ピクシブ百科事典

北条サクラ

ほうじょうさくら

北条サクラとは、スイートプリキュア第8話に登場したキャラクターの名前である。
目次[非表示]

概要

マイナーランドの使者セイレーンの変身した姿で、偽名である。
の色はで、眼鏡っ娘である。
セイレーンは通常時(猫姿)でもエレン状態でも金色の瞳をしているが、サクラでいる時は髪色と同じ紫色の瞳をしている。

北条響南野奏との友情を破壊する事を目的とし、響に近寄るためにこの姿となった。
だが、作戦のための偽親友作戦であるにも関わらず、直に響に接するうちに情を移していった。

見た目の愛らしさや、偽親友作戦なのに、情にほだされてしまう、ちょろさもとい純真さや寂しさがスイプリファンの心に残ったらしく、人気が高い。

今後の登場予定は未定。というか、セイレーンがこうなってしまったため出ることは二度と無い可能性が高い(少なくとも本編が終了したので残るは映画プリキュアオールスターズということになるが)。結局ASNS3まで二度と出ることはなく、本放送で見逃した人にとってはもはやDVDなどでしか拝めないことになってしまった。

しかし、エレンとして響や奏と本当の友達になれたということを思えば、サクラも浮かばれたのではないだろうか。

なお、朝日放送のあらすじページに従えば、カタカナで「サクラ」と表記するのが一応公式となる。

本編でのエピソード

転校生で道がよく分からない、という設定で響に接近した。
響はサクラソウが好きという事前に調べた情報に従い、サクラソウ好きという設定
また、ポイ捨てが許せない響にアピールするために、空き缶を持参し拾って捨てるシーンを演出。
その結果、好感度をアップさせた。最後に偶然にも格闘技に興味があるというダメ押しで
狙い通り響の友人の座を射止めた。また苗字が同じであることから
「(苗字が同じで区別できないから、名前の)サクラって呼んで!」
というあざといアピールで親近感をアップさせる計算高さ。

一方で、その日の夜には奏の声マネで響に
「親友も、ともだちもやめたい。いっしょにプリキュアもできない」
と連絡し、友情に大きなダメージを与えることに成功した。
翌日、響と奏の喧嘩を現場で確認しニヤつくサクラであったが、
その後響の優しさに触れた彼女の頬にはなぜか涙が伝うのだった。

作戦はうまくいったかのように思われたが、
格闘技好きな設定なのに柔道のルールを全く理解しておらず試合開始とほぼ同時に敗れたり、
響が脚を痛めた時に試合をやめさせようとしたりするなど不自然な点が多く、
疑惑を持たれた上に、電話に身に覚えのない奏によって、結局効果が薄れてしまった。

最後には、サクラがその場に居合わせたハミィの名を口に出したことで響に正体がばれ、さらにその時音符を発見したため作戦を打ち切り2人の前でセイレーンの姿に戻りネガトーンを召喚した。
戦闘では、珍しくセイレーン自身も攻撃するが、奏の攻勢と響の技にあっさり負けて引き下がった。

関連タグ

スイートプリキュア 黒川エレン セイレーン(スイートプリキュア)

pixivに投稿された作品 pixivで「北条サクラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168623

コメント