ピクシブ百科事典

南方熊楠

みなかたくまぐす

南方熊楠とは、日本の博物学者、生物学者(特に菌類学)、民俗学者である。

概要

和歌山県出身の人物で、「粘菌」の研究にて有名な人物であるが、熊楠の学風は「ひとつの分野に関連性のある全ての学問を知ろう」とする膨大なものであり、土蔵や那智山中にこもっていそしんだ研究からは、曼荼羅のような知識の網が産まれた。

その知識の網は非常に膨大な範囲に広がり、民俗学者、博物学者としての評価も高まっている。しかし、粘菌以外の分野に関しては殆ど論文を発表しておらず、公式には植物学者としての業績のみが認められている。

南米各地を放浪し、イギリスへ留学。1900年に帰国して郷里の田辺市に定住。研究の傍ら、神社合祀令に反対運動を起こし、鎮守の森を破壊から守ろうとした。1929年に行幸した昭和天皇を神島で案内を務め、粘菌や海洋生物の標本をキャラメル箱に入れて献上し、周囲を驚かせた。天皇は熊楠に大変な好印象を持たれ、後に彼を偲んだ御歌を送った。

妖怪の研究もしており、水木しげる荒俣宏らも熊楠を題材とした著書を出している。
研究者として大学その他の研究機関に籍を置くことはなく、生涯在野の好事家として過ごし、作り酒屋を営む弟の援助で食べていた(要は田舎のニートである)。卓越した学識とは裏腹に奇行が多く、大飲みで極度の癇癪持ちでもあった。だけで野山へ採取に行き、農村の娘を驚かせたり、自由自在に嘔吐したり、そっち方面でも様々な伝説を残した。

関連タグ

学者 民俗学 柳田國男 昭和天皇 水木しげる 荒俣宏

pixivに投稿された作品 pixivで「南方熊楠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3154

コメント