ピクシブ百科事典

吉永和己

よしながかずみ

吉永和己とは、『吉永さん家のガーゴイル』のキャラクター。

概要

CV:宮田幸季

吉永家の長男双葉。初登場時16歳で、県立菜々色高校1年生。
見た目が可愛らしく性格も「その装置があればお花さんとお話しできるんだね!?」などと本気で言ってしまうほど乙女チックなため、5割(などと書いているが原作ではほぼ10割)の確率で少女と間違えられる。なんと鍾馗水仙彼岸花の一種)やアヒルにまで間違えられた程であり、双葉からオカマと揶揄されることも(ヤクザに「お坊ちゃん」と呼ばれた際には一瞬誰のことなのか迷ってしまったほど)。友人の林吾曰く「コイツに女装させて何が楽しい!? 猫耳をつけるような愚行だ!!」らしい。
は栗色で(男子にしては)長く、小説挿絵では後ろで束ねるシーンも描かれた・・・母親の若い頃にしか見えないが。
双葉のブレーキ役を務めることが多い。体力は7歳下の双葉と互角運動神経抜群の両親の血をこれっぽっちも受け継いでいないが、それ以外の能力は高く、雑学なども嗜む。
ただし稀に双葉ですら恐れるような行動力を示す(妹を誘拐した東宮と出会うなり張り倒す、ヘタレた百色を双葉の飛び蹴りに続いてクロスチョップで喝を入れる、双葉より早く父のピンチに駆け出す、自己否定を行うガーゴイルを両親&妹と共に一斉にぶん殴るなど)あたり、紛れもなく吉永家の一員である。美術部の後輩に人気がある。
辛い物が苦手で、吉永家で唯一食べられない。
ガーゴイルの影響や演劇部でのボランティア経験から、福祉関係の仕事を目指すようになった。最終巻では林吾の妹の桃と付き合っていることが判明する。

関連項目

吉永さん家のガーゴイル
ショタ 茶髪 草食系男子

pixivに投稿された作品 pixivで「吉永和己」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 319

コメント