないんじゃないかと悩んでいる。同僚のイフとつるんでいることが多い。

海獣 ゲスラ (ウルトラマン)

カカオに厳しい女性(ヒト) ゲスラさん♪
【かぷじゅう】ゲスラ


動画122話から登場。ブラックカンパニーと取引をしているお菓子会社のOL南米出身の明朗快活な褐色肌の女性に変身しており、語尾には「○○ゲ~ス」と付く。
設定は元のイラストから大きく変更されている。

変形怪獣 ガゾート (ウルトラマンティガ)

イカレた転校生を紹介するぜ!


動画126話から登場。北川小学校に通う怪獣で、普段はパーカーを着た少年の姿をしている。とっても食いしん坊ないたずらっ子。語尾に「ゾ」がつく。
ゼットンにホワイトデークッキーを贈り、「トモダチ」をアピールした。

電脳珍獣 ピグモン (ウルトラマンマックス)
地底超獣 ギタギタンガ (ウルトラマンA)

電脳珍獣 ピグモン
ギタギタンガ


怪獣が人間に変身する過程を描いた動画130話に登場する。かわいい人間体に変身できるが、二人ともオス。そのくせプールに入るときはなぜかスクール水着を着用していた。普段は保育園に通っている。

酔っ払い怪獣 ベロン (ウルトラマンタロウ)

酔っぱらい怪獣 ベロン


動画131話から登場。ノーバと同じくブラックカンパニーに努めるOLを飲むことが大好きで、花見や宴会の場ではいつも呂律が回らないほど酔っぱらっている。

異次元宇宙人 イカルス星人 (ウルトラセブン)★
動画133話から登場。異次元を自在に移動する能力を持つ宇宙人。


読者投稿されたのは↑の娘(通称イカルス娘)だが、作者の毒林檎氏によりその能力を生かして宅配便屋を営む父親(擬人化なし)が描かれた。娘思いの優しいパパ。

完全生命体イフ (ウルトラマンマックス)

「怪獣さんは、音楽…嫌い?」


動画134話から登場。北川小学校の音楽を担当する女教師。どんな攻撃も無差別に吸収し、その能力を自らの体に取り入れる能力を持つ。普段は耽美系少女漫画風といった感じの美貌を持つが、キレると手の着けようがない。
こちらはニコニコ大百科のコメント欄出身。

友達ロボット イゴマス (ウルトラマンコスモス)

イゴマス(擬人化)


動画135話から登場。コノミの同僚の保育師(保母)。ロボットなのでちょくちょくセリフにカタカナが混じる。

古代怪獣ツインテール (帰ってきたウルトラマン)

北川怪獣アパート入居希望届け


序盤でもちょくちょく登場していたが、137話目にしてようやく人間態に変身。お湯が苦手なので普段は風呂に入れなかったらしく、人間態になれたのは嬉しかったようだ。

黄金怪獣 ゴルドン (ウルトラマン)

【怪獣アパート】北川のゴルドン【入居希望】


動画138話から登場。北川中学校に通うお嬢様。金鉱脈を探し出す特性故に金持ちではあるが、人間態に変身しても黄金しか食べられないという弱点がある。それでも雰囲気だけでも味わうために黄金でおかずを模ったお弁当を作って持参している。結構ナイスバディ
唯一自分の弁当を食べたカネゴンに一目惚れしてしまった。

双頭怪獣 キングパンドン (大決戦!超ウルトラ8兄弟)

【かぷじゅう】パンドン


動画148話から登場する、マジャバ、キリエル、ゴルドンの同級生。関西弁のような方言でしゃべるチャキチャキした性格の少女。くしゃみをするたびに火焔を吐く問題児。見た目のモデルは「ナニソレイミワカンナイ」でおなじみのあの人

奇獣 ガンQ (ウルトラマンガイア)

北川怪獣アパート 入居希望
ガンQ(コードNo.2)


(左がNo.1(原作6話)、右がNo.2(原作31話)にあたる。)
ガンQは本来1匹しかいないはずだが2個体出現。
No.1は男性で155話に登場し、No.2は女性でやや遅れて220話で登場を果たした。今後の活躍が見込まれる。

宇宙大怪獣 ムルロア (ウルトラマンタロウ)

【かぷじゅう】ムルロア


動画156話から登場する北川中学校の女子生徒。トイレの花子さんのような外見。人間に住処の星を破壊されたため、やや暗い性格。が大好き。

戦車怪獣 恐竜戦車 (ウルトラセブン)

北川怪獣アパート 入居希望


動画157話に登場する。茶髪と黒っぽいインナーの似合う女性。子供好きで明るい性格。正座した状態でキャタピラ移動できる。ちなみにサイボーグだが普通にメシを食うらしく、コダラーには勘違いされて燃料を呑まされ、死にかけていた。

異次元人 女ヤプール (ウルトラマンA)
動画158話から登場するヤプールの一個体で、スタイル抜群の女性。原作ではおかめお面をしていたが、巨大ヤプールを模した仮面をかぶっている。アンチラ星人を助手代わりにしている。
こちらもバルタン二代目同様にニコニコ大百科の案が元。

ミサイル超獣 ベロクロン (ウルトラマンA

北川ベロクロン


動画158話から登場。女ヤプールアンチラ星人が作った超獣。ドレッドヘア褐色ムキムキボディを持つイケメンパンツブリーフ派。全身が武器の塊のため、クシャミするたびにミサイルをぶっ放す。動画162話で、バキシムのという設定が追加された。ガタイがいいが実は小学生テニヌかい。
ニコニコ大百科のコメント欄に書かれた案が元になっている。

地底怪獣 グドン (帰ってきたウルトラマン)

グドン
北川怪獣アパート入居希望届け その2


登場自体はかなり序盤だったが、擬人化されたのは実に159話目。ツインテールが人間の姿になってからは食えないことに苛立ちを隠せない様子。

異次元人 ギランボ(ウルトラマンティガ)

北川怪獣アパート入居応募!!「異次元人ギランボ」


動画161話に登場。異次元魔女(老婆)ではなく、エレキングやメフィラスにも負けないグラマラスな女性の姿をしている。ハロウィンの夜に、子供たちを異次元に連れ込んでを食べてしまう。

宇宙恐竜 ゼットン二代目(帰ってきたウルトラマン)

ゼットン二代目・北川怪獣アパート


166話に登場。頭の部分はゼットンとは異なりヘアバンド状になっている。垂れ目で少しポッチャリした体型。やっぱり「ぶも~」としか話さない。
育ての親とは違って、ゼットンとはゲームをするほど仲良し。

用心棒怪獣 ブラックキング(帰ってきたウルトラマン)

もぐブラックキング


175話に登場。ナックル星人の会社からやってきた、褐色肌巨乳握力が自慢派遣社員。尻尾が大きい。
ニコニコ大百科でのアイデアを元に複数人のデザインを取り入れたものになっている。

古代超獣 スフィンクス(ウルトラマンA)

古代超獣 スフィンクス


176話に登場したガッツ星人の同級生。カタコトで話す。

青色発泡怪獣 アボラス、赤色火焔怪獣バニラ(ウルトラマン)

悪魔はふたたび


177話に登場。男子学生でアボラスがでバニラが。作中最年長レベルの超絶ドシニアではあるものの、殆ど封印されていたため精神年齢は少年並み。メトロンに勉強を教わっていた。

妄想ウルトラセブン(ウルトラマン80)

【かぷじゅう】妄想ウルトラセブン


179話に登場。バルタン星人二代目がお見舞いに持ってきたセブンの人形に交通事故で重傷を負ったマグマ星人の怨念と煩悩が乗り移って誕生した可愛い奴。
こちらはスカイプからのアイデアを元にデザインされた。

暗殺宇宙人 ナックル星人(ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟)

【かぷじゅう】ナックル星人


180話に登場。ブラックキング上司で人材派遣会社の社長。しかしかなり小柄で、10代前半の子供にしか見えないような、かなり若々しい外見をしている。
性格は腹黒く、ブラックカンパニーの乗っ取りのために殺人すら辞さない計画を練っていたものの、ブラックキングがスパイどころか完全にブラックカンパニーに根付いてしまったことに落胆してしまう。その後もブラックカンパニー回でたびたび登場する。
ちなみにブラックキングのデザインと一緒に投稿されたイラストでは旧デザイン(帰マン版)だったものの、北川では新デザインの方をモチーフに書かれている。

暗殺宇宙人ナックル星人/用心棒怪獣ブラックキング



アルテスタイガー怪獣 イザク・プラチアード(ウルトラマンガイア)

[北川怪獣アパート入居希望] アルテスタイガー怪獣 イザク


181話に登場。人間によって絶滅させられた世界一美しい「アルテスタイガー」最後の生き残り。
ペット料金で北川怪獣アパートに住もうと目論む。

猛毒宇宙人 ザゴン星人(ウルトラマンナイス)

【かぷじゅう】ザゴン星人


182話に登場した中学生。ホビーおたくの少女。モモザゴンを引き連れている。
クラスのみんなに印象を残そうと自己アピールしたが、同じ日に転校してきたベロクロンのインパクトの大きさにすべて持っていかれた。

凶獣 姑獲鳥(ウルトラマンダイナ)

姑獲鳥


路上で占い師を営む美女。凶報を悟る力を持つ。
183話に登場した際には投稿イラストよりもはるかに露出度が上がっている

巨大魚怪獣 ムルチ(帰ってきたウルトラマン)

巨大魚怪獣


194話に登場。喫茶メイツの看板娘。おっとりした物腰。

マグマ地底獣 ギール(ウルトラマンガイア)

[北川怪獣アパート入居希望] マグマ怪地底獣ギール


211話に登場。マグマ星人を先輩と慕っている少女。運が無い。同じ地底系であるゲオザークと仲が良い。
デザインはギールⅡがモチーフになっている。

スクラップ幽霊船 バラックシップ(ウルトラマン80)

入居希望 バラックシップ


212話に登場。かつて80に倒された太平洋の亡霊。脳髄に当たるコンピューターだけが生き残り人間に似た姿になって北川町にやってきた。喋り方は『魔法先生ネギま!』のチャチャゼロに似ている。

地中鮫 ゲオザーク(ウルトラマンティガ)

ゲオザーク


215話に登場する、地中戦型戦闘ロボット怪獣。珍しく人間型ではなく人魚をしている。ロボットのため、あるプログラムによって駆動するクセがある。

剛力怪獣 シルバゴン(ウルトラマンティガ)

【かぷじゅう】シルバゴン


216話に登場。シルバーカンパニーの新入社員で、動いている者しか認識できないほど視力が悪い眼鏡っ子で力が有り余っているドジっ子。ザラブに似ているのは気のせいだ。
もう一人がいるらしい。

古代怪獣 ゴモラ(ウルトラマン)

北川怪獣アパート・ゴモラ擬人化


超メジャー怪獣ながら登場は218話目(137話で80と戦っているヤツと同個体)。明朗快活な美少年で、大阪弁でしゃべる。ややポッチャリ体型で、長く伸びた三日月形の角からは超振動波も使える(原作ではこの部位ではなく鼻先から放っている)。
メフィラスの下で人間社会について学んでいる。

宇宙蝦人間 ビラ星人(ウルトラセブン)

宇宙蝦人間 ビラ星人


219話に登場。原作のユシマ博士がデザインモチーフになっている。北中に通うすらりとした長身の美少女で、容姿端麗頭脳明晰なクールビューティー。どこにも隙を見せないが、実は…。

亡霊怪獣 シーボーズ(ウルトラマン)

骨親子のご挨拶


223話に登場。宇宙に帰って行った白骨怪獣で、気が弱く心配性。息子が北川保育園に通っている。
なお、投稿時には息子の方がマン本編のシーボーズと言う設定で描かれていたが、本編では毒林檎氏によりマン本編のシーボーズを女体化し、その息子と言う設定で登板に至った。

獣人(ULTRASEVENX)

100年目の告白を...


225話に登場。北中の歴史教師。に触れると怪物の姿に戻ってしまうため、日々ジャミラとは違う意味で苦労している。


普通のイラストなどのお便りも募集しています(←重要)。


関連タグ

ウルトラマン ニコニコ動画 引っ越し完了 ウルトラ怪獣擬人化計画 怪獣擬人化 擬人化 女体化

pixivに投稿された作品 pixivで「北川怪獣アパート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 565256

コメント