ピクシブ百科事典

吉野屋先生

よしのやせんせい

『ひだまりスケッチ』の登場人物の一人。
目次[非表示]

概要

吉野屋先生とは、『ひだまりスケッチ』に登場する人物である。
やまぶき高校美術先生ゆの宮子達の担任。
ちなみに牛丼吉野家と名前を間違えられて、吉野家先生と呼ばれることもある。
漫画でもひだまり荘の一同に次いで登場機会は多いが、アニメでは立場上、ほぼ毎回登場する。役得である。

キャラクター像

まだ30歳前後と教師としては若く、お嬢様結びをした濃色の長いがチャームポイント。
良く言えば天真爛漫、悪く言うと非常識破天荒な性格。
良い教師を目指してはいるものの、公序良俗の知識が欠落しており、ひとりでに常識外れの早合点を始めて生徒を困惑させることが日常茶飯事。
そのため騒動を起こし、その度に校長先生に引っ張られて行く、登場人物の中で一番の問題児である。先生なのに……。
同僚には益子先生(美術)、池澤先生(美術)、桑原先生養護教諭)などがいる。同性の池澤先生や桑原先生とは仲良くしているが、益子先生への扱いはひどい(共用の美術準備室を机1つを残して独占している、など)。

彫塑だけでなく服飾の技能も高いが、なにかにつけてコスプレをしたがり、生徒や卒業生に一枚一枚ちがうデザインの年賀状暑中見舞い残暑見舞いを贈るほど(自分ではコスプレと思っていない・・おまけに卒業生は毎年必ず増えていくことから先生の仕事にしわ寄せが行くことになって、お約束通り校長先生に怒られることに・・)、みずからヌードモデルを希望し、人前でも躊躇なく脱ぎだすなど露出癖の傾向がある。
またエロい妄想をする時は大概自身が対象で、天然誘い受けの性格。
加えて、巨乳である。
男子生徒諸君はいつもモンモンとさせられているに違いない。
もちろん女子生徒も、宮子を上回る飛び道具のような言動を前に、呆れたり怯えたりを繰り返している。

ただ、「生徒思いのいい先生」とも言われている。
だからこんな時はほっとけないのさ!

(_,''' ▽ '')「もう何もこわくないですよ~」



本編でもたまーに在校生たちの良きアドバイザーになることも。ゆのヒロも進路に関わる重要なアドバイスを受けたことがある。ただし普段の言動のせいで逆に変に思われたりもする

なお、弟には既に息子の健人がいるが、「おばさん」ではなく「おひめさま」と呼ぶ事を要求するなど、身内に対してもやってる事は変わらない。

アニメ版の担当声優は松来未祐
配役を決める時に蒼樹うめせんせーに「吉野屋先生がいる!」と言わせたというほどのはまり役で、吉野屋先生の年齢もアニメ1期当時の松来さんの年齢に合わせる事になったほど(なお、ゆの達の入学時点で29歳)。

『ひだまりスケッチ』という作品自体は、アニメ版でも内容的には朝や夕方に放映してもいいはずなのに深夜枠になっているのは、だいたい彼女のせいBPOなどからクレームが付けられそうになっているという説が有力である(深夜枠の原因)。

関連イラスト

吉野家ナース
泣くわけがない!!



関連タグ

ひだまりスケッチ
緑髪 お嬢様結び 女教師 先生 美術
校長先生

関連……するかもしれないタグ

露出狂 痴女 ヌード ナルシスト 残念な美人

pixivに投稿された作品 pixivで「吉野屋先生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 697369

コメント