ピクシブ百科事典

千手扉間

せんじゅとびらま

千手扉間とは、漫画・アニメ『NARUTO』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:堀内賢雄

初代火影である千手柱間の弟で、二代目火影猿飛ヒルゼン志村ダンゾウは彼の直属の部下にして弟子。飛雷身の術を始めとする時空間忍術に長けていた他、水遁系の術を得意とし水がない所でもレベルの高い水遁忍術を使うことができる。

忍術の発明家でもあり、飛雷神の術や多重影分身の術を始めとした様々な術を考案し編み出した。
しかし一方で、最悪の禁術として扱われる穢土転生を開発した張本人でもある為、歴代の火影の中では危険人物として他の里の忍達からは嫌われていた模様。

兄の意志を受け継ぎ、アカデミー、木ノ葉警務部隊を創始した。
うちはマダラによる木の葉襲撃後はうちは一族を警戒し管理、監視するために警務部隊を任せるという名目で里の隅にひとまとめにした。
このことで一族の管理が目的であると気付いたうちは一族からの不満を買い、後のうちは一族によるクーデターを助長したと言われる。
(もっとも、うちは一族の長であったうちはマダラによる無とオオノキを独断襲撃した件や、九尾とともに木の葉の里襲撃した件などを考慮するとこれでも好待遇であったともいえる)

また、誤解されがちではあるがうちは一族を警戒はすれど嫌っているわけではなく、うちはカガミ の様に一族の枠を超えて里につくしてくれるものであればうちはであろうと部下として重用する公正な考え方をもっている。

雲隠れの里と和平を結ぼうとするも、会談時にクーデターを起こした金角銀角兄弟により二代目雷影共々殺害される。殺される直前、猿飛ヒルゼンを三代目火影に任命している。

その後、木ノ葉崩しの際に大蛇丸の穢土転生により口寄せされ三代目と戦うことになるが、最終的に屍鬼封尽により封印された。
その後、第四次忍界大戦中、復活した大蛇丸に他の火影と一緒にもう一度穢土転生される事になり、うちはサスケの返答を聞いた後、歴代火影と共に戦場へ向かう事になる。

人物

厳格な人物で、目標に対して情熱的に突き進んでいく性格だが、同時に里のためなら非情な手段も辞さないリアリストな一面も持ち、甘い部分が目立つ兄柱間を補佐していた。

関連タグ

NARUTO 木ノ葉隠れ 火影 卑劣様 千手柱間

pixivに投稿された作品 pixivで「千手扉間」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1955386

コメント