ピクシブ百科事典

否定姫

ひていひめ

『刀語』の登場人物。
目次[非表示]

概要


ネタバレ無し

CV:戸松遥

尾張幕府直轄内部監察所総監督。
とがめの宿敵で彼女の事を「あの不愉快な女」と呼び名前で呼ぶ事はない。
自分も含めて誰彼かまわず、ありとあらゆることをただ否定するのでこう呼ばれ、住居も「否定屋敷」と呼ばれる。
背が高く、青い目に金髪という日本人には有り得ない外見を持つ。






以下ネタバレ含み


炎刀「銃」を所有しており(右衛門左衛門との共同所有という形で)、他の完成形変体刀のそれぞれの特性、能力についてもある程度知っている。変体刀について詳しいのは四季崎記紀の末孫であるため。
四季崎一族の悲願である歴史の改変の為に暗躍してきたが、本人は別に心の底から望んでいるわけではないようである。
最終巻では右衛門左衛門に命じてとがめを暗殺(これは否定姫自身不本意で苦渋の決断だった)。結果的にとがめの手柄を掠め取る形になり、将軍との対面を果たす。
邪魔な家鳴将軍家御側人十一人衆を逐次投入&相性の悪い変体刀を持たせることで、鑢七花に片付けさせる事に成功し、腹心である右衛門左衛門を失うものの、七花が将軍を抹殺した事で目的を果たした。

将軍暗殺に関与した事になってしまったので幕府からは非公式にお尋ね者となり、尾張城に保管されていた全ての変体刀に塩水をぶっかけて出奔。鑢七花の相棒として旅に出た所で物語は幕を閉じる

旅装束

髪を切って右衛門左衛門の仮面を被っている。

否定姫










関連イラスト

無題



関連タグ

刀語 とがめ 鑢七花 左右田右衛門左衛門

pixivに投稿された作品 pixivで「否定姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 867006

コメント