ピクシブ百科事典

北条響

ほうじょうひびき

『スイートプリキュア♪』の主人公。
目次[非表示]

CV:小清水亜美

概要

明るく少しおっちょこちょいだけど、誰よりも負けず嫌い。
私立学園アリア中学校に所属し、スポーツが大得意で甘い物が大好物。
奏が作るカップケーキは特にお気に入り。
口癖は「ここで決めなきゃ女がすたる!

音楽の世界では天才といわれる父と世界的なヴァイオリニストの母の間に生まれたある意味でのサラブレッドだが本人はあまり音楽が好きではない。(小学生の時の出来事が原因)

南野奏とは幼少の頃からの親友で、とても仲が良かった。
しかし本作の開始時点ではやや不仲になってしまっている(入学式の時に起こったある出来事が原因らしい)。

キュアモジューレにドリーを装着して、キュアメロディに変身する。

部活の助っ人

数々の部活に助っ人として呼ばれている。
特定の部活に入るより、色々なスポーツに挑戦したいからと言う理由があるらしい。
サッカーやヴァレーボール等はもちろん、柔道の様な高度な技術が要求されるスポーツもこなせる事から、運動神経は大変高い。
同じ部活の助っ人(同業者?)として西島和音がいる。彼女とは仲が良いようだが…。
ここでも口癖は「ここで決めなきゃ女がすたる!

性格

正義感が強く、曲がったことを嫌い、歴代主人公の中では一番中性的な内面を持っている。
元気で明るく、なぎさりん (後にあかねなお)、マナと同様スポーツガールの一人である。
家で暇さえあれば筋トレをしたりと体育会系のノリはあるが、先述の理由で一つのクラブに所属し続けようとせず、夏場の合宿なども参加していないらしい。
いわゆる、フリーランスみたいなものだろうか。
自分なりに自由に生きると言う現代っ子気質だが、参加した部活は決して投げっ放しにせず、責任を持って全力投球する。

しかし、案の定学力は非常に悪いらしく、テストの時は憂鬱になってしまう。
奏やエレンのテストが光り輝いて見えてしまう辺り、お察しください…。
(また、のちに登場したアコも学力が高い。)

そんな彼女だが、今作の4人の主人公達の中でも一番繊細な性格とも言われている。
友人や父親の些細な言動でかなり傷ついたり、海外演奏旅行中の母親には甘えて泣いたりと、繊細で寂しがり屋な一面もある。
その事はプリキュアに変身しても変わる事はなく、歴代主人公プリキュアとして勇ましい姿を見せる一方で、相手の悲しみや苦しみを自分の事の様に理解できるのもそのためと言えよう(もっとも、心優しく繊細なのは、プリキュア主人公のもう一つの伝統とも言える特徴である)。
プリキュアシリーズが、敵も救うために活躍すると言うテーマも明確に強調し始めたのも、おおよそ彼女が発端である模様(劇場版シリーズ途中敵を救った子もいるが彼女の場合は、敵の親玉までも救っている。)

プリキュアの仲間たちとは家族みたいな絆で結ばれている。

家庭環境

父:北条団
母:北条まりあ

ハイスペック家族


本作以前のプリキュアシリーズでは、ピンクチームに属する主人公は両親と共に暮らし、父は昼は仕事で多忙だが家に帰れば娘にベタ甘で、母は夫の家業が自営業の場合は仕事面で支える事もあるが、基本的には家事全般を担う主婦、と言う暗黙のルールがあった。
そのルールを破った初めてのピンクプリキュアが、響である。
彼女の母親は自分の夢を追って世界中を飛び回っている為、家には滅多に帰らない。その為彼女は父親に育てられているが、その父親も仕事が忙しく娘になかなか構う事ができない。いわば彼女は家庭の中で「自立」を強いられているわけだが、本作でその事は決してマイナスとしては描かれておらず、当の本人は両親共に多忙な事をむしろ誇りにさえ思っている。両親も娘を深く愛してはいるが、彼女の自立心を常に尊重しており、基本的に愛情を押しつけたりはしない。
初代シリーズ放映時の頃から両親が共働きの家庭が増えた事による「子供がいる家庭のリアルな姿」が変貌した事への影響でもあるが、プリキュアシリーズが常にその時代の子供にとっての『現実』を意識している証左でもある。

なお、主人公(ピンク)でないプリキュアの家庭環境については暗黙のルールらしき物は無く、様々なパターンがある。むしろ両親と一緒に暮らしていないプリキュアがほとんどの作品に最低一人は存在する。
特に「スイプリ」はシリーズにおいてもレアケースで、元妖精のエレンはそもそも天涯孤独、アコクーデター回避で単身亡命中という状態の為、実は常時両親が揃っているのは奏のみ

ファッション

私服の時は素足にスニーカーを履いている。
変身前の髪形は歴代で最も派手。
このロングヘアーだとセットが大変そうだが、朝のセットは一瞬で終わる。

中の人について

響を演じた小清水亜美は初代越野夏子(偽キュアブラック)を演じており、本人も「偽プリキュアが本物になりました〜!」と報告している。
演じた響に対して初期は「やんちゃな小学生男子」「歴代主人公で一番ボーイッシュな女の子」といったイメージを持ち、物語が進むにつれて響と精神的にシンクロしていった(この年の彼女は下ネタを封印した綺麗な小清水だった)。
スイートプリキュアの最終決戦は彼女の価値観に影響を与え、その考えを大切に思っている。

関連イラスト

北条響1
ちびっこいの


やっぱ奏のケーキは美味しいね!
響



中には響に惣流・アスカ・ラングレーのコスプレさせたイラストも。違和感がない。

スイートプリキュア♪ヒビキスペシャル★爪弾くは魂のルフラン♪♪



関連タグ

スイートプリキュア キュアメロディ 南野奏 ノイ響 ひびかな ひびわお ハミィ 素足履き 碧眼

Go!プリンセス響ちゃん

関連キャラ

美墨なぎさ運動神経抜群娘、1人目のプリキュアポジション繋がり⇒なぎひび
日向咲運動神経抜群娘繋がり⇒咲ひび
夢原のぞみ…カラーリング、声優ユニット±ふぃに/のぞひび
夏木りん運動神経抜群娘繋がり⇒りんひび
桃園ラブ…カラーリング、ツインテール繋がり⇒ラブひび
日野あかね運動神経抜群娘繋がり⇒ひびあか
緑川なお運動神経抜群娘繋がり
相田マナ…カラーリング、キャラクターデザイン繋がり⇒ひびマナ
天ノ川きらら…ツリ目、容姿がよく似ている⇒ひびきら

ナージャ中の人繋がりでかつニチアサ繋がり⇒キュアアップル/キュアナージャ
越野夏子中の人繋がりで子供たち相手にキュアブラックを演じていた少女

他の記事言語

Hibiki Houjou

pixivに投稿された作品 pixivで「北条響」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14731889

コメント