ピクシブ百科事典

土屋圭市

つちやけいいち

元レーシングドライバー。現在はARTAのエグゼクティブ・アドバイザー(画像右の人物)
目次[非表示]

日本のレーサー。レーサーとしてはツーリングカーのレースで名を挙げ、ドリフトキング( 略してドリキン )の異名を持つ。また、タレント活動をするレーシングドライバーの元祖とされることもある。
もと走り屋

年表

 昭和31年生まれ、少年時代に当時トップドライバーだった高橋国光氏( レーシングドライバー、オートバイ評論家。二輪車のレーサーだったが事故により四輪]車]に転向。この人物もまたドリフト走法で知られた人物であった )のレースを見て以来、車への興味が目覚める。  青年時代は家業の工場( 金型などを製造していた )などで働くうち、荷重移動を覚えたといわれる。それが高じて走り屋としてをせめることに目覚める。また、現代でいうところの反社会団体との関わりもあったとされる。
 ところが、碓氷峠のカーブを100㎞/hオーバーで回ろうとしてガードレールを突き破って転落する事故を起こし、車は廃車、本人も片目の視力を損ねるとともに「モータースポーツにはルールと安全性が必要」という考えに目覚める。また、歌手も目指していたらしく、ヤマハポピュラーソングコンテスト( ヤマハ音楽振興会の主催で1969年から1986年まで行われたフォークポップスロック音楽コンテスト、通称一発屋製造機 )にエントリーするもレベルの違いに驚き、こちらは断念している。

レーサー時代

 1977年にレーサーとしてデビュー、また、ヨコハマタイヤの専属レーサーとなっていた。富士フレッシュマンレース( 富士スピードウェイの開業から行われているレースであり、現在では富士チャンピオンレースとされているされているレース。アマチュアレースという位置づけ )にて1984年にADVANのロゴをつけたトレノでAE86クラスで全勝し、シリーズチャンピオンを獲得したことから有名になった。
 ただし、昭和61年以降( 詳細な発売時期不明 )に発売されたビデオザ・峠」および「ザ・峠2」( を超絶テクニックで攻める様子を収録したもの )に出演したところ、暴走行為を煽るなどと問題になりビデオは発売禁止処分となり、JAFよりレーサーとしてのライセンスを剥奪されそうになる、ということもやらかしている
 また昭和62年に創刊されたビデオマガジンのキャスターを務めたり、平成2年から20年近くラジオパーソナリティを務めたりしており、そのスキルを買われJTCCやル・マン参戦時にはマシンに無線機を積み視聴者にレースの状況を実況する、ということもやっている。
 さらに、平成元年から平成4年まで全日本F3選手権( フォーミュラカー、すなわち「車輪とドライバーが剥き出しになっている」という規格のうち、F3という企画のレースの日本選手権 )にも参戦しているが、この人物の特徴であるドリフトが全く使えないこともあり、あまり芳しい成績は残せていない、ただし、悪天候には強かったとされる。
 1994年から2000年までル・マン24時間レース( フランスのル・マン市のサルト・サーキットで1923年から行われる歴史のあるレース。ル・マン24時間耐久レースとも。なお同様の二輪車のレースも存在する )に参戦し、1995年にはGT2クラス優勝を勝ち取っている。
 また、平成7年から連載が開始された頭文字Dに関してラジオで絶賛したことにより、作者であるしげの秀一氏と交流が始まる。またアニメ版においてバトルシーンの監修や、アニメやドラマCDカメオ出演もしている。また、アニメの声優とも交流ができたといわれる。
 2000年にレーシック手術( 角膜にレーザーを当て屈折率を変えることにより近視を強制する手術 )を受けるも、レースの変化などを受け、2003年に現役を引退する。

引退後

 それまで所属していたARTAのチーム運営にかかわり、監督として活躍した。
 また、開発ドライバーも続けている。
 引退前から立ち上げていた全日本プロドリフト選手権( ドリフト走行における迫力や芸術性をポイント化し競う競技 )を推し進めていたが、運営との亀裂が生まれたことによりこの運営会社の取締役を辞任、新たな競技団体である株式会社ドリフトエンタープライズおよび『ドリフトマッスル』を開始。
 また、ラジオのパーソナリティほか、芸能活動も引き続き行っている。

関連項目

レーサー ドリフト
走り屋

参照

wikipedia:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「土屋圭市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4119

コメント