ピクシブ百科事典

四連刻

すーれんこー

四連刻とは麻雀のローカル役である。

概要

連続する同種の数牌を4つ刻子または槓子にした上で和了すると成立するローカル役。一般的に役満

三連刻の上位役であり連刻役と呼ばれる。知名度は非常に高いのだが近年採用されるケースは少ない。

ポンをしても成立するというルールが多いがポンをした場合簡単(とはいえ、三色同刻でさえ出にくいわけだから、決して容易とは思えないが)なので副露した場合6翻とするルールや門前でも副露しても6翻とするルール等もある。一般的には刻子役であるため、副露しても食い下がり無しというケースが多い。

また、四連刻に対して雀頭も隣り合う数牌にしなければ認めないケースやこの場合のみ役満とするケースなどもある。というより四連刻6翻の場合でも雀頭が隣り合う場合は四連刻+清一色(5翻)+対々和(2翻)で必ず数え役満となる。

門前であれば四暗刻と複合することもある。また、包則を採用しているルールの場合4つめの面子をポン(またはカン)させたプレイヤーには包則が適用される場合もあり、四槓子の形であれば2重の包則を受ける可能性も有る。

門前で成立させた場合、ローカル役の一色四順と同じ形になと思うかもしれないが、こちらは4連数を各3枚以上なのに対しあちらは3連数を各4枚ずつなので明確に異なる形である。

先述のように採用されていないケースの方が多い。対々和とは必ず複合するので役無しということはないだろうが、雀荘などでごねないように。

関連タグ

麻雀 役満
三連刻 四暗刻 一色四順

pixivに投稿された作品 pixivで「四連刻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3307

コメント