ピクシブ百科事典

反射衛星砲

はんしゃえいせいほう

アニメ『宇宙戦艦ヤマト』ならびに『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する、ガミラス軍の兵器。
目次[非表示]

宇宙戦艦ヤマト

概要

 宇宙戦艦ヤマトに登場する、ガミラス帝国の強力なビーム砲台とも言うべき兵器。ヤマトの波動砲に対抗すべく使用され、太陽系を出る前のヤマトに立ちはだかった最初の難敵とも言える。
 反射衛星砲そのものは、海中の基地に設置された固定砲台の様なものであるが、一旦大気圏外へ向けてビーム砲を発射すると、冥王星周辺に配置されている多数の反射衛星がそれを反射、角度を調節しては別の衛星に中継されていき最終的には目標へ着弾すると言う、死角の無い恐るべき兵器である。

反射衛星砲の真価

 反射衛星砲はガミラスの新兵器であるようで、波動砲よりも強力であるという話もあった。実際は一撃で破壊する事が叶わず、しかも2発、3発と命中しているのにも関わらず、遂に撃沈させることは出来なかった。
 これに関して、反射衛星砲はこれまでになかった、本当の新兵器であって、実用例もない、寧ろ試作兵器的な意味合いがあったのではないか、と解説するメディアもある(「宇宙戦艦ヤマト 健在ナリ」にて)。

経歴

 冥王星に接近して着たヤマトを迎撃すべく、シュルツは手始めに艦隊や超大型ミサイルを使って攻撃した。これで冥王星は無視しえない存在である事を確定化させ、確実に誘い込む事に成功する。
 その後、接近して着たヤマトに一撃目を加えて命中させたものの、撃沈には至らなかった。さらに衛星に隠れたヤマトに2撃目を命中させ、冥王星の海へ着水させると、すかさず3撃目を打ち込む。これで一度は海に沈んだものの、まさかの死んだふりに騙されてしまった。のかと思いきや、潜水艇を出撃させている。(本人は撃沈を確実にしようとしたのだが)それもあっけなく迎撃されたが。余談だがこの時デスラーにヤマト撃沈の報告をしてしまい、かなり焦っている。その焦りからヤマトの決死隊に気づくのが遅れたのだろう。
 その後、再び反射衛星砲を使用し、ヤマトを沈めようとするが、それは沖田の罠で、沖田は反射衛星砲が着弾する前に海中へヤマトを潜水させ、反射衛星砲を回避するといった戦法で何度もシュルツに反射衛星砲を発射させ、その発射点へ古代率いるヤマトの決死隊を誘導させてしまった。
 その後、ヤマトの決死隊が冥王星基地内部に侵入、爆弾を仕掛けられて破壊されてしまった。

技術の転用

 皮肉なことに、これが後に真田志郎空間磁力メッキ開発のヒントになり、最後の最後でデスラー艦デスラー砲を反射されて沈むことになる。

宇宙戦艦ヤマトⅢ

概要

 TV版3作目、宇宙戦艦ヤマトⅢでは、新反射衛星砲として登場。こちらは特徴的な点として、ビーム発射台そのものが地表に幾つも備え付けられていることにある。これら各砲台をエネルギー伝導管で繋ぎ、大元のエネルギー供給基地に繋ぐ事で、敵の眼を欺くよう設計されている。
 また、こちらは反射衛星ではなく、反射板を搭載した艦載機を使って攻撃する為、臨機応変な対応が可能となっている。ただし、反射板搭載機は無防備も同然なので、一度発見されると脆いのが欠点でもある。

経歴

 バーナード星の前進基地に配備された、反射衛星砲の改良型として登場。反射板搭載機と連携して、ヤマトを常に包囲下に置きつつも攻撃した。しかし、撃沈するだけの威力は無く、寧ろ威力の低下が観られる。
 遂には反射板搭載機が撃墜されてしまい、残るは各地に点在する砲台で直接砲撃を開始した。その間に惑星破壊ミサイルを発射させて、ヤマトを消し飛ばそうとしたものの、波動砲によってミサイルどころか基地そのものまで吹き飛んでしまった。

宇宙戦艦ヤマト2199

概要

 『宇宙戦艦ヤマト2199』でも登場を果たした。ただし、設定が改められており、反射衛星砲は元々は兵器ではなく、遊星爆弾の加速と軌道角調整のための点火システムであるとされた。この点火システムに使用されていた大口径長射程陽電子砲を、シュルツ大佐が、攻撃兵器へと転用することを思いつき、戦闘に投入した。
 なお、決戦兵器ではないからこそ、ヤマトを一撃で破壊するだけの破壊力が無い、という見方が可能となり、原作での矛盾点の解消にも繋がっている。

経歴

 冥王星に近づきつつあることを悟ったシュルツが、咄嗟の思い付きで反射衛星砲を兵器として転用することを思いつき、実戦に投入した。漫画版では娘のヒルデ・シュルツのビデオレターから得たヒントを基にしていた。
 攻撃兵器ではないものの、ヤマトの波動防壁を貫通せしめるには十分な威力を有しており、一撃目から左舷に命中させている。その後も回避行動に入ったヤマトの右舷に着弾、そのまま冥王星の海へと追い落とした。止め3撃目で撃沈した(と思わされていた)。
 シュルツは4度目の砲撃を行うものの、寸前にヤマトがミサイルで反射衛星を破壊、外してしまった。さらにヤマト艦載機隊に発射位置を特定されてしまう。そうとは知らず5度目の砲撃を実行しようとしたがそこでヤマトの三式弾が飛び込んできて、見事に氷塊の中にある反射衛星砲台に着弾、破壊されてしまった。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 反射 衛星
マホカンタ リフレク サテライトキャノン
シュルツヴァルケ・シュルツ

pixivに投稿された作品 pixivで「反射衛星砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6018

コメント