ピクシブ百科事典

呉藍滌

ごらんじょう

呉藍滌とは『十二国記』に登場するキャラクターである。

小野不由美氏・著の小説十二国記』の登場人物。

概要

現在の氾王で、治世が300年続いている。
これといって産業がなかった範国を工匠の国として立てなおす。
女装かと思われるほど着飾っているが、すらりとした長身の男性。
非常に洗練された趣味人で趣味の悪い者や物事を嫌うため、延王延麒とは付き合いが長いが、身の回りに無頓着な尚隆の天敵とも言われる。

関連タグ

十二国記 黄昏の岸_暁の天

pixivに投稿された作品 pixivで「呉藍滌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35409

コメント