ピクシブ百科事典

土着神「宝永四年の赤蛙」

どちゃくしんほうえいよねんのあかがえる

土着神「宝永四年の赤蛙」とは、同人ゲーム『東方風神録』の登場キャラクター、洩矢諏訪子のスペルカード。
目次[非表示]

概要

東方風神録にて、洩矢諏訪子が使用したスペルカード
赤い光に包まれた諏訪子の分身が出現し、赤い米粒弾を配置しながら自機を追尾していく技。
諏訪子の分身は時間を置いて二体まで現れ、徐々に回避が困難になっていく。
この時の諏訪子には自機の攻撃は一切効かない為、いわゆる耐久スペルとなっている。
ちなみにこの次のスペカ『「諏訪大戦 ~ 土着神話 vs 中央神話」』も耐久スペルである。

スペカ名は実在する神事『蛙狩神事』にて宝永四年(1707年)に起きた出来事を表している。
前年に起きた洪水により蛙狩神事の実行が危ぶまれた際、元朝に神前で三匹の赤い蛙が見つかった為、それを使って無事神事を行うことが出来たというもの。
この出来事は『元朝の赤蛙』と呼ばれて諏訪の七不思議に数えられ、その後も継続して起こったという。

こちらが確認のVTRです



関連タグ

東方project 東方風神録
スペルカード 耐久スペル
洩矢諏訪子
カエル

pixivに投稿された作品 pixivで「土着神「宝永四年の赤蛙」」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18348

コメント