ピクシブ百科事典

吸血鬼シオン

きゅうけつきしおん

渡辺製作所の対戦型格闘ゲーム『MELTY BLOOD』シリーズのキャラクター。 同シリーズのキャラである【シオン・エルトナム・アトラシア】が吸血鬼として覚醒した状態。 『Re・Act』以降では、吸血衝動に抗うことをやめて死徒となっていく「If」の彼女として登場する場合が多い。
目次[非表示]

吸血鬼シオンとは、渡辺製作所対戦型格闘ゲームMELTY BLOOD』の登場キャラクターである。
通称はVシオン(Vanpire Sion)、タタリシオンなど。
検索タグではVシオンの方が多い。

概要

 作中の登場キャラクターであるシオン・エルトナム・アトラシアが、名前通りに吸血鬼化した状態。もしくは、吸血鬼化を恐れるシオンの不安がによって具現化された存在。
 常に吸血衝動にさいなまれており、ゲーム中でのニュートラルポーズも、胸を押さえながら苦しげに立っているものに変更されている。
 外見も通常のシオンと違っており、肌にひびが入っていたり、髪の色が濃くなっていたり、服が紫から焦げ茶に変わっていたり、瞳が赤くなっていたりと、様々な部分が変わっている。

 『無印』版ではシオンが吸血鬼化した姿として登場し、ノベルスモードによってこの状態になることを避けたり、結果的に完全に吸血鬼化してしまったりと様々。ただし、どのル-トでもシオン自身は理性を失わずにすんでいる。
 『Re・Act』以降は、前述したようにタタリによって呼び出された存在である場合が多い。ストーリーによっては、無印版の理性を保ったまま吸血鬼化したシオンのバッドルート的な扱いで登場するIfの存在として登場する場合もある。
 特に後述のパターンだと完全な吸血鬼化を遂げ、本来のシオンから『タタリの後継者』としての死徒へ変貌し、性格も吸血鬼らしい残虐性の高いものになり、元のシオンは完全に消えてなくなってしまう。

余談

 なお、ファンからはもっぱらエロいといわれる。
 勝利画面でのカットインやポートレートで、胸が強調されたように見える者が多いせいだろうか…。あと、いわゆる悪堕ちキャラでもあるので、その分でお色気が増える傾向にもある様子。
 特に『ActressAgain』のEDでは見事なセミヌードを披露してくれている。

(バトル前トーク込みのED動画)
 GJと言わざるを得ない

性能

 バレル・レプリカやエーテライトが使用できず、爪などによる打撃攻撃が主になる。『Re・Act』からは「タタリ」を断片的に使用できるようになり、の情報を、タタリ化して呼び出したり、タタリの『情報の嵐』を武器にして戦う。
 通常のシオンと比べて耐久力が低く、切り返し手段に乏しい。その反面、スピードや火力面が向上しており、相手を固めて押し切る近接戦キャラとなっている。特に壁際でのラッシュ力には定評があり、ゲーセンでの使用率では平均的にシオン当人よりも高い傾向にある。
 『ActCadenza』では最上位クラスの一画にまで昇っている。

 アークドライブは、相手に組み付いて首筋から血を啜る回復機能付きの投げ技「クルーエル・ブラッド」、ラストアークは『ActCadenza』までは盾の騎士を呼び出して相手を打ち貫く「ブラッドバイブル・ハートブレイカー」、『ActressAgain』からは巨人の幻影を呼び出して全てを圧壊する全画面判定のロック技「No・Ark」

関連タグ

TYPE-MOON
シオン・エルトナム・アトラシア ワラキアの夜
吸血鬼 悪堕ち

pixivに投稿された作品 pixivで「吸血鬼シオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16356

コメント