ピクシブ百科事典

告白

こくはく

秘密にしていたことや心の中で思っていたことを、ありのまま打ち明けること。
目次[非表示]

告白(一般)

  1. 秘密にしていたことや心の中で思っていたことを、ありのまま打ち明けること。また、その言葉
  2. キリスト教で、自己の信仰を公に表明すること(信仰告白)。また、自己のを神の前で打ち明け、罪の許しを求める(懺悔する)こと。
  3. 小説のタイトル。


金剛ちゃんの告白デース



似た意味を持つ言葉

  • 打ち明ける … 中のものをすっかり出す。知られたくない事実や秘密を思い切って隠さずはなすこと、告白、さらけ出す。打ち明け話。
  • 自白 … 民事訴訟上では相手方の主張した、または主張すべき、自分にとって不利な事実を認めること。刑事訴訟上で被疑者・被告人が犯罪事実を認めること。
  • 自供 … 自分の犯した事柄を自ら述べること。また、その内容。
  • 白状 … 隠していた事実や自分の犯した罪を申し述べること。または罪人が申し立てたことをしるした筆記録。
  • 暴露悪事秘密などをあばいて明るみに出す、すっぱぬく。名声を汚すような不祥事・不正事件。また、情事などのうわさを公表すること。風雨にさらす。


pixivにおける「告白」

漫画アニメなどで「告白」といった場合、の告白という意味で用いられることが多い。
漫画やイラストの投稿が多いpixivでも、そういった青春ワンシーンを描いたシチュエーションタグとして使われることがほとんどである。

大ちゃん、告る?!
紡ちさ



関連タグ

行為 行動
コミュニケーション シチュエーション 実は 独白
カミングアウト 懺悔 内緒話 プロポーズ
恋愛 青春 下駄箱 ラブレター 耳まで真っ赤
少女漫画 告白実行委員会 世界三大恥ずかしい告白シーン

関連イベント

告白幻想郷

湊かなえの『告白』

こくはく
告白


『告白』とは、湊かなえ著の小説作品。および、それを原作とした映画漫画

概要
作者のデビュー作。
2007年、第一章「聖職者」が小説推理新人賞を受賞。
小説推理にて、第二章、第三章を連載した後、後半を書き下ろし、2008年8月5日に単行本化。

2008年度の「週刊文春ミステリーベスト10」第1位。
同年度「このミステリーがすごい!」第4位。
2009年「本屋大賞」受賞。

2010年6月5日、中島哲也監督による映画が公開。主演は松たか子
5月15日には、映画公開に先んじて木村まるみによるコミカライズが発売されている。内容は映画版に準ずる。

あらすじ
三学期最後の日。市立S中学校1年B組の担任教師・森口悠子は生徒たちに、間もなく自分が教師を辞めることを告げる。
原因は“あのこと”かと生徒から質問が飛ぶ。彼女はシングルマザーだったが、数カ月前、学校のプールで彼女の一人娘・愛美が死んだのだ。森口は、娘は事故死と判断されたが本当はこのクラスの生徒2人に殺されたのだと、犯人である少年「A」と「B」を(匿名ではあるがクラスメイトには分かるように)告発し、警察に言うつもりはないが、彼らには既に恐ろしい復讐を仕掛けたと宣告して去っていく。

映画版

中島哲也監督・脚本。
東宝配給。R-15指定。

第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞。
第83回米アカデミー賞外国語映画賞部門・日本代表作品。
2010年キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベスト・テン第2位。
2010年日本アカデミー賞最優秀作品賞。

キャスト

森口悠子:松たか子
寺田良輝:岡田将生
下村優子:木村佳乃
渡辺修哉:西井幸人
下村直樹:藤原薫
北原美月:橋本愛
森口愛美:芦田愛菜

関連イラスト

先生の娘を殺したのは・・



関連タグ

ミステリー 湊かなえ 少年A 少年B サイコキラー

外部リンク

映画『告白』公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「告白」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3886656

コメント