ピクシブ百科事典

千姫

せんひめ

女性の名。実在の人物の他、複数作品のキャラクターがある。
目次[非表示]

人名一覧

  1. 実在の人物(江戸時代初期)。徳川秀忠女、豊臣秀頼室、本多忠刻室。
  2. 薄桜鬼」の登場キャラクター。
  3. 戦国ランス」の登場キャラクター。
  4. 百花繚乱サムライガールズ」の登場キャラクター。

実在人物の千姫

千姫


江戸幕府二代将軍・徳川秀忠の長女。
母はその正室で「浅井三姉妹」の三女として知られる(崇源院)。

慶長2年(1597年)4月11日、山城国伏見城内の徳川屋敷で誕生。
慶長8年(1603年)に江戸幕府誕生と前後して、豊臣家側の慰撫を目的とした政略結婚により豊臣秀頼のもとに嫁ぐ。当時秀頼は10歳、千姫も6歳という共に幼齢での婚姻であったものの夫婦仲は割と良好だったらしい。また、秀頼の生母は江の姉で三姉妹長女の茶々(淀君)であるため、両者は従兄妹の関係でもある。

慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で豊臣家が滅亡するに際し救出される。
秀頼との間に子は授からなかったが、このとき処刑されそうになった秀頼と側室の娘(後の天秀尼)を千姫は自らの養女にすることで助命している。

元和2年(1616年)、徳川家譜代大名中の名門・本多家の嗣子であった忠刻(本多忠勝の孫)に再嫁した。忠刻との間には1男1女を授かるが元和7年(1621年)に長男・幸千代が3歳で没し、寛永3年(1626年)には夫・忠刻、姑・熊姫、母・江が次々と没してしまい、千姫は娘・勝姫と共に本多家を離れ江戸城に入り、以後は出家し天樹院と号した。

その後は2年ほど娘と二人暮らしを続けるが、寛永5年(1628年)に勝姫が父・秀忠の養女として池田光政の元へ嫁ぎ、一人暮らしとなる。正保元年(1644年)には江戸城から移った弟・徳川家光の側室・夏(後の順性院)とその後生まれた家光の三男・綱重と暮らすようになる。このことで大奥で大きな権力を持つようになったとされる。

寛文6年(1666年)2月6日、江戸で死去。享年70歳。

薄桜鬼」の千姫

お千ちゃん



戦国ランス」の千姫

千姫さん



百花繚乱サムライガールズ」の千姫

みかんさんと「百花繚乱」!!



関連タグ

江戸時代  徳川秀忠  豊臣秀頼
戦姫

pixivに投稿された作品 pixivで「千姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 802821

コメント