ピクシブ百科事典

土銀

ひじぎん

土方十四郎×坂田銀時の腐向けカップリングタグ
目次[非表示]

※注意 当記事は公式事実と個人的(二次創作的)憶測を明確に分けた表記がなされていません。誤解のないよう閲覧して下さい。

概要


漫画「銀魂」における土方十四郎×坂田銀時BLカップリング。

キャラクターの多い銀魂同人界において、連載当初からの代表的な王道カップリングの一つである。

伝説の75訓「似てる二人は喧嘩する」のタイトル名からも分かるように、顔を合わせるたびに口論になる描写が多い、まあ要は「ケンカップル」の二人。夫婦喧嘩は連載初期から中期にかけてよく見られていたが、最近は腐女子の妄想の枠を超えて原作でもなんだか仲良しになり、かつてほど言い合いすることも少なくなっている。
身長は共に177cm。体重は土方が64kg、銀時が65Kgと1kg差である。

魅力

・大人同士であること
原作で公開されているように二人とも20代後半であり、保護者という立場であるため、いわゆる「大人のお付き合い」が表現されることが多い。
それがいい大人であるかどうかはさておき、酔った勢いで身体の関係が出来、そのまま恋人同士になった、もしくは恋慕の気持ちを抱くようになった、というのはよくある超王道のパターン。
また、いい大人だからこそ今更素直になれない、同じ保護者という立場だからこそ分かり合える、といった魅力もある。
・言葉の応酬
前述の通り、ケンカップルであるため、お互い相手に対して常に何かを言わないと気が済まない らしい。本編でも口喧嘩の回数は数え切れないほどある。そのやり取りは大人のくせしてめちゃくちゃ子供っぽく、しかもそれが始まると完全に二人の世界になってしまうため、「楽しそうね…、なんだかんだで仲良いんじゃないのよ…」と思わざるをえない展開となってしまう。
・似ていて似ていない
二人には、思考だったり、食べ物へのこだわりが強い、家族同然の人間がいる、といった点では共通するが、一方で、イメージカラーだったり、髪質といった見た目の部分から、組織に属しているか自由きままに生きているか、大事なものを護りきれなかった経験があるかないか、といった根っこの部分まで正反対である、という点も多い。
共通点も多いので、気があうし、 一緒にいると楽しいし、それなのに真逆点も多いので、お互いにコンプレックス感じたり、羨望したりする。
強く惹かれあうには十分な要素である。
・名前の呼び方
銀時は、普段は「土方くん」と呼んでいるがたまに近藤に便乗するなど、どさくさに紛れて「トシ」と呼ぶこともある。呼ばれた本人は照れ隠しからか「その名前で呼ばれたくない」といったことを言っている。呼び名に変化があることで妄想が尽きない。


これらは勿論、魅力の一部にすぎず、全部あげていたらきりがないので今更だが省略する。


原作における描写と歴史

運命は屋根の上から

1、2巻
二人の出会いは第6訓だが、土方が恋に落ちた回と捉える乙女が多い最初の訓が第9訓である。土方が近藤さんの敵討ちとして息巻いて銀時に刀勝負を挑むものの、圧倒的実力差で負かされるという内容。銀時が去り際に放っていった言葉によって、土方は銀時の中に曲げられない熱い魂があることを理解し、負けを認め、完全に恋に落ちた顔をしている。

・花見回

3巻
この時点ですでにもう今の土銀の形ができているので凄い。顔近す ぎやあんたら。
夜まで飲み合いをしていたらしい。

・蚊みたいな天人回

5巻
お互いお化けが苦手である、という可愛い一面がわかった重要な回。異様に密接度が高い。

・デート回

9巻
この回を読まずして土銀は語れない。もはや伝説となっている回なので、とりあえずまずは単行本9巻、第75訓を読むべき。なんていうか、とりあえず凄い。土銀は、原作に、ある。

・カブト回

10巻
かかあ天下なんだな。

・マコっちゃん回

12巻
公務員の仕事って大変なんだなあと銀時が気付く回。また、銀時が近藤に 便乗して「トシ」と呼んでいる。恐らく初めてのトシ呼びである。

・柳生編

13-15巻
ちょこちょこと会話をすることが多い。土方にとって初めてかもしれないかっこいい戦闘シーンがあるのに、その間一番見て欲しい当のお相手はトイレで下痢をしているという、なんとも可哀想な話である。

・ミツバ編

15、16巻
土方の初恋の女性が出てくる重要な回。土方にとって言うことなしの相手の存在に、銀時が何を感じたのか妄想が膨らむ。
この回のラストでは、亡くなったミツバを想い土方が涙するのを、銀時が物陰に隠れてただ静かに聞いているというシーンがあり、その時の銀時の複雑な心境を思うだけで 、胸があつくなるように出来ている。

・owee回

17、18巻
テンポのよい口喧嘩が多く、やっぱりケンカップルだな、と感じながらも、なんか仲良くなってない?と湧き立つ回

・動乱編

19、20巻
土銀にとってこれまた大変重要な回。
これまで土方に対してあまり感情を出してこなかった銀時が、ヘタレになった土方に喝を入れるシーンで初めてそれを露わにする。銀時が土方のどこを好きなのかが公表される話である。
私たちの知らないところで二人はもう随分と信頼し合っていたようだ。
また、トッシー→銀時の新しい派生カップルも誕生した。

・モンハン 編

22巻
銀時のプレイキャラが非常に可愛い女子なので、土方のプレイキャラが非常に動揺している。

・文通編

24巻
土方のモテ男っぷりに銀時が苛々する話。どさくさに紛れて自分のどこが好きなのかを吐かせようとする土方に対し、別にいいとこなんてない、と拗ねる可愛い銀時が見れる貴重なシリーズ。

・寺門通OFC編

28巻
トッシー→銀時再来か

・歯医者回

30巻
伝説の土銀回第二作目。単行本30巻、第263〜264訓。
デート回と比較すると、明らかになんか仲良くなっている。

・人気投票編

31巻
あそこのご主人また奥さんに締め出されてたわよ。
ご主人ったら、かわいそうに、ゴメンゴメン!って必死に謝ってたわよ。

・かぶき町野良猫編

32巻
銀時がネコになるという回。この場合は動物の猫を指す。
猫の姿のまま土方と遭遇しているため、「なんだかあいつに似てるな…」と柔らかな毛並を撫でながら苦笑する土方について妄想する土銀ニストが大量発生した。

・葬式回

36巻
伝説の土銀回第三作目。単行本36巻、第316〜317訓。
歯医者回と比べると、やっぱりなんか仲良くなっている。
土方が銀時に対した「バカッ…!」は愛 情溢れすぎて、土方くんもうちょっと隠しなさい。

・パトリオット回

38巻
銀時に影響されてか土方が終始ボケにまわる回。

・銭湯回

39巻
単行本39巻、第335訓14ページ2コマ目参照

・雪山回

40巻
遭難することで、的確な指示を出せる土方の副長としての格好良さが発揮される。
下ネタを言い出す土方に、「副長壊れだしたよ!キャラじゃないこと言いだしたよ!」と銀時が発言していて、銀時の中で土方ってちゃんとしてんだな…と感じる回である。

・高天原ホスト回

42巻
夫婦漫才しないでく ださい。

・バラガキ編

42巻
土方の重い過去が発覚し、銀時が自分が白夜叉であることを明かす回であり、お互いの深い部分を見せ合う回。実は初めて二人が共闘する回である。

・一国傾城編

44、45巻
銀時の過去が明るみになる重要な回。
身体的精神的に追い詰められる銀時のピンチを救うのが自分ではなくて、対立している見廻組のため、バズーカで荒れ狂う土方が見られる。

・マガナギ編

48、49巻
銀時の尻の穴に刀が挿しっぱなしになるという、思わず扉ページに18禁マークがないか確かめてしまう回。本当に挿入しっぱなしである。自分の部屋で沖 田と凄いプレイをする銀時を見た土方の心境とは。

・凸凹編

50巻
男女逆転回。銀子の可愛さが腐女子どころか週刊少年ジャンプの真っ当なターゲット層である少年の心すらも躍らせた。
女体化は同人誌における定番のネタだが、原作が、一番、可愛い。

・宝くじ回

51巻
サイフの紐を誰が握っているかが分かった。

・死神編

52、53巻
土銀的には特によく絡むというわけではないが、銀時が過去にモブ勢に裸同然にされて鞭打ちをされていたという妄想の裾野が広がりまくる過去が公開された。

・入れ替わり編

53巻 ;
土銀が入れ替わる回。銀時が異様にかっこよく、土方が異様に可愛く描かれていることがミソで、作者の嗜好が伺える。
入れ替わることで、互いの人間関係だったり立ち位置だったりというのがより理解できたに違いない。

・将軍暗殺編

56-58巻
物語中盤まではいつも通りの展開で、「すっかり仲良くなって…なんかもうすっかりかかあ天下の図じゃね?」と思わせる話が進むが、高杉が登場し、腐女子の妄想を形にしたようなあまりにも深すぎる二人の過去と関係に、「公式が高銀すぎる」「本当の旦那は高杉だった」「土方って誰だ」、と騒然となった。
頑張れ土方、我々はお前を応援している。
それに、銀時の発言 がただの下ネタで事実ではない可能性もきっとある。

・さらば真選組編

59-61巻
第551訓の二人は見る価値がかなりある。
茂々暗殺の罪で喜々新政権の元、真撰組は解体。近藤・松平公は斬首を申し付けられ、精気を失う土方だったが、銀時にさりげなくいつものペースを引き出された上、国賊となりかけたところをかばわれる。自分の代わりに逮捕されそうになる銀時に何もできず、歯をくいしばる土方。わかる。男前すぎる奥様なのだ。自分よりも何枚も上手(うわて)な銀時に情けなさを感じる土方というのは、土銀界では恒例の流れ。まさか公式でそれがみられるとは。

相変わらず失意の底にいる土方。立ち入り禁止にな った屯所の前で、銀時は今までひた隠しにしてきた自分の暗い過去を打ち明け、「まだ間に合う。まだどっちも護りたいものを、お前なら守れる」と背中を押す。締め切った屯所の扉を(ふたりで)開けた向こうで待っていた隊士たちを前に、ようやく、真撰組副長の志を思い出し、隊服を羽織る土方。カメラはまわっていないが、それを後ろから見守る銀時。めちゃくちゃかっこいい副長の背中。それを見守る銀時。
の気持ちについて考えてほしい。

なんやかんやで近藤松平を救出、江戸を発つことになった真撰組。
いつもの定食屋で落ち合う二人。その会話の雰囲気からして「ん?」となるのだが、
店で取ってある酒を飲むように指示し、「全部飲み きった頃に帰ってくる」という土方の発言である。ご丁寧に「残りの借りはその時返す」などと、「必ず帰るから待っててくれ」発言である。
その後もお前にしてきてもらったこと俺は忘れねえ、とデレまくり、一方の銀時もまた、俺だってお前と出会って忘れてたもの思い出したよ!とデレ返す。二人にとって重要なキーワードである土方スペシャルと宇治銀時丼を交換して食べ、笑いあう。
できてるやないか。


これ以降、2016年5月5日現在まで、ご主人様の出番はなし。
いつまで遠距離なんだろう。



アニメにおける描写と歴史

・栗子デート回

第114話。土 方に惚れちゃった栗子の破局工作を万事屋一行が土方に依頼されるという内容。
ちょっとびっくりするくらいに銀時がヤキモチを焼いている。

・花見会(ジャンプフェスタ2005年バージョン)

第125話。ジャンプフェスタ2005年で流された花見会のアニメ版オリジナル。
原作・アニメにおいて土方が銀時に対し、唯一「ぎんとき」と下の名前呼びをしている回になる。

・手錠回

第166話。二人が両手首を手錠で繋がれ仕方がないので1日行動を共にする。
熟年夫婦の口喧嘩をしていたり一緒にトイレに入ったり正常位でバイクに乗ったりともう色々とひどい。
本当にひどい。&nb sp;

・あざといジャケット

第92・145・193と3回にわたる公式が病気シリーズ。
土銀・銀土を思わせるDVDジャケットを持って銀時がなんか色々言うネタ。病気やでホンマ。



「劇場版銀魂 完結編 万事屋よ永遠なれ」

土銀描写に思えるシーンは、土方が、全くの仮の姿でいる銀時を見ても、あいつに似ていると発言をする点と、最後の戦闘シーンで銀時のアシストをする点。
しかしそれ以上に重要なのは、姿を消していた5年の間土方が一体どのような思いで銀時を捜してきたかという点と、姿を消す前の最後の逢瀬でどんな思いで銀時はいつも通りを振る舞ったかという点である。い や、残された5年後の銀時の最期の姿を見た土方の反応も重要か。
とりあえず劇場版を観て号泣してほしい。そしてこれらのことについて熟考する必用がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「土銀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36367579

コメント