ピクシブ百科事典

友里アンヌ

ゆりあんぬ

「友里アンヌ」は、円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組「ウルトラセブン」の登場人物。
目次[非表示]

演 : ひし美ゆり子

概要

隊歴2年。年齢は不明で、劇中ナレーションでもはぐらかされているが、実年齢は20歳らしい。
警備隊の紅一点で、平時はメディカルセンターに勤務しているが、実戦にも参加する。なぜか知り合いがよく怪事件に巻き込まれる。
髪型は基本的にショートカットだが、満田かずほ監督の回では長髪のかつらをつけているので回によって髪の長さが違う。基地内では基本的に警備隊紋章が左胸に入った白衣姿。隊員服は出動の際だけ着る。

本作のヒロインと呼べるポジション。主人公ダンとは次第に恋仲になっていき、たびたびデートを重ねていた。最終回において、自分がウルトラセブンである事を打ち明けたダンを受け入れた。

その後…

ウルトラマンレオ』第29話で登場…
……と思いきや、あくまでアンヌに似た女性が登場。ウリンガを保護している。しかし、ダンは終始彼女をアンヌと呼び、彼女もまた『この子をあなたのように立派に育てたい』と、アンヌ本人であることを思わせる言動も見せている。劇中の最後は、レオによってウリンガとともにどこかへ運ばれていった。果たして彼女が本当にアンヌだったのかは不明のまま。
後の平成ウルトラセブンシリーズの小説作品『ウルトラセブン:Episode0』では、ノンマルトの女性が若き日のアンヌに擬態している。その際の彼女の記憶と人格もまたアンヌのものをコピーしており、やむをえない事情とはいえ自分の前から姿を消したダンへの愛憎と絶望を抱いているものになっている。もし前述の『レオ』に登場した女性がアンヌ本人じゃない場合は、小説のノンマルトのように、アンヌに擬態した異星人だった可能性もある。

平成ウルトラセブン』では、本物のアンヌはクスハラ博士の弟と結婚しており、息子にダンと名づけていた。

ULTRASEVENX』では、最終回でダンと再会している。

大決戦!超ウルトラ8兄弟

ウルトラ戦士の存在しない世界におけるアンヌ。
横浜市在住のごく普通の女性で、ダンと結婚しており、共にハワイアンレストランを営んでいる。
終盤でウルトラセブンの世界でウルトラ警備隊の隊員として活躍していた自分の記憶が宿り、戦いへと赴く夫:ダン=セブンを見送った。

戦いを終えた後、主人公:ダイゴとその友人の家族たちと共に、M78星雲への宇宙の旅に出た。


ウルトラマンゼロとの関係

ウルトラセブン=ダンの息子ということ、ゼロの母親についてほとんど言及がなかったこともあり、一時期、「実はゼロの母親は彼女ではないか」という節が浮上したが、二人には一切関係がない。演じたひし美ゆり子本人ももこれを否定しているので、仮にゼロが彼女を知っていたとしても、父親のかつての恋人だった女性、というイメージしかないと思われる。
(ゼロの生きている時代は、『セブン』と同じ世界観の『メビウス』の最終回から数千年は経っている未来の世界の話であるとされている)

関連タグ

ウルトラセブン ウルトラ警備隊
モロボシ・ダン アンヌ
アルフォンヌ…アンヌを思わせるキャラクター。光の国の女性ウルトラマン。

pixivに投稿された作品 pixivで「友里アンヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53758

コメント