ピクシブ百科事典

双子座のパラドクス

じぇみにのぱらどくす

アニメ「聖闘士星矢Ω」のキャラクター。双子座(ジェミニ)の黄金聖闘士。
目次[非表示]

概要

CV:ゆかな

双子座の黄金聖闘士。31話で初登場。
原作、派生含め初の女性黄金聖闘士。「愛と運命を司る」黄金聖闘士を名乗る。
(※ただし例外としてパラレル扱いではあるもののPS2版『聖闘士星矢 聖域十二宮編』においては13星座説をモチーフに、蛇遣い星座のシャイナが黄金聖闘士として登場するルートが一応存在はしている。)

容姿は美女でやや化粧が濃い。水色のハネ気味のロングヘアで前髪を顔の両サイドを残してまとめ上げている。幼少時~聖闘士訓練生の時期は髪をストレートのままで下ろしていた。背も女性としては高くかなりの巨乳

やってきた龍峰に紅茶や菓子を振舞いマルスへの降伏を促すがその語る内容は後述のようにおよそまともではなく、どうにも普通の会話が通じない、穏やかに見える物腰や口調と裏腹にかなりの危険人物である。予知、幻惑、時空操作系の能力を持つが生身の体術にも優れている。

人物

生まれつき予知系の能力を持っていたため、両親に気味悪がられ冷たくあしらわれていた。
一方で、彼女には双子の妹のインテグラがいたものの、こちらは能力を持てはやされ「チヤホヤされて」おり、インテグラに対しては強い嫉妬心を抱いている。

幼少時、家族と出かけた先で予知通り事故に遭った際、偶然通りかかった紫龍に救出され、家族の愛に飢えていた彼女は見知らない自分を救ってくれた彼に対し一方的に想いを寄せるようになった。
そして彼への憧れから自身も聖闘士となることを決心して家を飛び出し、その際に本名も捨てていた。幼いながらも彼との出会いを「運命の出会い」と思い定めてしまうあたり思い込みの激しい性格も生来のものだったようである。
13年前のマルス軍の侵攻直前頃の訓練生時代には聖域火星士が侵入していたのを目撃しているが、それを報告せず見逃していた事がある。
イオニアと並び旧世代の体制で育ちながらもアテナを裏切った聖闘士であり、それどころか後々には、インテグラ同様「周りからチヤホヤされている」彼女のことを嫌っていたとまで宣言している(他のΩ作中の黄金聖闘士は元々マルスの知己だった関係で任命されたミケーネらや、聖闘士の知識も十分ないまま組み込まれたハービンジャーなどのように裏切りという意識に乏しい者も多い)。
マルスについては「あの方ほど愛にあふれたかたはいない」と心酔しており、彼のつくる世界で「地上の愛の支配者になる」ことを夢見ており、彼への忠誠と実績と引き換えに紫龍を治してもらうことを条件に彼の配下についていた。
ハービンジャーにより青銅聖闘士4人が金牛宮以降へと飛ばされた際、龍峰を時空系の能力で自分の宮に引き寄せてきていた。
その言動は自分の好きな男の息子である龍峰にやたらと接触し、何度も抱きつきしまいには頬にキス、一方的な「愛」を語りながら相手の「運命」を強要する電波である。

龍峰を手に入れるために手加減をしていながらも、頬へのキスだけで龍峰を吹き飛ばしたり龍峰の繰り出す技を次々と見切ったりと、その実力は確かなもの(本人は「龍峰が可愛かったから」という風に表現している)。
しかし紫龍への想いはかなり常軌を逸しており当時すでに春麗と長く同居・交際していた彼にラブレターを書いた(実はふられるのを恐れて出さずに破っていたが)ことがあるほか、後に彼の妻となった春麗を憎み龍峰にもその偏執的な愛を向ける。
因みにこの件に関して視力を失っていた紫龍に手紙?というツッコミがあるが、セブンセンシズは五感の全てを補うので眼球が潰れていても手紙を読むくらいは出来るはずである。現に彼女の予知でも出した場合は普通に返信されて振られた。
クロスロードミラージュにより龍峰に見せた2つの未来のビジョンではいずれにおいても春麗を相当ひどい目に遭わせるなどしている(片方では龍峰が五感を失ったのち彼とともに春麗も息絶える、もう一方では龍峰が父と幸福に暮らせてはいるがなぜか春麗が一緒にいない)。

クロスロードミラージュを打ち破り、彼女のあまりに電波な言い分に怒った龍峰が「仲間たちとともに未来を切り開く」決意で昇龍覇を再度放ちいったん彼女をすっ飛ばしたものの、かすり傷を負ったことで逆上し第二の人格が発動する。
第一の人格の時は電波ながらも優しく龍峰を支配するようなそぶりを見せていたが、第二の人格(曰く「憎しみのパラドクス」)は龍峰にチョップを入れたり顔を踏みつけながら「詫びろゴミ虫め」と龍峰を罵倒する鬼畜ぶり。
「私を愛することが出来ぬなら貴様に生きる資格はない」と言い切り彼を一旦はのし、遅れてやってきた光牙を人格の切り替えで叩きのめし、反撃した龍峰の五感を奪うが、結果的にそれが龍峰のセブンセンシズ覚醒を招き敗北した。

それでも何とか生き残ったパラドクスだが、この敗北は彼女にとって耐えがたい屈辱となり、これまでと逆に龍峰を憎悪するようになった。
2期の新OPや城戸沙織の見た予知夢では、青銅一軍や他の生存している黄金聖闘士とともにパラサイトの軍勢と戦っていたかのような絵になっているが、これはパラドクス本人ではなくインテグラであったことが判明した。
彼女の聖衣石は聖域になく、この時点から、インテグラの手に渡っていたことが伺える。

ハービンジャーを「さん」づけで呼んでいたが、交流の程は不明。

双子座

装着者の性別が違うこともあってか黄金聖衣のデザインが大幅に旧作と変わっており、マスクはヘルメット状ではなく宝石(聖衣石?)のついたティアラ+頭の両脇に双子の仮面が掛かる仕様になっている。肩パーツの形状は少々旧作の面影を残しているが白いフリルがついている。
また女性聖闘士でありながら仮面をしていないが、その理由は「女性聖闘士は素顔を見られたら相手を殺すか愛するしかない」という掟の中の「愛するしかない」を盾にとったもの。ただし訓練生時代の回想シーンからして、仮面を持っていないわけではないようである。
ネーミングの由来は宇宙物理用語の双子のパラドックス特殊相対性理論関係のお題)と思われる。
これまでのΩオリジナル黄金聖闘士同様、前任者のイメージとはかすりもしないキャラクター像(予告で見ることの出来る部分だけにしても)で視聴者を驚かせた

双児宮の内部はややサイケデリックなメルヘン調で、人間の言葉を喋る鳥やリスが彼女を「ジェミニ様」と呼び従者をしている。

憎しみモードになると髪の色が黒く変わり目付きも鋭くなり言動が苛烈となる為にサガと同様に二重人格者のようではある。
また、人格を切り替えると体力が回復する。これはそれぞれの人格が、どちらもセブンセンシズによって、肉体の限界を超えられることを利用したもの。
後述した廬山昇龍覇のダメージが33話でも残っていたことを考えると、それぞれの人格ごとに個別に体力が設けられているような状態であると思われる。
また、その33話では、双方のモードが左右半々になった姿も披露している。
予知系の能力で相手の攻撃を先読みして避けているようだがそれを勘案してもスピードは速く、幻惑系の技だけでなく格闘の方も全く男性聖闘士にひけを取らない。

84話においては、姉妹の過去を振り返る中で、「本来なら自分の方が黄金聖闘士に相応しかった」と発言している。
当時の回想ではインテグラが同僚達から持てはやされる場面もあることを考えると、パラドクスがそれを覆して黄金に就任したことには、何か裏があったのかもしれない。

スカーレット・ジェイナスのパラドクス

スカーレットジェイナスのパラドクス


一連の戦いは龍峰達の手によって終結したが、残された黄金聖闘士のうち、唯一パラドクスだけは、アテナに従うことを拒否していた(一期の終盤では他の黄金聖闘士と異なり地球の危機ですら自身の力を使おうとしなかった)。
龍峰を手に入れることもかなわなかった彼女にとっては、もはや嫌いな女である沙織の下につく理由は、何一つなかったのである。
その後彼女は沙織の命によって、スニオン岬の牢獄(かつて先代の双子座であったカノンが兄サガに幽閉された場所である)に囚われていた。「元双子座」と呼ばれていたことから聖衣や地位も剥奪されていたようである(シリーズ中の黄金聖闘士の中でアテナに免職されたのは彼女だけである)。そこに1級パラサイトガリアが現れる。
彼女にパラス陣営へとスカウトされたパラドクスは、龍峰に味わわされた屈辱を晴らすため、2級パラサイトとなることを選んだのだった。

75話にてパラスベルダへ降り立ち、パラドクスは再び龍峰と対峙する。
「地球が滅びるのも運命」と言い捨て、地上を守る気がないことを示したパラドクスは、今度は本気の実力をもって龍峰を圧倒し、彼を亜空間へと追い詰めた。
この時、実は双児宮での戦いでは上述通り手加減していた、と明かしており、対峙した龍峰が愕然とするほどの力を見せつけていた。何気に明白にセブンセンシズをつかった青銅を真っ向から打ちのめしたのは派生ひっくるめてもアニメのサガとこの時の彼女くらいであり、黄金の中でも相当高レベルであることが伺える。
しかしあと一歩というところでインテグラの乱入を受け、自らの武器を破壊されてしまう。
最も憎むべき妹の乱入に激怒したパラドクスは、彼女を攻撃し抹殺しようとするのだが、龍峰とインテグラの連携によってあえなく敗北。
龍峰を含め、自分の全てを奪ったインテグラに対してますます恨みを募らせながら、「いずれお前から全てを奪ってやる」と宣言して退却した。

83話では、アテナ軍を迎撃するために再出撃する。愛の心を忘れ憎しみ一色に染まったパラドクスは、敢えて想い人である紫龍を無視してでも、インテグラを誘き出し倒そうとする。
そして続く84話にて、再び妹と対決。ハービンジャーの手出しもあり敗北したものの、憎んでいた相手であった沙織の小宇宙で手当をされ、妹にも許す態度を見せられた事で心が揺らぎ始めていた矢先現れたガリアに「役立たず」と罵られ斬られてしまう。
瀕死の状態になりながらも、ガリアが散々に自分の渇望していた「愛」を否定したこと、憎んでいたはずの妹こそが自分をずっと愛してくれていたことに気付き彼女はやっと改心し妹と共闘を決意。
既にガリアを倒す力が残っていなかったため姉妹のアナザーディメンションによりエウロパの作った無限廻廊を破壊して他の聖闘士達を解放、「妹の望み」だからと龍峰らにアテナを守るよう言い、妹に「あたしのたった一人の妹」「今まで言えなくてごめんね、私も愛している」と言い残し息を引き取った。

しかしこの翌週、なぜか翌週普通に妹に抱えられながらガリアを睨みつけており、視聴者をおおいに困惑させることになった。
86話において姉妹のセリフは一言もなく、TVガイドのバレでも一ヶ月近く先まで姉妹についてはなにも述べられていなかったため、実は気絶しただけだったのでは?とも考えられていたが、90話にてハービンジャーが回想した死者の中には、パラドクスもカウントされていたので、単なる作画ミスであると思われる。

何気に最期に「姉さん」と呼ばれるまで、インテグラからも延々「パラドクス」と呼ばれ続けており、存命の間に本名が明かされることはなかった。

パラサイトとしての固有武器は、スタッフ(杖)のスカーレット・ジェイナス。刻衣の随所には、ハートを模した意匠が施されている。

無限の分岐と無限の運命を覗き見るのがパラドクスの能力。

  • クロスロードミラージュ
技をかけた人物ごと亜空間(運命の分岐点の外側の世界)に飛ばし、あらゆる可能性の未来を見せる。運命の分岐に逆らった人間は精神と肉体を裂けられてしまう。
もとは紫龍の技であるこの技を独学で練習して使いこなしている(曰く「憧れている方の技だから」であり、龍峰の「何百倍も私はこの技を練習した」とのこと)。
なお龍峰が使用する昇龍覇とは異なり、発生する龍型の衝撃波は水色ではなく桃色である。
  • フォーチュネイトウォール
ピンク色の防御壁を展開する防御技。
  • ファイナルディスティネーション
格子状に展開した小宇宙で相手を包み込み、激しい苦痛を与え、五感を剥奪する事も可能。ただし技を破った後は元通りになっているので、恒久的なものではないようである。
  • スカーレット・ジェイナス
パラサイトとなってからの技で、上記の杖と同じ名前を持つ。杖の先端からエネルギー波を放つ
  • ワールド・イズ・エンド
こちらもパラサイトとなってからの技。スカーレット・ジェイナスより威力が高い。
  • ギャラクシアンアルティメーション
ギャラクシアンエクスプロージョンに近い性質を持つ技。自分が使いやすいようにアレンジしたのか、インテグラのギャラクシアンエクスプロージョンとは演出が異なる。
異次元の扉を開く技。作中ではインテグラと力を合わせて発動し、エウロパの無限回廊を破っている。

余談

本シリーズ中でもかなり異色のキャラクターだけに扱いが難しかったのか、彼女のエピソードは初登場回から84、85話以外を全て伊藤イツキが担当している。

2013年6月に同じ言葉の元ネタから命名したらしい「双子座のパラドクス」というタイトルのアダルトゲームが出ているが、本作とは全く関係ない。
双方の制作時期がほぼ同じでお互い知らずに作っていたためネーミングが被ったようで、ゲームの方を作ったコットンソフトも後に公式サイトで知らずに作った旨を述べている。


関連イラスト

ジェミニのパラドクス
女々しくて女々しくて女々しくて強いよ


おねしょたあああああああ
詫びろゴミ虫め


関連タグ

紫龍 龍峰 双子座ショック ストーカー ヤンデレ 二重人格 巨乳 ライブラさんこっちです 双子座姉妹


pixivに投稿された作品 pixivで「双子座のパラドクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 552076

コメント