ピクシブ百科事典

原澤新三郎時高

はらざわしんざぶろうときたか

架空の人物
目次[非表示]


原澤新三郎時高
いまは2012.3に原沢景勝に変更しました。
越後国南魚沼の生まれ、与板の出身。
12月15日生 O型
四小姓の一人

人物

よく右目をつぶる癖がある。そのため隻眼で描かれることが多い。
お人好しで何事にも派手でオーラルな人物だった。

容姿

顔は母親似。結構力持ち、右目が悪くたまに眼鏡をかける。大体はかけていない。眼帯か片眼をつぶっている。
身長は170ぐらい

作品

忍たまきかんしゃトーマス 鉄道将校オリジナル作品四小姓の両方で使いたいと思ってます

補足

鉄道将校と四小姓の2種類ある

流派

剣の流派は
野田新影流。または柳生説(上泉伊勢守の流派)
※上泉伊勢守の門下にはあの柳生氏陰流柳生石舟斎がいた。伊勢守の弟子で野田新影流を興した原沢左右衛門とかかわりがあるからとされる。

祖先

祖先はいまいち分からなく主に越後、上野信濃に集中している。諸説あるとされるが原澤監将道長の子孫。
元来では、平家説があるが、それは宮崎県の説なので考えにくいとされる。1番近いと思われるは新田義貞説と藤原秀郷説がある。子孫の方が著した「新田義興と原澤一族」というような書籍があります。しかしそれは伝説でしかありません。彼の生まれた魚沼郡の原沢氏も同じ一族ということです。他には真田家臣にも原沢氏が見えますが、こちらも同族と推測される。
尚、この原沢氏は代々修験者を輩出したそうで(子孫も日光の修験道に属する)、そうすると原沢氏の実際の祖は新田義興ではなく、修験道に関わる一族の子孫であったことが推測されます。

コメント