ピクシブ百科事典

受精

じゅせい

卵子と精子が出会い、細胞分裂によって成長可能な状態になること。
目次[非表示]

※この記事にはR-18の表現が含まれています

概要

生物において、の生殖細胞精子など)との生殖細胞(など)が遭遇し融合すること。動物のみならず、植物でも使われる言葉である。受精を果たし、細胞分裂を開始した卵は受精卵と呼ばれる。

動物の場合、受精する過程や場所により体外受精と体内受精に分類される(人間の場合は体内受精)。
体外受精のものには受精の瞬間の観察が容易なものがあり、ウニは受精の観察によく用いられる。

人間の場合は、男女の性行為によって男性器から精子膣内射精され、子宮を通過して卵管に到達した精子卵子と遭遇し、結合して一体となり受精卵となる事。
この受精卵が子宮内膜着床して始めて妊娠と相成る。受精しても着床に至らなければ妊娠とはならない。

通常、人間の卵細胞の大きさは0.1~0.15mm、精子の大きさは0.05~0.06mmと余りにもミクロな規模での出来事なので、母体内で受精の瞬間を実感することはまず無いが、このタグが付けられたイラストでは断面図を用いて受精の瞬間を描写しているものが多い。

関連タグ

 生殖 精子 /卵子
受精卵 着床 妊娠 / 懐妊 流産 出産 
月経 射精 性行為

外部リンク

受精(Wikipedia)
卵子一番乗りを目指せ! 精子たちのサバイバルレース(You Tube)

pixivに投稿された作品 pixivで「受精」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19714087

コメント