ピクシブ百科事典

北条響

ほうじょうひびき

『スイートプリキュア♪』の主人公。
目次[非表示]

CV:小清水亜美

概要

明るく少しおっちょこちょいだけど、誰よりも負けず嫌い。
私立学園アリア中学校に所属し、スポーツが大得意で甘い物が大好物。
奏が作るカップケーキは特にお気に入り。
口癖は「ここで決めなきゃ女がすたる!

音楽の世界では天才といわれる父と世界的なヴァイオリニストの母の間に生まれたある意味でのサラブレッドだが本人はあまり音楽が好きではない。(小学生の時の出来事が原因)

南野奏とは幼少の頃からの親友で、とても仲が良かった。
しかし本作の開始時点ではやや不仲になってしまっている(入学式の時に起こったある出来事が原因らしい)。

キュアモジューレにドリーを装着して、キュアメロディに変身する。

部活の助っ人

数々の部活に助っ人として呼ばれている。
特定の部活に入るより、色々なスポーツに挑戦したいからと言う理由があるらしい。
サッカーやバレーボール等はもちろん、柔道の様な高度な技術が要求されるスポーツもこなせる事から、かなり運動神経は高い。
同じ部活の助っ人(同業者?)として西島和音がいる。彼女とは仲が良いようだが…。
ここでも口癖は「ここで決めなきゃ女がすたる!

性格

正義感が強く、曲がったことを嫌い、歴代主人公の中では一番中性的な内面を持っている。
元気で明るいのはプリュアの伝統である(つぼみは唯一の例外)。
なぎさりん (後にあかねなお)、マナと同じくスポーツガールの一人である。
家で暇さえあれば筋トレをしたりと体育会系のノリはあるが、先述の理由で一つのクラブに所属し続けようとせず、夏場の合宿なども参加していないらしい。
いわゆる、フリーランスみたいなものだろうか。
自分なりに自由に生きると言う現代っ子気質だが、参加した部活は決して投げっ放しにせず、責任を持って全力投球する。

しかし、案の定(?)勉強の成績は非常に悪いらしく、テストの時は憂鬱になってしまう。
奏やエレンのテストが光り輝いて見えてしまう辺り、お察しください…。
(また、のちに登場したアコも学力が高い。)

そんな彼女だが、今作の4人の主人公達の中でも一番繊細な性格とも言われている。
結構友人や父親の些細な言動で傷ついたり、海外演奏旅行中の母親には甘えて泣いたりと、繊細で寂しがり屋な一面もある。
その事はプリキュアに変身しても変わる事はなく、歴代主人公プリキュアとして勇ましい姿を見せる一方で、相手の悲しみや苦しみを自分の事の様に理解できるのもそのためと言えよう(もっとも、心優しく繊細なのは、プリキュア主人公のもう一つの伝統とも言える特徴である)。
プリキュアシリーズが、敵も救うために活躍すると言うテーマも明確に強調し始めたのも、おおよそ彼女が発端の模様(劇場版シリーズ途中敵を救った人もいるが彼女の場合は、敵の親玉までも救っている。)

プリキュアの仲間たちとは家族のような絆で結ばれている。

家庭環境

父:北条団
母:北条まりあ

ハイスペック家族


本作以前のプリキュアシリーズでは、ピンクチームに属する主人公は両親と共に暮らし、父は昼は仕事で多忙だが家に帰れば娘にベタ甘で、母は夫の家業が自営業の場合は仕事面で支える事もあるが、基本的には家事全般を担う主婦、と言う暗黙のルールがあった。
そのルールを破った初めてのピンクプリキュアが、響である。
彼女の母親は自分の夢を追って世界中を飛び回っている為、滅多に家には帰らない。その為彼女は父親に育てられているが、その父親も仕事が忙しく娘になかなか構う事ができない。いわば彼女は家庭の中で「自立」を強いられているわけだが、本作でその事は決してマイナスとしては描かれておらず、当の本人は両親共に多忙な事をむしろ誇りにさえ思っている。両親も娘を深く愛してはいるが、彼女の自立心を常に尊重しており、基本的に愛情を押しつけたりはしない。
初代シリーズ放映時の頃から両親が共働きの家庭が増えた事による「子供がいる家庭のリアルな姿」が変貌した事への影響でもあるが、プリキュアシリーズが常にその時代の子供にとっての『現実』を意識している証左でもある。

なお、主人公(ピンク)でないプリキュアの家庭環境については暗黙のルールらしき物は無く、様々なパターンがある。むしろ両親と一緒に暮らしていないプリキュアがほとんどの作品に最低一人は存在する。
特に「スイプリ」はシリーズにおいてもレアケースの部類で、元妖精のエレンはそもそも天涯孤独、アコクーデター回避で単身亡命中という状態の為、実は常時両親が揃っているのは奏のみ

ファッション

私服の時は素足にスニーカーを履いている。
変身前の髪形は歴代で最も派手。
このロングヘアーだとセットが大変そうだが、朝のセットは一瞬で終わる。

各話ネタ

※追加あればお願いします。

テレビ

  • 第1話
    • スイーツ部に侵入して奏の作ったカップケーキをつまみ食いする。
    • その後ケーキのクリームが顔についていることを奏に指摘され、舌で舐めとる。
つまみぐい



  • 第2話
    • 奏と衝突するようになったのは入学式で奏が約束を破った(と思いこんだ)ことにあったのだが誤解とわかって和解した。
  • 第3話
    • 音楽嫌いということが発覚する。その原因は小学校の頃に父に言われた一言にあったのだったが、その真意に気付くと音楽への情熱を取り戻す。
  • 第4話
    • 奏がつくったブラックケーキを試食するも感想が「いつも作っているいちごのケーキがいい」だったので奏を怒らせてしまう。
  • 第5話
    • に頼まれて奏と共に1日レポーターになる。初めは断るつもりだったが、ピザ食べ放題に釣られてやることにした。
  • 第6話
    • アコと初めて出会うが、彼女の辛辣な言葉に奏ともどもムカついてしまう。
    • 戦闘ではミラクルベルティエを入手。決め技「プリキュア・ミュージックロンド」でネガトーンを浄化。

Melody



  • 第7話
    • 奏と連弾の練習をするがうまくいかずケンカをしてしまう。
    • その後音吉が人形を落としてしまったことから奏とともに音吉を探すことに。途中でいろいろぶつかり合いながらも昔のことを思い出す。
  • 第8話
    • セイレーンが変身した北条サクラと知り合い、好みが一緒(実際はセイレーンが響の好みを調べ上げ、好みを合わせていた)だと分かると親友になった。
    • ニセ電話にひっかかって奏と距離を置いてしまうが、試合中に負傷してしまったことで奏の厳しくも暖かい激励で試合を続行した。
    • 試合後サクラがセイレーンだと気付いてしまいショックを受ける。「サクラの事、本当の親友だと思っていたのに!」
    • 事件解決後奏と仲直りするも、翌日響は奏を一番の友達であることを言ったのに対して奏の方は「私の友達はスイーツです。」と言ってしまいまたもや言い合いになってしまう。
  • 第9話
    • 奏太、アコと共に登校するも小学校の校門前まで来てしまいアコに突っ込まれる。
    • クラスメイトが日直当番の仕事に完璧にこなした奏のことを聞いてきたのに対し、響は「見えないところで努力をするタイプ」と答える。
    • 父が演奏会前で忙しいので自らカレーを作っていたのだが、肉も剥いたジャガイモもそのまま鍋に入れて火をかけようとするという料理が不得意な一面を見せ、家にやってきた奏に手伝われることになる。
    • 戦闘ではリズムを庇って負傷するものの、自分を責める彼女に「私たち仲間じゃん!」と叫ぶ。その言葉がリズムの新たな力を生み出す原動力になる。
  • 第10話
  • 第11話
  • 第12話
    • 和音がキュアミューズではないかと考える。
  • 第13話
  • 第14話
  • 第15話
    • 王子先輩を遠くから見つめうっとりする奏を呆れた目つきで見る。
    • 王子先輩の誕生日パーティを奏の家の「LuckySpoon」でやることとなり、試食をしながらパーティの準備を手伝う。
    • 王子先輩に彼女がいるんじゃないかと思いこみ意気消沈した奏を励ます。
    • 王子先輩がセイレーンを押し倒したと思いこんでしまって半狂乱になる奏を呆然と見つめる。
  • 第16話
    • セイレーンの作戦に引っ掛かり奏と仲違いする。
    • ハミィの提案で奏と交換ステイをする。
    • 奏の家に向かうと奏太のイタズラなどに悩まされるものの、奏の家族と食事していくうちに楽しい気分になる。
    • 母のまりあが帰国してくるが彼女が奏は悪い子と吹き込まれて母と奏でのどちらを信じていいのか迷ってしまうが、本物のまりあが現れたことや先ほどのまりあがセイレーンが身につけていたネックレスをしていたことから先ほどのまりあがセイレーンが化けていたことに気がつく。
    • 直後セイレーンが音符の付いていたメトロノームでネガトーンを召喚。奏と共に変身するがネガトーンの能力に苦戦する。「ミューズがいれば」とぼやくリズムに「自分たちで解決しよう」と言い放ち、自分たちが交換ステイで見つけた相手の知らなかった部分を思い出し合う。そして自分たちのベルティエの一部を交換してクロスロッドを編み出し、新技「プリキュア・ミュージックロンド・スーパーカルテット」でネガトーンを浄化する。

せーの、フィナーレ


  • 第17話
    • 母まりあと一緒に過ごすことになるが、王子先輩などファンが多かったせいかなかなか甘えられることができない。
    • そのうえ、奏との連弾をまりあの前で披露するも、当のまりあは居眠りをしてしまい響は失望しかけてしまう。

なんどもリピートして


    • しかし、セイレーン響になりすまし町の人を操ってしまい彼らに襲われてしまうも、母の機転により危機を脱しキュアメロディに変身。ネガトーンを浄化する。
    • 渡仏前にまりあから自分の名前の由来を知り、父同様自分を愛していることをわかりまりあの胸を借りて泣いた。
    • 母の乗る飛行機を見送りながら、「ピアニストになる」決意を固める。
  • 第18話
  • 第19話
    • セイレーンの作戦に引っかかり、奏とバラバラにされて異空間に閉じ込められてしまう。
    • しかし、人々の嘆き悲しむ声を聞いてジッとしていられずどうにか脱出。同じく脱出した奏と共に変身、ケンカしながらもネガトーンと戦い浄化した。この話は無印8話のオマージュであると思うのだが…。
  • 第20話
  • 第21話
    • アフロディテに、ハミィセイレーンの関係を自分達2人と同じだと言われ、例え相手が悪の道に進んでも、自分は信じると答える(この時響は知らなかったがアフロディテ自身も悪堕ちされていた)。
  • 第22話
    • プリキュアに変身したセイレーンを、いつもの作戦ではないかと疑う。
  • 第23話
    • 奏と共にエレンに想いを口にするよう促す。
  • 第24話
    • サンドアートでハンバーグを提案するも、奏に却下される。
  • 第25話
  • 第26話
  • 第27話
  • 第28話
    • 冒頭の音符探しでカブトムシを捕まえてしまいハミィに怒られカブトムシを逃がされる。
  • 第29話

北「なんかこの森身体に力が満ち溢れてくる」



  • 第30話
    • 小テストで散々な成績を取って落ち込んでしまうものの、クレッシェンドトーンのが増しで元気になる。
    • 戦闘中でネガトーンの出すクイズに答えられず苦戦するものの「今は答えられなくてもいつかは応えられてみせる!」と諦めない決意を口にする。その言葉はバスドラに否定されるもののクレッシェンドトーンからは「私にとっては花丸です。」と称賛される。直後彼女の助力で…うまくいかなかった。
  • 第31話
    • ヒーリングチェストの力を使いこなすためにはどうしたらいいかとクレッシェンドトーンに聞いてみるも、散々焦らされた上「自分たちで考えなさい」と言われ煙に巻かれてしまい思わずヒーリングチェストを振り回してフェアリートーンに怒られる。
    • そのあとのハミィの言葉でプリキュアの力を高めるためのキャンプを思いつく。
    • キャンプでは空手を指導するがあまりのきつさに奏とエレンからは不評の声が上がり、奏の指導によるダンスではエレンと共に物足りなさを感じ、エレンの指導による座禅は音吉の本からの知識によるものと聞いてあきれつつも夕方までやっていた。
  • 第32話
  • 第33話
  • 第34話
  • 第35話
    • 戦闘中にキュアビートがメフィストの耳に装着されていたのを見つけたことでメフィストの背後に黒幕がいるのではないかと推測する。この時のセリフ「私達はメフィストと戦っているんじゃない。メフィストを操る悪と戦っている。」はキュアミューズの決心にも繋がった。
  • 第36話
    • 奏、エレンと共に変身してネガトーン化メフィストに立ち向かうもその強大な力に太刀打ちできず仲間とともに拘束されてしまう。しかし父であるメフィストと戦うことができないキュアミューズを仲間と共に励ました。
  • 第37話
    • 海賊の格好でハロウィンを楽しむ。
    • 戦闘では単独でネガトーンに挑むキュアミューズにキャンディをくわえさせながら「もう一人で頑張らなくていい」と諭す。その後「プリキュア・スイートセッションアンサンブルクレッシェンド」でネガトーンを浄化しようとするもののファルセットが不幸のメロディを唄ったことでクレッシェンドトーンが姿を消してしまったため、リズム・ビートと共にパッショナートハーモニーでファルセットの歌を止めさせミューズのネガトーン浄化をアシストした。
    • 戦闘後ドドリーを追いかけ回すミューズを「まったく世話のかかる妹だね」といいつつ優しげに見つめていた。
  • 第38話
  • 第39話
  • 第40話
  • 第41話
  • 第42話
  • 第43話
  • 第44話
  • 第45話
  • 第46話
  • 第47話
  • 第48話

映画

  • DX3
    • 冒頭でハミィがファッションショーに乱入してしまって彼女を追いかけていくうちに自分も乱入。舞台でコケてしまって観客に大爆笑される。その後つぼみに手を差し伸べられる。
    • ハミィがしゃべったことをつぼみ達に知られ、えりかに「(プリキュアに)なっちゃうんでしょ?」と絡まれる。
    • MHからハートキャッチプリキュアまでの映画版敵ボスが登場した時、つぼみたちがプリキュアだったことに奏と共に盛大に驚く。
  • とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪
    • 後半の戦いで、ハウリングに捕われ苦しむリズムの姿を見て今までにない程の怒りを見せ、彼女を救うために一人でハウリングに立ち向かい、意識を失う程のダメージを受けてしまう。
    • リズムの泣き声を聴き、手を握るように動かすメロディ。その諦めない心をクレッシェンドトーンに認められ、クレッシェンドキュアメロディとなって蘇る。光の矢のように一瞬でリズムを救い出した。
  • NS3
    • 夢の世界でピアニストになっていた。
    • 夢の世界から脱出した後の悪夢獣との戦いでキュアピーチと共闘。


中の人について

響を演じた小清水亜美は初代越野夏子(偽キュアブラック)を演じており、本人も「偽プリキュアが本物になりました〜!」と報告している。
演じた響に対して初期は「やんちゃな小学生男子」「歴代主人公で一番ボーイッシュな女の子」といったイメージを持ち、物語が進むにつれて響と精神的にシンクロしていった(この年の彼女は下ネタを封印した綺麗な小清水だった)。
スイートプリキュアの最終決戦は彼女の価値観に影響を与え、その考えを大切に思っている。

関連イラスト

北条響1
ちびっこいの


やっぱ奏のケーキは美味しいね!
響



中には響に惣流・アスカ・ラングレーのコスプレさせたイラストも。違和感感じない。

スイートプリキュア♪ヒビキスペシャル★爪弾くは魂のルフラン♪♪



関連タグ

スイートプリキュア キュアメロディ 南野奏 ノイ響 ひびかな ひびわお ハミィ 素足履き 碧眼

Go!プリンセス響ちゃん

関連キャラ

美墨なぎさ運動神経抜群娘、1人目のプリキュアポジション繋がり⇒なぎひび
日向咲運動神経抜群娘繋がり⇒咲ひび
夢原のぞみ…カラーリング、声優ユニット±ふぃに/のぞひび
夏木りん運動神経抜群娘繋がり⇒りんひび
桃園ラブ…カラーリング、ツインテール繋がり⇒ラブひび
日野あかね運動神経抜群娘繋がり⇒ひびあか
緑川なお運動神経抜群娘繋がり
相田マナ…カラーリング、キャラクターデザイン繋がり⇒ひびマナ
天ノ川きらら…ツリ目、容姿がよく似ている⇒ひびきら

ナージャ中の人繋がりでかつニチアサ繋がり⇒キュアアップル/キュアナージャ
越野夏子中の人繋がりで子供たち相手にキュアブラックを演じていた少女

他の記事言語

Hibiki Houjou

pixivに投稿された作品 pixivで「北条響」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14556478

コメント