ピクシブ百科事典

北条文乃

ほうじょうあやの

北条文乃はもしドラの登場人物。都立程久保高校の1年生で野球部マネージャー。
目次[非表示]

概要

テストでは常にトップだが、特にガリ勉ではないという超秀才。
しかし中学時代、優秀過ぎたばかりにいじめられた事がトラウマになっており、 悪気がなくても優等生である事を言及されると声を荒げてしまう。「え、あ、はい」が口癖。
しかしたまたま程高の近くを通っていた所、程高ナインと談笑していた宮田夕紀を見かけ、自分も彼女みたいになりたいと憧れを抱く様になり、程高へ入学した。
そしてお見合い面談をきっかけに夕起だけでなくみなみとも親しくなり、マネージャーとしても自信を着けて行く。

容姿・性格など

髪は(小説やアニメでは)青紫色のおかっぱで、瞳も濃いめの青紫色。コミック版だけ焦茶色だったのが黒に変更になった。
原作等ではみなみ達より小柄だが、アニメ版だけ身長162センチと、みなみよりもわずかながら背が高い。
性格は元々内気で人見知りが激しく、頑固な所もある。しかし一方で非常に芯が強く、いじめられても決して休学等はしなかった。また、一度打ち解けた相手には気さくに会話ができる一面もある。
マネージャーとしても優秀で、野球に詳しく部員の事も丁寧に観察しており、コミック版では柏木次郎が感情を表に出しやすいと言う、キャッチャーとしては致命的な欠点を持っている事をみなみに報告している(ちなみに、みなみもこの点に気付いていた)。
また、少なくとも二階正義よりはキャッチボールが上手い様に運動神経もかなりのもので、ラスト近くでその威力を発揮する事となる。

AKB48渡辺麻友がモデルになっている。






ラストでは(ネタバレ注意)

2年の春頃、みなみ以外の他の部員と共に夕紀に病室に呼ばれる。
そしてある覚悟を決めた夕紀に、みなみに関する重要な願いを託され、実行に移す。
その時の彼女は、みなみが初めて出会った頃の彼女では無かった。


キャラクターボイス

仲谷明香が担当。

実写映画版キャスト

峯岸みなみが担当。

関連タグ

もしドラ 野球 マネージャー AKB48 渡辺麻友 ジャージ

pixivに投稿された作品 pixivで「北条文乃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75553

コメント