ピクシブ百科事典

坂口安吾

さかぐちあんご

坂口安吾は、日本の小説家、エッセイスト。
目次[非表示]

※誘導


なお、マイナス検索する事で作品の絞り込みを行う事が可能である。


概要

1906年10月20日生まれ。新潟市出身。

戦後『堕落論』『白痴』などの作品が衝撃を与え、一躍時代の寵児となる。アドルムやヒロポンなどの薬物を常用していた。薬物中毒からくる錯乱と幻覚からしばしば暴力沙汰を起こし、逮捕と入院を繰り返した。

1955年2月17日没。享年48歳。

主な作品

小説

『吹雪物語』
『白痴』
桜の森の満開の下
『信長』
『二流の人』
『不連続殺人事件』
『街はふるさと』
夜長姫と耳男』
『安吾捕物帳』

エッセイ

堕落論
『続堕落論』
『FARCEに就いて』
『日本文化私観』
『文学のふるさと』
『教祖の文学』
『安吾巷談』

映像化作品

映画

『天明太郎』1951年
『負ケラレマセン勝ツマデハ』1958年
『桜の森の満開の下』1975年
『不連続殺人事件』1977年
『カンゾー先生』1998年
『白痴』1999年

テレビドラマ

『新十郎捕物帖・快刀乱麻』1973年

アニメ

『桜の森の満開の下』2009年 - 同作のアレンジ。『青い文学シリーズ』第5話~第6話。キャラクターデザイン久保帯人
UN-GO』2011年 - 『安吾捕物帳』ほか

関連タグ

小説家 文豪
文学 エッセイ ミステリー

外部リンク

坂口安吾 - Wikipedia
坂口安吾とは - はてなキーワード
作家別作品リスト:坂口 安吾 - 青空文庫

pixivに投稿された作品 pixivで「坂口安吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 333876

コメント