ピクシブ百科事典

原点にして頂点

げんてんにしてちょうてん

『機動戦士ガンダム』の主人公、アムロ・レイを象徴する言葉であり、始まりと最高の状態を兼ねているということ。多くは賞賛の意味で使われる。
目次[非表示]

概要

シリーズ作品にて、第一作やその主人公へのリスペクトを示す表現。

経緯

遅くとも既に1995年にはネットで使われている言葉。
ただし、ニコニコ大百科の記事(14/06/18 17:46の版)では「pixivでポケモンのレッドに対して使われたのが発端」とされている。Pixivのこの記事(2013/05/03 00:20の版)では、「元ネタはカプコンのモンスターハンターシリーズMHP2Gアカムトルム討伐クエスト『起源にして、頂点』であり、それをもじったこのタグが流行し現在に至る」とされていた。

  • 備考
    • 1995年:「原点にして頂点」登場済み
    • 1996年:ポケットモンスターシリーズ初登場
    • 2004年:モンスターハンターシリーズ初登場
    • 2007年:Pixiv初登場

用法と注意

その他・考察

新しい作品がヒットするには、明確な新機軸がユーザーに受け入られることが必要不可欠であるため、その第一歩には作り手の意欲が否応なく込められる。
また、シリーズが長期化するほど変化球や仕切り直し(悪く言えば独自性の低下やセールス上の延命)が求められる後続作品と違って、第一作は全力で直球ド真ん中を行けた優位性が魅力となる効果も大きい。

ましてや歴代作品の競演が実現した場合、初代主人公は歴戦の勇士としてリーダーを務めるもしくは敵や後輩達の特殊能力をねじ伏せる謎補正が描写される傾向もあり、このタグが自然と成立しやすい。

最近は公式でこの表現を使うケースも確認されているが、2作目以降がヒットした例や受け手諸氏の好みもあるため、むやみに使わないよう注意が必要である。

関連項目

オーレギオン アカムトルム

pixivに投稿された作品 pixivで「原点にして頂点」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5520831

コメント