ピクシブ百科事典

夏の夕暮れ

なつのゆうぐれ

広義には読んで字の如く夏の日の夕暮れ、どこか寂寥感を覚える風景。狭義としてはアイレムの『R-TYPE FINAL』のF-Bステージの副題である。見覚えのある場所、見覚えのある仲間達。だけど、…何故?
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. の日の日没辺りの時間帯のこと。
  2. シューティングゲームR-TYPE FINAL』のステージF-Bの題名、またはそのステージにおける展開。
  3. 上記より転じて、自分もしくは自勢力が悪堕ちし、かつての仲間と争わざるを得ない状況に陥る展開。


ここでは、主に2と3について扱う。

概要

「見覚えのある場所
 見覚えのある仲間達
 だけど……
 ……なぜ?」
ステージ6.1「異変と忘却」をクリアすると進出。
6.1における戦闘の影響で、それまで操作していた自機バイドシステムα(一部の機体を使用していた場合はメタリックドーン)に変化してしまった状態でプレイすることになる。
ここで敵機としてプレイヤーに襲い掛かるのはそれまでのステージに登場したバイドではなく、本来ならば味方であるはずのR戦闘機達である。
ステージボス(及び、このルートのラスボス)は特別仕様のR-9A アローヘッド
外見こそ通常のR-9Aだが、R戦闘機らしからぬ耐久性や連続発射可能な波動砲を備えており、更には自機のフォースを強奪して自分の物にしてしまう。

「夏の夕暮れ
 やさしく迎えてくれるのは
 海鳥達だけなのか?」

なお、上記二つの台詞はステージF-B開始時と終了時に表示されるもので、R-9A撃墜後に回収された自機のボイスレコーダーに録音されていたパイロット台詞である。
『見覚えのある場所、見覚えのある仲間達』との記述から、パイロットは自身がバイド化したことに気付いておらず、訳も分からぬまま味方と交戦せざるを得ない状況であった事が読み取れる。

また、同シリーズの『R-TYPE TACTICS』では、番外編最終ステージ『沈む夕日』開始前の日誌パートのタイトルがやはり『夏の夕暮れ』になっており、番外編での全てのパイロットのデフォルトネームを『艦長』、『チーム』、『フォース』の順に読むと...

『艦長』  キガ ツク トワ タシ ハバ
『チーム』 イド ニナ ツテ イタ ソレ デモ ワタ シワ チキ ユウ ニカ エリ タカ ツタ ダケ
『フォース』ドチ キユ ウノ ヒト ビト ハコ チラ ニジ ユウ ヲム ケル

「気がつくと私はバイドになっていた、
それでも私は地球に帰りたかった
だけど地球の人々はこちらに銃を向ける」

と読むことが出来る。

続編の『R-TYPE TACTICSⅡ』も同様で、

『艦長』  ヤハ リキ ガツ クト バイ
『チーム』 ドニ ナツ テイ タソ レカ ラワ タシ タチ ハウ チユ ウヲ サマ ヨイ ツヅ ケタ
『フォース』イツ ノヒ ニカ チキ ユウ ニモ ドレ ルト シン ジテ

「やはり気がつくとバイドになっていた、
それから私たちは宇宙をさまよい続けた。
いつの日にか地球に戻れると信じて」

と読む事が出来る。

ちなみに、TACTICSⅠのジェイド・ロス提督主人公:名前は変更可能)は、自身がバイドと化した事には(終盤まで)気づいていないものの、地球連合軍の艦隊と交戦状態に入った時には相手がかつての仲間であった事を認識出来ている。
逆にTACTICSⅡの提督は、FINALの自機のパイロットと違いバイド化が更に進行しているのか、中盤以降の展開でかつて自分達が運用していたはずのR戦闘機や艦船群に遭遇しても相手が人類の艦隊と認識できないばかりか、「自らの行く手を阻む敵」としてしか認識出来ていない。
しかし、相手がバイドかそうでないかの区別だけはハッキリと出来ているようだ。

上記で解説した通り、『夏の夕暮れ』のシチュエーション的に悪堕ちしたキャラクターは明確な敵意が無く、かつての仲間と争う場合も彼らが仲間だと気づいていない場合や、攻撃を受けてやむを得ず応戦するというケースが殆どで、総じて言えるのは「故郷に帰りたい」という願いが読み取れるという事である。
何故、敵意のない彼らをかつての仲間達が排斥に動くのかは、バイドバイド化の記事を参照されたし。

関連タグ

夕暮れ バッドエンド
R-TYPE FINAL R-TYPE TACTICS バイド バイド化

pixivに投稿された作品 pixivで「夏の夕暮れ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3861355

コメント