ピクシブ百科事典

北斗星司

ほくとせいじ

「北斗星司」は、『ウルトラマンA』の登場人物であり、主人公。
目次[非表示]

演:高峰圭二

生い立ち

年齢20歳、7月7日生まれ。血液型B型。
元は広島県福山市パン屋で、パンの配送車の運転手として働いていた。ベロクロンにタンクローリーで特攻し命を落としたが、その勇気をウルトラ兄弟に認められて南夕子と共にウルトラマンエースから新たな命を与えられて復活、変身能力を与えられる。その後、夕子とともに故郷を後にしてTACに入隊する。

生後まもなく父親が他界しており、親のいない子供の気持ちを誰よりも理解している(戦災孤児設定のあるAと重なるところがある)。Aにはいろいろ問題を抱えた子どもが登場するが、北斗はその子たちに対して大変親身に接する。9歳まで寝小便の癖があったらしく、少年時代はぐれかかっていたこともある。そのため、暴走族や寝小便の治らない子供とも心を通わせた。
中学時代、同級生や知り合いの大学生とともに冬山で遭難したことがあるらしい。

性格

正義感は強いものの、血気盛んで猪突猛進気味。短気な部分もあり、第9話では高慢な民間人の女性をひっぱたいたり他の隊員と対立することが多く、謹慎処分をたびたび受けている。また馬鹿正直に策略にはまることもしばしば。
しかしながら負けん気の強さでへこたれてくさることがない。タフネスな青年である。

わかりやすく言えば古き良き熱血主人公そのもの。一言多く言ってしまう性分で、その度に夕子に酷い目に合わされている。夕子とウルトラリングを合わせることでウルトラマンAに合体変身していたが、第28話で月星人だった夕子が同胞の元へと去っていったため、その後は一人で変身している。

本編以後

最終回ではヤプール人残党の陰謀により、人を信じる気持ちを失いかけた子どもたちの心を救うため、地球から去る覚悟で自分がAであることを明かし、ジャンボキングを倒して地球を後にした。その際、自分を見送る子どもたちとTACの隊員たちにメッセージを残した。

優しさを失わないでくれ。
弱い者をいたわり、互いに助け合い、 どこの国の人達とも友達 になろうとする気持ちを失わないでくれ。
例えその気持ちが何百回裏切られようと。
それが私の最後の願いだ。 

ウルトラマンメビウス

その後(1986年ごろ)、ヤプールの怨念を封印するため他のウルトラ兄弟と共に再び地球に戻り、一時的に神戸市ホテルコック長として生活していた。
その後、エンペラ星人その配下となっていたヤプール一派との戦いの後、黒点の異常発達した太陽を鎮静化させるためにウルトラマンAに変身し、他のウルトラ兄弟と共に太陽で活動を展開している。
ヤプールの策略によって自分が守ってきた筈の地球人に殺されそうになった挙句、面と向かって侮蔑の言葉を浴びせられて絶望しかけたメビウスことヒビノ・ミライに地球を去る前の最後の願いをテレパシーで伝えている。ただし長い時を経ていたため、それが私の変わらぬ願いだと締めくくっていた。

ウルトラ銀河伝説ベリアル銀河帝国

エンペラ星人との戦いを終えたのちは、再び光の国に帰還しており、ベリアル襲来の際には他のウルトラ戦士たちと共にこれを迎え撃つが、力及ばず敗北。事件解決後は聴衆の1人として、ウルトラマンキングの演説を聞いていた。
その後、別宇宙で帝国を築き上げたベリアルがダークロプス軍団を送り込んだ際には、他のウルトラ戦士と共に迎撃に当たり、これを殲滅した。

ウルトラマンサーガ

他の兄弟と共に、バット星人が送り込んできた怪獣兵器の迎撃に当たった。

ウルトラマンギンガウルトラファイトビクトリー

いずれの作品も、エースの姿で登場しており、北斗星司としての姿は見せていない。

ダークルギエルの引き起こしたダークスパークウォーズに参戦しており、ダークスパークによる攻撃からタロウを庇って他のウルトラ戦士や怪獣共々スパークドールズにされてしまった。その後、地球に来ていたのか宇宙を漂っていたのかは定かではないが、ダークルギエルが倒されると同時に無事元の姿に戻ったらしく、タロウを介して他の兄弟共々ギンガ自らの力を授けている

ダークルギエルの脅威が完全に去った後、ヤプールが不穏な動きを見せていることを察知し、惑星ゴルゴダで超獣一味と戦っていたが、ビクトリーキラーの圧倒的な戦闘力の前に敗北寸前にまで追い込まれる。しかし、間一髪のところでビクトリーが救援に駆けつけ、超獣たちを倒したことでことなきを得る(この時、ギンガとビクトリーと初対面を果たした)。
その後は惑星グアでヤプールとの決戦に臨み、復活したジュダ・スペクターの配下であるスーパーグランドキング・スペクターに立ち向かった。

大決戦!超ウルトラ8兄弟

本編とは別の存在である北斗星司が登場。この世界では夕子と結婚して七海という娘ももうけており、横浜市でパン屋を営んでいる(これは、A本編で星司がパン屋の配達員をしていたことへのオマージュ)。

この世界でも少々短気な性格は相変わらずで、自分のことを「兄さん」と呼んだミライに対して「こんなヤツは知らん!!」と一喝するシーンがあった。一方で、暴走したトラックから子供を救う際には、真っ先にトラックの運転席に飛び込むなど、非常に勇敢な一面も見せている。

そんな彼であったが、終盤、ウルトラマンAとして活動している別世界の自分の記憶が宿ったことでAへの変身能力を手に入れ、ティガダイナガイアやその他のウルトラ兄弟たちと共に侵略者へと立ち向かった。

ULTRAMANでの北斗星司

俺の後輩がこんなに怪しいわけがない



声 - 潘めぐみ(モーションコミック版)

主人公:早田進次郎の通う高校の後輩として同名の人物が登場。

原典とは全く異なり、中性的な容姿をしている(ただし、原典同様、体格は平均的な男子と比較してかなり小柄)。性格もお人好し&熱血おバカではなく、やや自己顕示欲の強い傾向がある。また、電子端末を用いて情報収集を行うなど知性的な側面も垣間見える。小柄でひ弱そうな外見に反して身体能力はかなり高く、自分に絡んできた不良グループをたった1人でフルボッコにして逆に金を巻き上げるなど喧嘩にはめっぽう強い模様(これは装着している義手や義足のおかげとも考えられる)。

進次郎がウルトラマンスーツを着用して侵略者と戦っていることを知っており、自らも科学特捜隊への入隊を希望して彼へと接近、ほどなくして、遂に自らもウルトラマンスーツを着用して敵と戦闘した。ちなみに、スーツの形状はウルトラマンAと酷似しており、切断技を得意とするなど、往年のファンならニヤリとするであろう設定が垣間見える。

スーツは異星人移民団であるヤプールが星司のために製作したもののようで、進次郎や諸星の着用している科特隊のものとは出自が異なる。また、彼の両手両足は義足であり、スーツと同じくヤプールの技術により作り出されたものである。

実は、12年前の航空機墜落事件(ベムラーが起こしたとされる)の被害者の1人であり、スーツを着用して闘っていたのも自分を助けてくれた異星人への気持ちに報いるため、そして幼馴染である南夕子と共に暮らすことのできる世界を作り上げるためであり、彼らとの共存の邪魔になる連中を排除したいという思いからであった。一方で、活動資金を得るために社会悪への制裁と称して不良やならず者を襲撃して金品を恐喝するという身勝手極まりない行動も取っており、進次郎から激しい非難を浴びることになった。

pixivに投稿された作品 pixivで「北斗星司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33722

コメント