ピクシブ百科事典

和月伸宏

わつきのぶひろ

人気漫画家、声優としても活動している。
目次[非表示]

概要

1970年5月26日生まれ。A型。東京出身だが新潟県長岡市育ち。

週刊少年ジャンプにてるろうに剣心を連載、瞬く間に大ヒット作になる。

連載終了後はしばらく低迷するが武装錬金にて復活・新境地を築き上げる。

「エンタテイメントの基本は笑顔とハッピーエンド」という持論を持っているが、一方で鬱展開、救いのない結末を描くことも多く、概してそういう時の方が筆が乗っていたりする。

は小説家の黒崎薫(現:黒碕薫)。武装錬金のストーリー原案を担当したことがきっかけで結婚した。
彼の作品の単行本でのお馴染みのフリートーク欄等にて、近年彼女との相談・助言等の記述が幾度と無く見受けられる。かなりの愛妻家なのか、あるいは相当尻に敷かr(ry

作風

初期は少女漫画風の淡麗な絵柄だった(作中でも少女漫画風時代劇呼ばわりされていることに言及している)ものの、京都編辺りから徐々に無骨な線と黒白の明確なコントラストを付けた純少年漫画風の絵柄に変わっている。

自他共に認めるアメコミフリークで、キャラデザや描写等にその影響がよく見られる。中には見る人が見ればモチーフが一発バレ・・・どころか『チラ見バレ』するレベルのきわどいキャラもチラホラ・・・
極度のゲッターロボファンでもあり、ゲッター線のおかげで漫画家に進化できたと公言するほどである。
また重度のゲーマーであり、特にサムスピのファン。るろうに剣心連載時より公言しており、その縁から徳川慶寅兇國日輪守我旺のキャラデザを任された。
玩具にも造詣が深く、前述したヒーロー怪獣などのフィギュアオタクでもある。

基本的に好きなモノは何でもかんでも、パ…もとい自作に取り入れるという方針を取っており、単行本などにはキャラのコンセプトやモチーフまで明記するというある意味非常に男らしい作家。

同人作品に関しては寛容で、自身が公式に認定した他の漫画家による二次創作の作品集がある。

なお、最新作エンバーミングは今まで書かれてきた三作品を繋げるミッシングリンクとして機能している。鳥山明赤松健などと同じく世界観が全て繋がっている作家といえよう。

アシスタント関連

和月自身がアシスタントをしていた作家


和月の現場でアシスタントをしていた作家

いずれもジャンプ誌に連載を持ち、漫画家として大成した。
その固い結束力から「和月組」とも呼ばれるが、和月自身はこの呼び方に否定的。たまたま自分が先にデビューしただけで、師弟関係ではなく、あくまで対等の友人同士と考えている。
しんがは2002年に早逝しており、今なお彼の命日には和月とそのアシスタントたちは彼の墓に参拝している。


作品

連載



読切


キャラクターデザイン


関連タグ

漫画家 週刊少年ジャンプ 赤マルジャンプ ジャンプSQ

pixivに投稿された作品 pixivで「和月伸宏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136811

コメント