ピクシブ百科事典

南空ナオミ

みそらなおみ

南空ナオミとは、漫画・アニメ『DEATHNOTE』のキャラクター。

CV:松井菜桜子

1976年2月11日生
水瓶座
身長171cm
体重46kg
血液型A型
好きな物は「革ジャン」
嫌いなものは「スカート」
レイ・ペンバーの婚約者。元FBI捜査官。

女性でありながら異例の早さでFBI捜査官として採用される。ある事件でのミスを機に休職中の身でありながら「ロサンゼルスBB連続殺人事件」と呼ばれた難事件にてLの下で捜査し、2002年8月22日に犯人ビヨンド・バースデイを逮捕した優秀な人物。







以下、ネタばれを含みます

本編では日本に極秘調査のため潜入したレイ・ペンバーに連れられ日本に帰国していた。
レイから尾行任務中にバスジャックに巻き込まれた話を聞き、それが偶然ではないと直感。
彼の死後そのバスジャック犯が出所してすぐに事件を起こして死んだこと、そしてバスジャック犯と同時に釈放された別のひったくり犯も同様に死んだことから、二つの事件を結び付けこれらがキラの仕業であると断定するに至る。そしてこの二つの死が心臓麻痺ではなかったことから、キラは心臓麻痺以外でも人を殺せるという事実に、誰よりも早く辿り着いている。
彼女がバスジャック犯だけはキラに利用されていたとしか考えられなかったのは、レイがバスジャック事件の最中にやむを得ずIDを第三者に見せたという話を聞いていたからであり、その事実からキラがそのバスジャック事件の関係者の中にいるというところまで辿り着いていた。

このナオミの推理は証拠こそないもののキラ事件の真相にほぼ迫るものであり、月にとっては序盤最大の危機というべきものであった。

ナオミの最大の不運は警察庁本部で月、すなわちキラと偶然に出会ってしまったことであり、結果として月の誘導によって自身の本名を彼に明かしてしまい、殺されてしまった。

月とナオミのやり取りは、月の驚異的な記憶力と話術、とっさの判断力が光る序盤屈指の名場面である。

 また、西尾維新の小説版だと、竜崎と名乗る男と共に捜査しており、Lに例のカポエイラを教えたのもナオミである。

関連タグ

DEATHNOTE レイ・ペンバー

pixivに投稿された作品 pixivで「南空ナオミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40827

コメント