ピクシブ百科事典

品川駅

しながわえき

品川という名に反して品川区ではない駅。住所は港区高輪。
目次[非表示]

概要

東京都港区高輪にある鉄道
品川区ではないが、品川区との境界からは非常に近い。
鉄道開業の際、東海道品川宿の北に品川駅を築いたためである。
「苛烈な反対運動を起こしたため」という説もあるが、それは裏付けになる一次資料がない鉄道忌避伝説であり、既存市街地である品川宿で立ち退きや用地買収をする手間を省いたのが現実だと見られている。
その後、品川町には、北部の北品川に北品川駅が開業した。
利用者数はJR東日本管内6位であるが、自社改札内が4系統に対し改札外が2系統(役割が異なる新幹線を除くと実質京急線のみ)と少なく、20万人以上の改札内乗り換え人数×2(出場+入場だから2倍)が集計されていないため、実流動数よりも順位が低く見られる駅のひとつとなっている。
(改札外の通勤路線が丸の内線の1本しかない東京駅も同様)

JR東日本 品川駅

1872年6月12日(明治5年5月7日)、横浜駅(現在の桜木町駅)までの仮開業と同時に開業。日本最古の鉄道駅のひとつである。

東海道本線東海道線)の途中駅で山手線の線路名称上の起点駅。
このほか、電車運転系統上では横須賀線京浜東北線上野東京ラインが当駅に発着する。またかすりもしていない湘南新宿ラインも、運賃計算上は当駅を経由していることになっている。

2015年3月、上野-東京間の列車線復活により、上野東京ラインの呼称にて宇都宮線高崎線東海道線と相互直通運転を行うようになった。
また常磐線系統の列車の一部が当駅で折り返すようになり、北関東からの利便性が劇的に向上した(南関東は悪化したとの情報がある)。

駅の北方に巨大な車両基地を併設しているが、上野東京ラインが開通した現在、車庫機能を郊外に分散させることによって用済みとなった土地に新駅や商業地を建設するなどの大規模な再開発が予定されており、今後の動向が注目されている。

又、品川駅の6・7番乗り場の改良工事が完了後は、宇都宮線や高崎線の電車も当駅で折り返し増発が可能になる。
常磐線の電車は9・10番乗り場を使用する。

JR東海 品川駅

2003年10月1日開業。東海道新幹線の輸送力増強(当駅の東京駅側で分岐する車両基地への回送線との輻輳回避)を目的として新設された。東京駅発着の全種別全列車が当駅に停車するほか、当駅始発の列車も設定されている。

なお、同社が建設を予定している中央新幹線中央リニア新幹線)の東京側の始発駅と目されている。

乗り場路線方向方面備考
21・22東海道新幹線上り東京方面
23・24東海道新幹線下り新横浜名古屋京都新大阪岡山広島博多方面

京浜急行電鉄 品川駅

1924年3月11日開業。京急本線の起点駅であり、京急線第二のターミナル駅。すべての種別が当駅に停車する。
2面3線のうち、JRから一番遠い3番線が行き止まりとなっており、朝夕のラッシュ時やダイヤ乱れ時に応用されるほか、日中に回送車両を止めて車内でイベントや物販を行うこともある。
1つ日本橋寄りの泉岳寺駅都営浅草線に接続するため、三崎口・羽田空港方面からの電車は、泉岳寺で西馬込から来る電車に接続するか、そのまま地下鉄へ直通し、普通電車をはじめとする折り返し電車の大半は、泉岳寺側で地下へ潜る線から分岐する引き上げ線へ入る。
物理的には泉岳寺が本線の北端であるが、当駅は事実上のターミナルとして機能しており、通常ダイヤでは折り返す普通車や地下鉄に乗り入れる車両同士が絡まらないよう、理路整然かつパズルのような緻密で絶妙なダイヤで運用されている。だがひとたび運行トラブルが発生すると…→逝っとけダイヤUST

冒頭の理由により、隣りの駅が品川駅(品川区北品川)となるが、当初は今の北品川駅が京浜電気鉄道の品川駅であり、その後に東京市電に乗り入れて省線品川駅前の高輪駅まで来ていたが、乗り入れをやめて専用の路線で品川駅へ入るようになった。

なお当駅の本当の北には新品川と呼ばれる従業員専用ホームがある。最初はワープロで出力された紙を貼っただけだったが、のちに金属で作り直され、社内公式になったそうだ(ニコニコ超会議より)。

なおJR側の大規模開発のおこぼれで、国道から高輪口の2階までを歩道橋や歩行者デッキで直結し、空いた地上に当駅ホームを2面4線に拡張して移設するという壮大な計画が発表された。完成はおそらく中央新幹線よりも後になる見込み。

乗り場路線方向方面備考
1京急本線下り羽田空港川崎横浜新逗子浦賀三崎口方面
2京急本線上り新橋押上船橋成田空港方面
3京急本線下り羽田空港川崎横浜新逗子浦賀三崎口方面朝の各停とウィング号のみ。

JR貨物 品川駅

現在はJR東日本の新製車両輸送の発着が年数回ある程度で定期貨物列車の設定はない。

観光スポット

品川駅北方、車両基地の直下に長さ230m、高さ150cmのトンネル「高輪ガード」がある。歩行者でさえ前屈みで進まなければならない超小型トンネルであるが、品川駅の東西を結ぶ数少ない連絡道路であり、交通量が非常に多い。タクシーのルーフにある表示灯がトンネル天井に接触して粉砕することから、提灯殺しと呼ばれ恐れられている。

また南方にも、これまた数少ない線路横断ルートとなる八ツ山橋がある。ゴジラに初めて破壊された建造物として有名だが、現在でもJRと京急の撮影にはもってこいのスポットとなっている。

利用状況

JR東日本


京急電鉄

  • 2015年度の乗降人員は261,780人である。
  • 京急の駅では横浜駅に次いで2位だが、横浜駅を抜く勢いで増加している。
  • 東京都心部の主要私鉄駅としては利用客が少ないが、京成で一番多い京成押上駅西武新宿駅より多い。


利用状況比較表


年度JR東日本京急電鉄
乗車人員乗降人員乗降人員
2008年度328,439人656,878人254,093人
2009年度321,739人643,478人250,177人
2010年度321,711人643,422人250,414人
2011年度323,893人647,786人248,778人
2012年度329,679人659,358人253,919人
2013年度335,661人671,322人261,780人
2014年度342,475人684,950人264,309人
2015年度361,466人722,932人272,500人

関連タグ

品川 品川区 港区 東京都
国鉄 JR東日本/JR東海/JR貨物
京浜急行電鉄/京急

pixivに投稿された作品 pixivで「品川駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31256

コメント